« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月30日 (金)

矢口真里&エコモニ。 愛・地球・パフォーマンスメッセ

愛・地球博の前売り入場券、第一期発売の時買ってたので3700円という
安さなんだけど、2年も保管してたヲレえらい!w



というわけで、2005年9月13日(火)、代休を取って愛・地球博に
行ってきました。
(相変わらずレポが激しく遅れ気味で申し訳^^; )

なぜこの日に?
もちろん平日にじっくり、世界中の人たちとふれあいながら、自然の叡智
というテーマを学び取るためですよ。
テレビ愛知主催のイベント「愛・地球パフォーマンスメッセ」で、矢口真里と
エコモニ。(石川梨華・道重さゆみ)が出る?
知らなかったなぁ。( ´_ゝ`)



【会場】
「始発じゃ遅いよなぁ(汗)」と前日は思っていたが、当日朝、見事に寝坊。w
乗り換えや入場で待たされたせいもあって、イベント会場の愛・地球広場には
10時くらい到着というノンビリっぷり。
ん?  まさか遠くに見えるあのガラガラな会場じゃないよな。w



やはりそうだった。( ´_ゝ`)

こんなにのんびり来てまだこの人数かよっ!w
やっぱり平日のイベ参戦というのは厳しいのかな。
最終的にも、ヲタは100人もいなかったかも。 (3~4列程度まで)
っていうかヲレイッパソなのに、ここにいるだけでまるで必死ヲタの
ように見えてしまうでわないか。(汗)



【開演前】
炎天下の中12時30分の開始まで待つのはしんどかったけど、
それまでの間、リハとか撮影とかで矢口とエコモニ。、ダチョウ倶楽部が
ちょこちょこ出てきたんで、なんとか間が持った。
エコモニ。の二人は衣装といい、やっぱり可愛いな。
(ちなみに上の画像の右側にチラッとエコモニ。が映ってたりする)

あと万博で、一般の人が自分の顔を携帯で撮って送るという企画があって、
大勢の人の顔がどんどん巨大スクリーンに映し出された。
顔の下に名前が表示されてるのだが、「ゆうこ」とか「rika」とか「AYAKA」とか
出てくるたびに『うおぉぉぉぉっ!!!!』と会場ヒートアップ!w
一般の人は、なんでこんなに盛り上がってるかサッパリ分からなかっただろう。(笑)



【イベント】
12:30開始。
さすがに一般の人も集まって会場が埋まった。
最初の25分間は大道芸人達のパフォーマンスが繰り広げられた。
うん、確かに一流のパフォーマー達ではあるんだろうが....

一週間前に大阪でアレグリア2を見たばかりのヲレにとっては、
何を見てもショボく見える。(汗)

やっぱりアレグリア2は凄かったんだなと..。
あの神のレベルと比較されたら大道芸人達も気の毒といえば気の毒だが。^^;
というわけで自分はあまり楽しめなかった。

パフォーマンスの終了後、矢口登場。
感想や募金の話など。
そしてエコモニ。も登場。
梨華ちゃんとさゆがレポーターみたいに客席に質問して歩くんだけど、
ヲイヲイ近杉だろう。(汗)
普通にマイク向けられて答えるわけで、1回目は一般客が中心だったが、
2回目(14:00~)のイベントはほとんどヲタが指名された。
っていうかなんでわざわざヲタを選ぶんだYO!w
ゼロ距離で会話ができ、しかも握手してるヤシもいたし。 _| ̄|○

この二人の足元に座っているヲレ。 近いw

キッコロ爆レス祭でヲタ大盛り上がり。

内容自体はそれほど面白いわけではなかったが、とにかくエコモニ。が
圧倒的に近くで見られるのが凄い。(汗) 
ステージ上にいるわけじゃないし、普通に目の前50センチ~3メートルの
超至近距離で見られた。
(仕切りは細いチェーン1本だけで、無いに等しい)
それにしても、さゆの肌の白さよ...。(*´д`*)ハァハァ
目の前に生脚があるわけで、ちょっと目の毒だな。^^;
画像見てもらえば分かるとおり、梨華ちゃんとの色の対比が(ry



