« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月21日 (金)

℃-uteファンの集い 1回目

ステージ上、握手は一番右の梅さんから。

ヲレの前のヤシすげーがっついてるな。(´ー`)
高速握手の流れの中、そいつはなかなか頑張っていた。
そしてやっと自分の番に♪

しかし.......






梅田えりか、いきなりヲレをスルーw

0.01秒すらこちらに目を合わせることなくヲレを完全にとばして
次のヤシへ顔を向けながらヲレと適当に握手



................。







梅田えりか ○ってよし!!!






いや、30代後半にもなろうかという僕が、中学生相手にムキになっちゃ
ちょっと大人げないよね。(汗)  はは..はははは...は...。
もっと冷静に、うん、冷静に。
いろんな人が見てるブログだし、あまり過激な表現は避けないとマズイよな。







○田○り○ ○っ○よ○!!!






(う~ん、伏せ字がソフトに過激さを包み込むね( ´_ゝ`)よしよし
 って、全然内容変わってないようなw)




その時点でたかだか200~300人の握手、しかも高速な流れで、
握手する側からすればまだ楽な展開だったはずだ。
まいまいや岡井ちゃん、愛理といった小さいコ達も含め、他の6人がしっかりと
感じのよい握手をしていただけに、一人だけもの凄くお粗末な対応に感じた。

自分のことを知ってる人、もしくはこのブログを見てくれている人なら
分かってもらえると思うが、自分は基本的にどのハロメンに対しても愛情を
もって接しているし、またそういう視点で記事も書いているつもり。
今回のようなことだって握手会ではたまにあることだし、それほど
大したことじゃなかったりするかもしれない。
でも実際やられるとちょっと納得いかない罠。_| ̄|○


こうなったら次の集い第2弾(11月27日(当選済みw))で...




愛理を見ながらえりかと握手してやるぜぇ!!!!!




ヲレと同じ屈辱を味わうがいい!
ははははははははははははは...はは..は.....。

って大人げなさ杉だな..。  li||li _| ̄|○ il||li ソンナドキョウモナイシナ





(感情のままに書いていたら肝心のレポを書くスペースがなくなりました。w
 続きが書けたらまた。(汗))

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

モーニング娘。 2005秋 桑名市民会館夜 新垣里沙祭

ガキさんが泣いた。

まさか自然発生であれほどの祭になるとは.....
その場にいた誰もが考えてもいなかっただろう。
いや、自分も本当に驚いた。(汗)




モーニング娘。2005年秋ツアー「バリバリ教室 小春ちゃんいらっしゃい!」
10月16日(日) 桑名市民会館夜公演の話。

コンサから帰ったら最近溜まっていたレポでも仕上げなければと
頭の中でいろいろ考えていた。
サイボーグしばたさん名古屋舞台挨拶、美勇伝ファンの集い大阪、
℃-ute六本木イベ、ツアー後半最初の娘名古屋、それとも3列センター
横通路の娘桑名昼....。

どれから書いていこうか迷っていたが、まさか全然期待してなかった
娘桑名夜とはなぁ。(汗)




ガキさんの誕生日は10月20日とまだ先なのに、今回ここまで盛り上がった
のには、いろいろなことが重なった奇跡があった。

【背景】
まず、収容人数1500人という小さな会場による客席の一体感、
盛り上がりの密度がさすがに凄い。
しかも三重という微妙な位置、特に何事もなければわざわざDDが
遠征してくるような所でもないし、夜公演は帰りの時間が厳しいので
そこにいた人間はマジヲタ比率が高かったと思う。

【麻琴の発言】
そして事の発端は、5期メンMCで麻琴がセリフを忘れたポカのフォローで
さらっとガキさんの誕生日に触れたことから始まった。
本当にさらっと、その時は何事もなく普通に歌へ進行していったのだが、
もしここで麻琴が触れていなかったら、今日の祭はなかっただろう。
大したことない会話だったのに、今思えばここも重要だった。

【アンコール】
いつも通り会場がアンコールしていると、少しずつ「ガキさん」コールに
変わっていった。  昼公演はそんなことはなかったのだが。
最初は一部の新垣ヲタだけがやっていたんじゃないかと思う。
誕生日当日というわけでもないし、他のファンは普通にアンコールしていた。
ただ、夜のMCで麻琴が何気なく発言したことが客席のファンの心に残って
いたし、自分も含めて、ガキさんコールになっていった。
まだこの時点ではそれ程一体感はなかったのだが、状況が一変する。

【モニターカメラ】
そしてその時、ステージ上の巨大モニター映像に、客席で
光り輝く「新垣里沙」提灯が映し出された。

おおおおおおおおぉぉぉっっっっっ!!!!!!!!

一気に客席の空気が変わった。
普段アンコールなんかしやしないマターリ連中までが立ち上がって
「ガキさん」コールを始め出した。
めちゃくちゃ強いコールになる!

コールが少し弱まりかけたところで今度は客席の「里沙」ボードが
モニターに映し出される。

おおおおおおおおぉぉぉっっっっっ!!!!!!!!

カメラマン、Good Job!!!!
会場はもう俄然強めの展開に!


【娘。再登場】
娘。たちが再び登場。
一体感ある「ガキさん」コールを舞台裏から受け止めていた模様。
ガキさんもモニターの提灯映像を見ていたとのことで、コールに
非常に嬉しそう。

そして会場の異様な盛り上がりを察知したよっすぃ~が、
「ちょっと早いけど、みんなで歌おうか~!」。

おおおおおおぉぉぉっっっっっ!!!!!!

この日一番強い歓声だった。
もうここまでになると音云々よりも圧力と振動を感じるくらい強烈な響き。
1500人が一つになった瞬間だった。

めちゃくちゃ会場一体感のある「happy birthday to you」 、
マジすげー。(汗)


ガキさんが泣いた。



【最後】
その後1曲入り、最後のメンバー挨拶。
ガキさんのは長かった。
それはあらかじめ用意されていた言葉なんかじゃなくて、今日の感激、
感謝の気持ちをその場で述べたものだった。
やっぱりそういうのっていいな。     目一杯拍手したよヲレ。

ラストの曲、そりゃこの雰囲気の流れからだから異常に盛り上がるわ。
ガキさんの目、赤くなっちゃってた。

そしてまたカメラマンがGJ!
アンコール後は、モニターのガキさん映像増量。
こうやって空気読んで臨機応変に対応できるスタッフって素晴らしいな。

終演後、会場を後にするファンの姿は、皆余韻に浸っていたように見える。
本当にいいライブだった。



【終わりに】
今回の祭は本当に自然発生の奇跡だった。

    麻琴がMCで触れなかったら?
    一部のファンが「ガキさん」コールを始めなかったら?
    カメラマンが提灯やボードを映さなかったら?
    よっすぃ~が機転を利かさず歌の提案をしなかったら?
    そして何よりも、これだけ熱い連中が集まらなかったら?

そのどれかが欠けても起こりえなかった気がする。

誕生日前なのに....と感じる人もいるだろうが、まぁガキさんが
本当に喜んでくれていたのがめちゃくちゃ伝わってきたので、
もうアリでいいでしょう。
まぁ、オメデトウの言葉はまたあらためて20日の日に言わせてもらおうかな。

正直、ヘタな卒紺なんかの祭よりずっとよいものだったと思う。
自然な流れからファンの気持ちと行動が一体となったとき、やっぱり
メンバーもファンも純粋に感動するし熱くなる。

| | コメント (9) | トラックバック (2)

2005年10月13日 (木)

日記 051013

基本的に、このブログでは日記的な内容はあまり書かないようにしようと
 思ってるのだが、さすがに放置しすぎたので、ちょっとつなぎで近況を。(汗)

 この2週間ほど仕事が厳しい...。_| ̄|○

 横浜の文化祭は、商談が2回入ったせいで遠征どころじゃなくなり、
 チケ3枚すべてパー。
 でもって、良席の10月23日(日)娘。周南も仕事が入り回避。
 こういうときはもう開き直って、遠征費浮いたとかチケ収支回復したとか
 前向きに考えるしかないな。
 実際口座の残高が増えてる気がする。w

 ブログタイトルにもあるとおり自分はヲタじゃないので、
 仕事 > ファン活動  というのは仕方ない。



Berryz工房 パシフィックヘブンFCイベント当選ハガキ
 キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!
 
 今回はちなこ最優先でどの公演にするか検討した。
 11月6日(日)1回目、菅谷・徳永・熊井 で当選だよ~!(T▽T)
 クソ番だけど楽しんできますわ。



ディナーショーは相変わらず申し込んでいる。
 今月も最前横通路神席2公演来た。w  (席位置変更なければだが)

 この1年、自力最前チケが月2回ペースできてるゴッドハンドぶり。
 3列センターとかも今月2回来てるけど、もう麻痺してきた。(汗)

 ただ、千秋楽とか卒紺とかにはめっぽう弱くてほとんど当たった試しがない。
 これまで最終日でどれだけの金を使ったことか....。_| ̄|○



11月29日(火)の裕子京フィルコンサ、今日発売だったチケ無事確保。
 平日公演で、仕事抜け出せるか微妙だけどなんとか逝きたいなぁ。
 っていうか横通路を必死に確保したものの、よく考えればクラシックコンサで
 横通路席獲って何するつもりだったんだよヲレ。(爆)  オドル?w
 (前獲ればよかったかな..._| ̄|○ )



本当は、サイボーグしばたさん舞台挨拶名古屋、美勇伝ファンの集い大阪の
 レポを上げようと思ったが、最初に言ったとおり仕事でくたくたなので
 厳しい状況だわ。
 そして週末土曜は昼℃-uteイベ東京、夜娘名古屋、日曜は娘三重昼夜が
 入ってるわけで、更新は来週まで厳しそう。
 ブログ見に来てくださってる方、いつも申し訳ないです。m(_ _;m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

Berryz工房スイッチON!東京 石村舞波ラストステージ

 

最初はりしゃこだけだった。

そして舞波と肩を抱き合わせた桃子が。

最後の2曲、「BERRY FIELD」「Bye Byeまたね」を歌う彼女たちが
次々と堰を切ったように涙を流した。




そこまではいつも通り、いや、いつも以上に元気一杯の素晴らしい
パフォーマンスで、Berryz工房の成長を見せつけられた、本当に楽しい
最高のライブだった。
でも最後の最後で、やはりみんな涙を我慢できなかったな。

MC中の舞波の挨拶以外は、特別なセレモニーも演出も何もないステージ。
彼女たちの精一杯の歌声と純粋な涙、ただそれだけなのに、いや、
それだけだったからこそだろうか、非常に胸を打たれるラストステージだった。
メンバーひとりひとりが言葉を贈らなくとも、その気持ちが客席のファンにも
十分に伝わってきた。

オリジナルメンバーの卒業、引退というのは、やっぱりどうしても淋しい気持ちが
こみ上げてくるな.....身をもって痛感。 li||li _| ̄|○ il||li 

 




そして舞波は最後まで、いつも通りの舞波だった。
表現はちょっと違うのかもしれないが、ヲレはカッコイイと思った。

舞波というと、カメラを向けられても全然がっついてこないで控えめな
感じだったり、ダンスがなかなか上達しなかったりで、
ついつい「まいは~~!!!!」と応援したくなるんだよね。
この日のラストステージもダンスは相変わらず。
でも、アンコール後のMCで「悲しい別れじゃなく、笑顔でサヨナラ
したいと思います!」と言った彼女は最後まで笑顔を貫き通した。
ヲレは泣いちゃって情けないよな。
舞波の将来が素晴らしいものになればいいなと心から願います。
まいは~~!!!!  心でこれからも応援してるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »