« メンテ連絡 | トップページ | Berryz工房なんちゅうイベ大阪 »

2005年6月13日 (月)

美勇伝ツアー名古屋千秋楽

6月11日(土)、小春との握手を終え、新大阪から名古屋に移動。
会場の名古屋市民会館に到着、ケンスケ氏と合流。

コンサの感想ですが、この前の東京厚生年金会館初日のレポで
もうほとんど書いてしまっていて、書くことはなかったりしまふ。(汗)
ちょっと違ってた部分を以下に。

◆初日と違って、各イントロでのどよめきはそれほどなかった。
 この程度の公演数ならコンプした人間もかなりいるんだろうな。

◆CBCのラジオ番組「美勇伝★石川梨華のちゃんちゃか★チャーミー!」
 のお膝元だけあって、梨華ちゃんのラジオネタ多し。
 最後は美勇伝の3人が「お・や・ちゃ・み☆」で締め。

◆初めての単独ツアー最終日ということで、涙があるかなと思っていたが、
 意外に普通に終わった。(^^;

◆席はケンスケ氏と横通路席連番。
 異常にスペースが広くてめちゃくちゃ楽しめた♪

やはりオリジナルの6曲が、何度聞いても(見ても)ずば抜けて素晴らしかった。
ハロプロの中での位置づけが微妙で、一見もうひとつな印象を持たれている
かもしれないですが、何げにめちゃくちゃ侮れないユニットです。(汗)
ぶっちゃけ、自分も見くびっていました。(汗)
今回ツアーに参戦してかなり衝撃を受けましたわ。

持ち歌6曲しかないのにいきなりツアーってどうよ?
確かにそれは自分も感じました。
亜弥の1stツアーがあれだけ素晴らしかったのは、「ファーストKISS」という
超名盤をどっぷり堪能できたことにもよります。
それを天才松浦がいきなり完璧なまでのパフォーマンスでぶちかましてきた
わけで、そのあり得ない完成度のツアーは今考えても圧巻です。
やはりアルバムをひっさげてのツアーの方が理想的だと思います。

ただ、ハロプロの楽しみ方の一つとして、メンバーやユニットの成長過程を
見られるということもありますよね。
今回のツアーに参戦した人達は、不満な点もあったかもしれないですが、
美勇伝の可能性を感じることができたんじゃないでしょうか。
もちろん実際楽しかったし、いろいろ収穫があったと思います。
本当にアルバム発売が待ち遠しいし、美勇伝の楽曲だけでのツアーが楽しみです。
次のツアーも必ず行きます。

|

« メンテ連絡 | トップページ | Berryz工房なんちゅうイベ大阪 »

ハロプロ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98614/4557502

この記事へのトラックバック一覧です: 美勇伝ツアー名古屋千秋楽:

» 美勇伝コンサート@名古屋 [leanのちゃんちゃみコラム]
2005.6/11(土) 名古屋市民会館 「美勇伝 ファーストコンサートツアー2005春〜美勇伝説〜」 ツアーファイナルに行ってきました。 まず美勇伝というとシングルが3枚、カップリングも含め 6曲しかオリジナル曲を持っていないわけです。 それをツアーで20曲くらい歌うわけですから、 何を歌ってくれるのか期待と不安(^^;)でした。 ツアーファイナルということで、もちろんセットリストは 情報系サイトで調べ�... [続きを読む]

受信: 2005年6月15日 (水) 01:57

« メンテ連絡 | トップページ | Berryz工房なんちゅうイベ大阪 »