【終了後】
2回目のイベントも無事終了し、出演者全員が締めの撮影「(ダチョウの)やー!」
を終えた後、私服に着替えた梨華さゆがステージ右側通路から退出、
これまた至近距離でお見送り。
裏口から車か何かで送られていくのかと思ってたが、正面から普通に
万博会場の中を歩いていく二人。w    (もちろんスタッフと一緒だが)
ぞろぞろと一部のヲタが付いていく。
そして矢口も出てきた。
お見送り10人くらいと少なめ。
おかげで普通に1対1で爆レスとか。
自分は普段出待ちとかレスとか一切興味ないのだが、今日は普通に正面から
出て万博会場内を歩いていくわけだから、普通に見てしまう罠。




終わった後は、インド館でカレー食べたりしてすぐ帰った。
結局1つもパビリオンを見ることなく、ヲレの最初で最後の万博は終わった。w
今回のイベントの模様は、11月3日(木・祝)放送されるのだが、
マジで自分は映っていて欲しくない。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火)

京ぽん新機種発表

やっとキタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!
1年半も新機種が出ないんだからPHSユーザーはホント辛いよ。(汗)
(この前のAH-K3002Vは新機種とは言えないマイナーチェンジだったし)
今使ってる京ぽん、だいぶくたびれてきて買い換えたかったんだけど、
同じの買い直すわけにはいかないからな。w

京セラ
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0509/27/news034.html

三洋
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0509/27/news035.html

日本無線
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0509/27/news042.html

一覧
http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2005/09/27/index_01.html


低価格版のWX300Kは選択肢から無条件で外すにしても、残り3つの機種は
それぞれ機能に違いがあってどれにするか迷う。
初回ロットははずしたい気もするが、やはり待ちきれないので予約しよう。

携帯の最新機種に比べれば確かにまだまだ性能的に見劣りする。
でもとにかく通信料金が安いのがいいよね。^^
端末でのフルブラウズ、そしてノートPCでのモバイルも気楽に使えるから。
今ネット25だけど、料金コースももう一回見直してみるかな。

もし購入できたら、また感想など書きますわ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月26日 (月)

後藤真希聖誕祭@2005大阪

ごっちんと涙。
後浦なつみツアー大阪千秋楽の時も、そして今回と、ごっちん涙もろくなった?
ずいぶんと長い期間ソロツアーがなかったわけで、ごっちんにとって
ライブというものがどれだけ大切なのかが本当に伝わってくる。


「スッピンと涙。」
昼公演、涙で詰まるごっちんの姿にちょっと目が潤んでしまった自分。
夜公演、あり得ない静寂が会場を支配し鳥肌が立った自分。
この曲は今後の後藤真希にとって、とても重要な曲になるんじゃないだろうか、
そんな気がした。




「後藤真希2005年秋ツアー ~はたち~」の初日、9月23日(金・祝)
大阪国際会議場の昼・夜公演に行ってきました。
もちろんこの日はごっちんの誕生日でもあるし、待ち遠しかった~。^^

初日なんでネタバレは極力なしで、大まかな印象を書きます。



◆印象
裕ちゃんほどではないにしろ、これまでより大人なライブだった。
熱く激しい曲は比較的少なめ、かといってバラードばかりでもないのだが、
とにかく全体的に落ち着いた感じ。

ごっちんが最後に、「今日は大人の後藤真希、歌手としての後藤真希を・・・」
と言っていたが、まさにそんな後藤真希を堪能できた。
確かに巷で言われているとおりの、スッキリしない何とも言えない感覚は
あるんだけど、ごっちんの歌を堪能できたし、大人への過程という感じでもあり、
新たな挑戦としての意気込みも感じられた。

これまでのツアーを見れば分かるとおり、後藤真希のツアーというのは
ツアー中に進化を遂げる特徴があるので、初日を見ただけでは
総括はしづらい。


◆祭
青サイ祭は成功したが、昨年浜松夜でやっちゃってるから正直全然感動
しなかった。(汗)  (むしろしらけ気味だったかも・・)
こういうのってやっぱり同じことを何度もやっちゃダメだな。
ごっちんの反応も、去年に比べたら全然普通だったし、来年は同じことは
やらない方がいいと思う。
もちろんハッピーバースデーの歌もみんなで歌ったが、それはデフォとして
よいと思う。


◆ヤンタンネタ
昼公演でネタを披露したのだが、あれではもうひとつ笑えないよ。_| ̄|○
ラジオでやってたときは結構面白くなってたのに、なんであんなぎこちない
感じになっちゃたんだろう。
さんまの説教が入るかな。(^^;


◆稲葉あっちゅん
今回ももちろんソロで某曲を歌うのだが、ゆゆかお推しの自分から見ても
かなり素晴らしかった。
こうなると、ディナーショーなんとか当たらないかなぁ...と強く思う。



それにしても夜の終演が21:20って...。(汗)
東京組はともかくとして、名古屋組まで帰りがピンチになるとは思わなかった。
なんとか最終の新幹線のぞみに間に合ったからよかった。^^;

現地では、久々にshiroさん、えんさんと会えて嬉しかったなぁ。
あ、もちろんいつも会ってるケンスケさんにも。w



えんさんとケンスケさんは、おいらの家に宿泊。


「あいのコトバは~パパピプペッパペッポ~♪」
ゆうこりんのライブDVDを無理矢理見させる。

「ずっと前か~ら~、カレ~のこと~♪」
ヒロスエのCDを無理矢理聞かせる。

いや~、さりげなくヲレの活動の幅広さを見せつけてしまったかな。( ´_ゝ`)
っていうか二人とも寝ちゃったじゃん!w


なんのおかまいもできず、スイマセンでした...。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月)

Berryz工房スイッチON!愛知

突然客席から一つの花束がステージに投げ込まれた。

舞波は足元に落ちたそれを拾わなかった。



舞波、さすがだよ舞波。




アンコール登場後のMCで、左サイド最前あたりからステージへ花束を
投げ込んだアフォが・・・。
ステージに物を投げるとか、しかも公演中にとか。
その後の歌の障害になるから、係員がダッシュで回収したけど。

最後の東京公演でもマネする人間が出るんじゃないかとか心配の
声が上がっているが、これは名古屋だから起こりえたような気もする。

(1)愛知厚生年金会館は、東京や大阪と違って最前列とステージの
   間がほとんどなく超近距離。
   なので、花束のような軽い物でもなんとか投げ込める。
(2)アフォークの仕切りは相変わらず最悪。
   特に左サイド前方はドリームやり放題で、ライブハウスかよw、
   って感じの光景だった。

ただ、終演最後のところでもまた客席から花束が投げ込まれ、
今度はキャプテンが拾って舞波に渡してしまった...。(汗)
まぁヲタからじゃなく、キャプテンからの花束ということで。(-_-


そんなことがあった愛知公演だったけど、非常によいライブだったと思う。
berryz100%、相変わらず良曲ギッシリ、彼女たちのパフォーマンスも
元気一杯でGOOD!
会場のノリも素晴らしく、今日の一体感はなんかスゲー!(・∀・)
視界最高の良席をドラさんから譲っていただき、ホント楽しめましたわ。
大阪、名古屋と、一緒に行動したキー坊、ふりふり、サニー各氏お疲れ様。^^



舞波ともう会えなくなる...
どうしようもなく淋しい気持ちになってきた。 li||li _| ̄|○ il||li
10月2日、なんとしても逝きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月15日 (木)

中澤裕子bayfm公開録音3

(前回からの続き)



<「人知れず 胸を奏でる 夜の秋」>

これもCDを流すだけ。


<観覧者アンケート2> (未放送)
音楽流れてる間に、またアンケート。
愛知県の女性のが選ばれたが、大阪楽天イベで裕ちゃんから景品をゲットした
人だったわ。 (しかも苗場でヲレ、同じテーブルだったしw)

女性  「裕ちゃんはお肌がピチピチでキレイですが、特に気を付けることは?」
裕子  「我慢しすぎないことです。 お酒もそうですしぃ...。」
会場  (笑)
裕子  「いや、以前お仕事中に酔っぱらってマネージャーからこっぴどく
      怒られたので、以来、お仕事中には飲まないようにしてます。(汗)」

続いて横浜の男性。
本名を裕ちゃんに読まれ晒される。(爆)

裕子  「(アンケートを見て)好きなタイプと嫌いなタイプの格差がはっきり
     していて私と一緒です。(笑)」


古川  「さて、そろそろお別れの時間に...。」
会場  「工工エェ(´Д`)ェエ工工」
裕子  「この「工工エェ(´Д`)ェエ工」が好きなんですよね~(笑)」

横浜の文化祭の告知をした後、「悔し涙ぽろり」のBGMとともに裕ちゃん退場。
いや~、すごい声援だったな。^^;
そして裕ちゃんの収録が終わるやいなや、客の三分の一くらいが席を離れ、
空いた前方の席に(後半2組目当ての)女性客がぞろぞろと移った。

時間にして35分くらいだったろうか、当然ここには書ききれないくらいの
ボリュームがあった。
特に客席と会話のやりとりが終始続いていて、他のハロメンではちょっと
あり得ない光景じゃないかと。  さすがゆゆたんだな。(・∀・)



◆小島嵩弘ライブ
14:40、ギター二人の構成で2曲を歌う。
声がしっかりしている分、ノリのいい1曲目よりも、むしろ2曲目の静かな曲の方が
耳にいい感じで入り込んできた。


◆Something ELse
15:00頃からDJ達のトークが入り、ちょっとして登場。
特別に公開リハーサルということでどんなものかと思ったが、まぁ、チューニングしたり
マイクや音の調整したり軽く演奏(なかなか( ・∀・)イイ!)したり。
2曲演奏。
初めて聞いたけど、3人の非常にきれいなコーラスと優しいサウンドが
結構よかったな。   今日のライブでは一番自分の好み。
トークの内容は省略するが、30代トークで竹山さん大喜び。w


◆ロードオブメジャー
15:55頃登場。
トークは省略するが、非常に気さくでいい兄ちゃん達だった。
客席が座ったままのライブに、激しく違和感を感じている様子が笑える。w
っていうか、このへんのクラスのバンドがこんな一部の客のために新作ライブを
披露してくれるって超贅沢だな。


最後、サムエルのサイン入りTシャツ3着、番組特製Tシャツプレゼントの
じゃんけん大会があったが、ほとんど男が勝ってた。w
(女性のファンにあげればいいのにw)
帰りはオリジナルの車内日よけをプレゼントにもらい、会場キャラクターの
ピーくん(もちろん人が入った着ぐるみ)とガッチリ握手して退出。w
(誰もやってなかったけど、とりあえず握手はしとくヲレ( ´_ゝ`))



裕ちゃん以外の4組は、できたてほやほやの新曲をひっさげていたから
裕ちゃんだけライブがなかったのは仕方なかったかな。
これでライブがあったら最高だったのだが、まぁ未放送部分も楽しかったので
参加してよかった。^^

(いやぁ~、1ヶ月も遅れたレポだよ。w
 万博エコモニイベとかサイボーグしばた3舞台挨拶レポとかどんどん溜まって・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月10日 (土)

後藤真希・W アレグリア2大阪

アレグリ~ア~♪ にゃにゃにゃ~にゃ~にゃ~にゃ~♪
アレグリ~ア~♪ ・・・・


いやぁ~、歌詞を知らないままトーク中にテーマ曲を口ずさむ彼女たち、
可愛かったわ。w

というわけで、9月4日(日)、後藤真希、W(辻希美・加護亜依)が参加した
アレグリア2特別公演(大阪)に行ってきた。^^




◆入場
コスモスクエア駅(大阪)でケンスケ氏と合流し、会場で入場待ちの列に並ぶ。
来る途中は凄い雨だったのだが、やんでくれてマジ助かった。(汗)
そして15:30開場。

建物に入ってすぐの場所で、のの、あいぼん、ごっちんの順でハイタッチ♪
http://www.helloproject.com/newslist/050909-1.html
ほんとは握手が最高なんだろうけど、まぁ今回のチケットを申し込んだ
時点ではハイタッチの情報すらなかったわけだからお得感はあるな。
3人は衣装のままで対応、スタッフに囲まれてがっつける雰囲気でもなく、
スムーズな流れだった。
自分はこの3人とはすでに握手経験もあるし、余裕で爽やか~にタ~ッチ!
ここにタ~ッチ!  長澤まさみ萌え~♪(*´д`*)ハァハァ



◆客席
ステージを囲むように半円形の構成。
一番見づらい端のAとHブロックは使われておらず、左からB~Gのブロックに
なっている。   自分らはセンター右のEブロック。
FC貸し切りなのに、客層は結構家族連れとか女性客も多くてビックリだな。



◆公演
まず最初、ごっちん、のの、あいぼんの3人による司会(トーク)で盛り上がる。
そしてショーの始まり。
このアレグリアは、公演中団員達が結構客席を歩いたり、客をステージに
連れて行ったりなど客席一体型のショーでもあるのだが、

開始早々、右サイドのGブロック客席のすぐ真横でごっちんがダンス
そして客席左サイドでは、W(ダブルユー)が普通に客席の中に座って登場。w

いきなり負け組になったセンターのヲレ...。  li||li _| ̄|○ il||li

気を取り直すのに若干時間がかかったがw、やはり人間業とは思えない
数々の演目はなかなか楽しめた。
まぁ、最初から最後まで密度が濃いわけでもなく中だるみもあるけど、
凄いところは本当に凄いわ。(汗)



◆ライブ
さぁ~本番だ。(爆)
どんなんだろうワクワク♪(・∀・)

まずWが新曲「Missラブ探偵」を披露。
歌い終わると二人ははけた。( ´_ゝ`)

そしてごっちんが登場、「スッピンと涙。」を歌う。


どうやら1曲ずつで終わりらしい。(汗)

                  
誰だよ、最後はI WISHで締めとか予想したのw

う~ん、不完全燃焼! _| ̄|○
ただ、「スッピンと涙。」はこれまで何度も現場で聴いてきたけれど、今回のは
あり得ないくらい素晴らしかった。  素で感動した。
これ聴けて、来てよかったなぁとホント思ったし、ごまツアーが待ち遠しい。



◆終わりに
確かに期待してたよりはライブが物足りなかったのだが、アレグリア2を見るのが
初めてで楽しめたこと、それに加えてハイタッチやトーク、ライブなどが
あったのだから、1万円という値段はまぁ妥当なところだと感じた。
ただ遠征費が入ってくると人それぞれだろうな。
東京へ亜弥のも見に行こうか迷っていたが、もう今回アレグリアを見てしまったし、
ハイタッチと2曲程度で遠征はちょっと悩む。
まだアレグリア2を見ておらず、関東在住であややファンという人には
今度の東京公演はお奨めできる。

(裕子苗場ツアーで相部屋だった人(関東人)とこんなところで再会。(笑)
 お互い誰を推してるんだか。w)

追記:そうそう、景品はオリジナル簡易オペラグラスだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月 8日 (木)

中澤裕子bayfm公開録音2

◆中澤裕子
14:05頃登場、大歓声。
しかし、ステージ上に大きな横長のテーブル(というか台)が設置され出した。
いわゆる握手会の時なんかに置かれる台の大きい物を想像してもらえれば
いいが、裕ちゃんが席につくともちろん上半身しか見えない...。
そしてこの時点で歌がないことがほぼ確定。 _| ̄|○
裕ちゃんの格好は、だいぶ記憶が薄れてきてしまったが、夏っぽい爽やかな
感じだった。



(以下、細かな言葉の違いはあるかもしれないが、ざっくりこんなトーク)


<オープニング>
小島  「もう、先ほど中澤さんが入ってきたときは、みんなの歓声とアピールが
      すごかったです。  ヲレここ!ヲレここ!ってw」
古川  「さ、皆さんアピールタイムどーぞ!」

        (本番前の時より弱い反応の客席(ゆゆヲタ)。w)

裕子  「あれ、本番前の方が元気よくない?(笑)」
古川  「皆さん、(応援の)タオルとか見せて下さい~」

        (おとなしめに応援グッズを上げるゆゆヲタw)

裕子  「意外に、聞くと静かになっちゃうんですよ(プ
     ほっとくと、わ~っとしゃべってくれるんですけど(笑)」

まぁ、それでも他のどの出演者よりも歓声がすごかったな。^^
ゆゆたんも喜んでいた。


<SとM> (未放送)
小島  「いきなりなんですが、小島嵩弘はですね、えーと、僕の中では実は
     Mがうずいてるんですよ。」
会場  (笑)
裕子  「いきなりゲストをお迎えしてその話からですか?(笑)」
小島  「中澤さんの雰囲気を見させていただくと、いやもう、僕と同じ気持ちで
     ひっぱたいて欲しいという人が会場にもいっぱいいますからw」
古川  「皆さん、ひっぱたいて欲しい人~!」
会場  「は~~~い!!!!!!!」
裕子  「私そんな暴力的じゃないですから」
会場  「工工エェ(´Д`)ェエ工工」
裕子  (客席に向かって)
     「え、ちょっと待って! 殴ったことあるか~!?(怒)」
会場   (爆)

小島  「中澤さんは僕的にSのイメージがあるんですが、ぶっちゃけ、
     どっちなんですか?」
中澤  「え~、私もいい大人なんで、ごまかさずに言いたいと思いますが、
     私はMです」

会場  「工工エェ(´Д`)ェエ工工」
小島  「どう見てもSに見えるんですが...w」
裕子  「私はです!」
会場  「工工エェ(´Д`)ェエ工工」
裕子  「だから見たんかって!(怒)」
会場  (爆)
裕子  「普段自分のMの部分を出す状況があまりないので、まぁ....
     S寄りのM(笑)」
会場  (笑)
小島  「最初に中澤さん、『私もいい大人なんで、ごまかさずに・・・』とか
     おっしゃってましたが、もの凄い中途半端に答えていただきました」
会場  (笑)

古川  「ハロープロジェクトの一番のお姉さんですから、しっかりしてそうとか
     厳しそうというイメージからSに見られてしまうのかもしれませんね~」
裕子  「後輩達からは恐いと思われてるかもしれませんが、親しいメンバーは
     分かると思います。
     なので、親しくなれば分かってくるんですけど、なかなかそうは
     見せませんよっ!て・・・(・∀・)ニヤ」
小島  「いいですねぇ~、簡単に見せない....(*´д`*)ハァハァ」
裕子  「なんでもいいんですね」
会場  (笑)


<「強がり」>
やはりCD流すだけだった。
他の4組はすべてライブがあったのに、裕ちゃんだけなし。
楽しみに遠征してきたヲレ、かなり凹む。 _| ̄|○


<観覧者アンケート1> (未放送)
曲中、観覧者のアンケートが読まれる。
選ばれた人はマイクを持って立つハメに。w
最初は18歳の女の子。  かなり緊張していた。^^;
続いて32歳の男性。

男性  「今年海逝きましたか~?」
裕子  「まだ~」 (ものすごい気の抜けた返事でw)
会場  (爆)

小島  「なんか普通に会話してるみたいですね。w
     いつも(ファンの人達とは)こんな感じなんですか?」
裕子  「そういう風に努めてます。
     せっかく皆さんと会える機会があった時には、なるべく友達のように
     家族のように話せたらいいなと思ってます」

小島  「たとえば海に行くとしたら、裕ちゃんをどこに連れてってあげますか?」
男性  「う~ん....華厳の滝」
会場  (笑)
小島  「海じゃねーのかよ!w」
裕子  「いいですね~。
      車の運転がお上手だったら結構どこでもついて行きたいなぁって
      思ってます」

世の中の女性は「車の運転がヘタな人は嫌」っていうのをテレビで見たりするが、
裕ちゃんも車の運転は重要ポイント。
ヲレも毎日のように運転してるし、事故も皆無だからその点は大丈夫そうだ。
(・∀・)ニヤニヤ


<夏の話>
小島  「さ、中澤さんにとって夏と言えば、こちらでございます」
会場  「おおおおおおぉぉっ!!!!」

ビール中ジョッキ登場。w

裕子  「あのぅ、こういう風にご用意していただけるんだったら、
     (収録前のアンケートに)書かなかったです(汗)」
小島  「ラジオを聴いている皆さんにも分かるよう、一応ご自身の口から
     言っていただけますか?(・∀・)」
裕子  「あっ、ビールだ~♪」 
会場  (笑)
小島  「やっぱり、夏はビールは欠かせないという感じなんですか?」
裕子  「ま、夏とは言わず1年中なんですが」 
会場  (爆)
小島  「僕はまったくお酒は飲めないんですが...」
裕子  「え~!?もったいない~。  その肝臓欲しい~」

裕子  「よく最初の一杯とか言うじゃないですか。
     でも私は何杯飲んでも最初の一杯と同じなんですよ。
     だから、楽しい(笑)」
裕子  「飲んでる私を見つけても、皆さんそっとしておいてください(笑)」
会場  (笑)


<デート> (未放送)
古川  「最近中澤さん、デート企画にノリノリだとか情報をキャッチしたんですが」
小島  「それは仕事としてですよね?」
裕子  「いや、もちろんプライベートでもデートしたいですよ(はぁと)」
古川  「小島さん、まさにこれが仕事の返事ですから(真に受けちゃダメ)ね(笑)」
小島  _| ̄|○
小島  「お仕事(でのデート)でも楽しいんですか?」
裕子  「誰かと一緒に出かける事ってそうそうないんで、(お仕事でも)
     ものすごく楽しんでデートしてますよ」


<付き合い> (未放送)
小島氏が41歳という話から。
古川  「ちなみに、年の離れた男性とお付き合いするのはどうですか?」
裕子  「年上の方だったら」
小島  「年上でも僕は引っ張ってもらいたいタイプなんですけど(笑)」
裕子  「ダメです。 私ついていきたいんで(笑)」

年齢だけ考えたら、ゆゆたんとヲレいい感じだな。 (・∀・)ニヤニヤ


<クーラー> (未放送)
小島氏と裕ちゃんがいつもクーラーをつけない話から。
裕子  「暑くても自分はつけないですけど、たとえば恋人同士で一緒にいる
      ときまでクーラーつけない人だったら私帰りますよ」
小島  「いいなぁ、足にすがりつきたくなりますね、涙浮かべながら」
裕子  「泣く男は嫌いです」
会場  (笑)


<付き合う条件> (未放送)
古川  「小島さんと付き合ってくれるとしたら、どんな条件が必要ですか?(笑)」
裕子  「えー!条件ですかぁ....(悩)」
裕子  「う~ん、ごはん作ってくれる人。  お米といでください」
裕子  「お米とぐのが一番嫌なんです。  でも無洗米はダメなんです。
     なんか人として受け入れられない(笑)」
小島  「えーっとね。
     わがままですよ(あなた)」
会場  (爆)
小島  「まぁそこがいいんですけどね。(*´д`*)ハァハァ」
裕子  「こんなんでわがままとか言ってたら、結婚できませんよ」
会場  (爆)

小島氏の告白タイムで、裕子の返事はキッパリ「嫌です」。w
裕子  「だってMなんですよね?」
小島  「最後まで喜ばしてもらってありがとうございます」w




長くなったので、続きはまた別に。
ちなみにこの収録は8月19日に放送されたのだが、ほとんどカットされてる
のね。
今、放送部分と自分のレポを比べたら、やはりちょっと言葉が違ってるけど、
大差ないしこのままにしておきますわ。^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

眞鍋かをり@ニフティフェスタ

パソコン通信時代から、ニフティを使い始めて10年以上の自分。

9月3日(土)、「@Nifty BB Festa2005」名古屋会場へ行ってきた。
ブロードバンド時代のセキュリティや光通信についてなどを学びに....
ではなく眞鍋かをりを見に(ry



◆会場
会場は栄のナディアパーク3階デザインホール
2階のフロアは、以前ベリ呪縛イベでゼティじぃが切れたところで懐かしい。(笑)

事前に特別招待券をもらっていたので、今回誘ったふりふり氏と10:30過ぎ
受付を済ませて入場。
さっそく眞鍋かをりトークライブの整理券を受け取る。   20番台。
トーク会場はオープンスペースで、横15席、縦6列くらいかな。
まぁ2~3列あたりだなと思いつつ、とりあえずブースをまわることにした。

会場規模がそれほど大きくなかったので、あっという間にスタンプラリーも終え、
トークライブ開演まであと30分あるし、時間をもてあましてしまった。
そこで係員にイベント入場の集合時間を聞いたら、普通に今でも入れるという
返事が。w


ヲレとふりふり、1番に入場、無駄に最前センター。( ´_ゝ`)


ただ単に疲れて座るところが欲しかったから早めに入場しただけ
なのだが(汗)、オープンスペースの中、まるでヲレら必死に見え(ry

ちらほら人が座りだして席が埋まり、11:30過ぎ開演。



◆トークライブ
司会からいきなり話を振られたヲレ。
この席危険な悪寒....。(汗)

眞鍋かをり登場。
思わず「圭織~~~!!!!」wといつもの調子で言ってしまいそうになるも、
場の空気を考え心の中だけに。
テレビやグラビアで見るのとはちょっと違う感じがしたが、まぁさすがに
芸能人だわ。
ひざまでの長さのパンツ姿で、ざっくばらんに親しみやすい雰囲気がよい。
ステージ上に椅子が2つ置かれていて、かをたんは右サイドに座った。

話の内容としては、これといってブログの参考になるようなものはなかった
気がする。    実は結構期待していたのだが...。 _| ̄|○
結局は、とにかく8月29日発売の本を読めば分かるという感じだな。(笑)

  ・自分な好きなことを書けて、それにコメントがつくと嬉しい
  ・友人と離れてても、互いのブログで近況が分かる
  ・親とのコミュニケーションにも使える
  ・実際の眞鍋かをりのブログ画面を見ながらトーク
  ・本の紹介  など


そして陰陽師石田千尋が登場して、占いの話。
自分はあまり陰陽師のことは知らないのだが(汗)、石田氏は日常の話なども
交えて、とても感じのよい印象。

ただ、占いにあまり興味のないヲレ、占いの話の部分は正直中だるみした。
眞鍋かをりと石田千尋はトークを別々にした方が、客層もはっきりして
よかったんじゃないかと思う。
ぶっちゃけここでの見所は、暇そうに落ち着きなく足をいじったりいろいろな
素振りを見せる眞鍋かをたんだったかも。w


石田氏退出後、また司会と眞鍋かをり二人のトークに。
事前に募集されていた眞鍋さんへの質問を受け付けるコーナー。

  ・名古屋と聞いて思いつくもの
      →愛・地球博。
       中京テレビでレギュラーやってるので何度も行ったが、
       外国のパビリオンばかりで、日本のにも行ってみたい。

       昨日の例のニュースについて言及するかをたん、ハッキリ
       してていいな。w

  ・名古屋の食べ物で好きなもの
      →味噌が好きなので名古屋の食べ物は好き。
       会場そばにある矢場とんのみそかつの話。
       ここでふりふり氏話を振られる。www  (危険な席だ)

司会が「そろそろ終わりの時間に....」と言ったところで、客席が何も
反応しないのが新鮮。
普通、「工工エェ(´Д`)ェエ工工」があるだろ。w
(やっぱりハロヲタといいともだけなのか?)




12:15頃終了し、その後は2回目トークに参戦してもよかったのだが、
ふりふり氏がVハチ氏と約束しているということで会場を出る。

が....
Vハチ氏から遅くなるとのメールが入った。
だったら2回目トーク見られたじゃん。(T T)
(もう会場に戻る気力なし)



Vハチ、逝ってよし。 ( ´_ゝ`)
                
 嘘だぞVハチw



今回の催しは、ドリンク付きだったし、販売されている本をもらったり、
帰り際にも抽選やったりおみやげもらったり、サービスがなかなか。
近所にフラ~っとくる感じで来たけどそれなりに楽しめましたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »