« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月25日 (火)

トリック TRICK 劇場版2

眼鏡屋で、オレは出来上がったばかりのMy新品メガネをかけてみた。
あれ? 視界が歪んで全然見えないっっっっ!!!?(汗)

一体このトリックは・・・・・。


そ、そうか、わかった!
こんなトリック、まるっとお見通しだ~!






これ、オレのメガネじゃない。(爆)


「オレ銀縁フレームなんか買ったっけなぁ」と疑問に思いながら装着した
オレもオレだが。w
ちゃんと預かり証渡したのにドジな店員だなぁ。(笑)

店員 「す、スイマセン(滝汗)」

店員が平謝りしながら再度メガネを持ってきた。

オレ (おお、これだこれだ。)
    (こうして見るとさっきのと全然デザイン違うじゃんw)


そしてメガネの調整のため、再びメガネをかけてみた。
・・・・・視界が歪んで見えない。(; ´_ゝ`)

一体このトリックは・・・・・。


そ、そうか、わかったぞ!
こんなトリック、まるっとお見通しだ~!




オレは左目の方が悪く、レンズも圧倒的に左の方が分厚い。
なのにこのメガネは右目の方がレンズが厚い・・・。
左右逆に見てみたら・・・・・・やっぱりスゲー見えるぜ!(・∀・)


レンズ左右逆につけんなYO!www
っていうか、縁なしでレンズに穴空けるタイプだから、また作り直しかYO!w

再度5日間待ってお店に行くことになった・・・。_| ̄|○
(まぁ今のメガネも現役だし、コンタクトもあるから大丈夫だが、嘘のような
 ホントの話にヤラレタ・・・)





そんなわけで気分が少しもやもやっとしたため、レイトショーの安い時間に
トリック 劇場版2」を見てきた。
ネタバレはできないから内容については書かず、少しだけ。

今回、まぁ山田奈緒子(仲間由紀恵)と上田次郎(阿部寛)はどうせいつもの
調子だろうと、ある意味安心して見ていた。
しかし堀北真希はどんな役どころなんだろう、というのは以前から激しく気に
なっていたわけで・・・・

う~ん、こういう役で使われていたとは。(爆)

あと、不満な点は、矢部(生瀬勝久)がほとんど絡んでなかったこと。
あれじゃぁホント付け足し程度だよ。
まぁ、仲間ちゃんと堀北真希ちゃんを堪能できたので満足して家路についた。( ´_ゝ`)

Trick2 (c)2006「トリック 劇場版2」制作委員会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

小諸そば

転勤で東京を離れてから6年、出張で東京へ来たため、久々に「小諸そば」で
たぬきそばを食った。
何もかも懐かしく、やはりうまかった・・・・。  (ちょっと涙出かけた)



ここで言う小諸そばとは、首都圏を中心に展開する立ち食いそばのチェーンの
ことで、東京勤務時代はよく朝食に利用させてもらった。
自分は朝起きてすぐ何か胃に入れるとおなかをこわしやすかったので、
朝食を取るにしてもいつも勤務地へ行ってからになる。
時間を取らないし温かく食べやすいそばは、食欲がなくても軽く食べられ
非常にありがたかった。

しかし・・・

その後大阪、名古屋へと転勤となったものの、立ち食いそば屋ってほとんど
ねぇ~~~!!!!_| ̄|○

東京とか、仕事の外回り中忙しくて飯食う時間が取れないときでも、
歩いてれば立ち食いそば屋がごろごろしててサッと入れるのだが、
他の地へ行くとこんなにもないなんて・・・。


そんなわけで、今日は久々にそばが食べられ、満足♪
所詮チェーンの立ち食いそば屋と侮る事なかれ。
関西人にも受け入れられやすいであろうその「バランスの良いつゆ」、
「茹でたてのしゃっきりしたそば」、地方のかたでも機会があったら、
是非一度、小諸そばや東京の立ち食いそば屋で食べてみて
いただければと思う。






※(立ち食いそばといっても無数にあるので、もちろん当たりはずれはある。
  この小諸そばでも、店舗によって利用者の評価が微妙に違うらしい。
  自分が通ってた八重洲店はまったく不満がなかったのだが、
  他店がどうだかはわからない。)


名古屋駅新幹線ホームの立ち食いきしめんもよく食べる。(^^
お奨めはかきあげ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

結婚できない男

前回、「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」のことを書いたが、それにまったく
引けを取らない面白さであるのが「結婚できない男」だ。
今夏のドラマでは、視聴率的にもこの2つがスタート好調なようであるし、
自分も含めて毎週必ず見るという人が多いだろう。
他の番組ももちろん悪くないし、いろいろとは見ているが、「この先面白くなって
いくかもしれない」という多少なりの期待値込みで見ている感じは否めない。


--------------------------------
偏屈で一言多い性格のため女性に持てない建築家・信介(阿部寛)40歳は、
ますます独身主義へと意固地になっている。
彼のちょっと変な言動にあきれながらも、その奥底に隠された優しさに少しずつ
気付いていく女医夏美(夏川結衣)ら。
そんな周囲との日々の中で、信介は徐々に素直な心のやりとりを見せるようになる。
笑いあり温かさあり、独身の大人達が繰り広げるほのぼのコメディー。
--------------------------------


「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」が動の笑いなら、こちらは静の笑い。
主人公のおかしな一挙手一投足、そして登場人物達との「間」が( ・∀・)イイ!
また、前者が家族で楽しめるドラマとすれば、後者は20代~40代の大人に
共感されるドラマじゃないかと思う。

■主役阿部寛が好演
主人公の信介が画面に登場するだけでもう笑ってしまう、それくらい
存在感がある。(笑)
いや、これは大げさに言ってるのではなくホントで、次は何やらかしてくれるんだろう
と笑いへの期待を持ってしまう。
自分の気持ちを表現するのが苦手な偏屈男を阿部寛が非常にうまく演じている。
もともとは2枚目イメージを持っていた俳優さんだけど、トリックの上田次郎役とか、
少し面白い役どころが好きだな。

■女優陣も強者揃い
ぶっちゃけ、自分は男女のストーリーとかって普段なら興味をもたない。
ドラマ上でのオシャレな設定とか出演者とか男女のドロドロとか、
どうでもいいって感じ。
なぜなら自分も独身主義者だから。w
でもこのドラマは変に着飾ったりしていないし、出演者(特に女性)がとても
カラッとしていて嫌悪感が起こらない。  (年代も自分と同じくらい)
それぞれの年代の女性がもつ気持ちを自然に表現しており、かなり共感を
覚える視聴者が多いんじゃないだろうか。
そして笑いの「間」の取り方もうまい。
夏美、摩耶(高島礼子)、みちる(国仲涼子)、その他女性陣、男のあしらい方が
見事。(ノ∀`)

■「笑い」と「人を理解し思いやる気持ち」
信介自身の行動や、周囲の人物達のやりとりがとにかく笑える。
笑ってると、ホントにいいドラマに出会えたなぁと思う。
また、信介だけでなく登場人物それぞれにも、多少なりとも年齢とともに固まって
いった意固地な部分があるわけで、それが少しずつ解きほぐされていく温かみも
心地よい。




ちなみに主人公の信介のセリフにこんな感じのが一杯出てくる。
「人が金持ちかどうかはな、収入の額じゃない。自分が自由に使える額、
 いわゆる可処分所得がいくらあるかで決まるんだ」

「独身なら稼いだ金は全部自分のもんだ。
 結婚すれば稼いだ金は妻と子に食いつぶされるだけだ」

独身主義の自分が長年言ってきたこととまったく同じだったり。(笑)(ノ∀`)

Kekkon1 Kekkon2
焼き肉屋へ一人で食べに行く信介      「弁護士のくず」に続き、働く独身お姉さん役・
                            高島礼子

(c)関西テレビ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月17日 (月)

マイ☆ボス マイ☆ヒーロー

夏の各TVドラマ、1話~2話を見てみてかなり面白いと思ったのが
「結婚できない男」と、この「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」だ。


あらすじは、ヤクザの組長の長男である主人公・榊真喜男27歳(長瀬智也)が
組を継ぐための条件として、高校に入って卒業するよう言いつけられる。
喧嘩と女と金とプリンが大好きな真喜男はヤクザ社会の優等生だが、
学業は小学生レベル・・・。
自分がヤクザであることを隠しながら、果たして真喜男は無事に卒業
できるのか!?
学園で繰り広げられる青春ストーリーを痛快にそして熱く描く。


一見チープなドタバタ学園ドラマに感じてしまう人がいるかもしれない。
確かにそういう面もあるのかもしれないが、それはよい意味で見やすさに
つながっているし、またそれ以外に見る者を引き込む魅力がこのドラマにはある。
偏見を持たずに気軽に是非見ていただきたいなぁと。


■熱い!そして笑える
学食のプリン争奪戦や遅刻ギリギリの登校場面など、こんなことで
こんなにみんな熱くならなくてもいいだろうwというシーンがよく出てくる。
スロー映像を使ったりなど、その部分にかなりの映像時間と手間暇かけていて、
あまりの熱い映像に爆笑。
1話の真喜男が空を飛ぶシーンとかもう。w(ノ∀`)
冷めた目で見れば馬鹿馬鹿しいのかもしれないが、そこまで熱く
やられたら、もうこちらも単純に気持ちよく笑えちゃったりする。

■熱い!そして友情
真喜男は学業レベルは小学生並みで授業にまったくついていけず、周囲から
影でばかにされる。
また真喜男も、10歳も年下のクラスメートととけ込む気なんてさらさらなかった。
そんな彼に、一人また一人と学園の出来事の中で友情が芽生えていく。
真喜男は難しいことは分からないし、一見ばかばかしい言動に思われがち。
しかし、その人間としての本質的でストレートな考えや熱い行動に
心を動かされるクラスメートが増えていく。

■真喜男の成長
それと同時に、今までヤクザの組長の息子として甘やかされてきた真喜男が、
学園での日々の中で人間的成長を見せていく。
ただ単にドタバタのお笑い要素だけではなく、友情と主人公の成長が
とても分かり易く、気持ちよく盛り込まれている。



ちょっと余談だけど、番組公式ページの人物相関図を見てみた。
ジャニーズ、画像管理厳しすぎだろう。w
番組の公式ページにくらい使わせてあげればいいのに。(T▽T)

というわけで、梅村ひかり役の新垣結衣ちゃん。
いや~、可愛いですなぁ。(*´д`*)

Aragaki (C)日テレ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月14日 (金)

W-ZERO3[es]予約してきた

今日はPHS新機種W-ZERO3[es]の予約受付開始日。

ビックカメラ名古屋駅西店に着いたのが開店5分後とか、かなりまったりな
自分だったが、無事申し込みできた♪

っていうか、まったく待つこともなく即手続きできたんだけど、開店前に
並んでた人とかいなかったんだろうか・・・。
昨年のZERO3予約日の時は開店20分後くらいに行ったら、もうなくなってた。
まぁ今回は準備在庫を多めにしてあるとのことで、また、こういうのを好きな人は
ZERO3をすでに持ってしまっているだろうから、昨年ほどの混乱はないのかな。

昨年末からPHS売り場のネーチャンの対応には不満があったので、今日は
男性店員(シャープからの応援社員?)に声かけて申し込んだ。
新機種を買う高揚感とともに、おかげ気分良く手続きができましたわ。^^
(今日は別のネーチャンがいたが、この人は親切な対応だったな)

色はネットでの画像等を見て、白がスタイリッシュな感じでよさげと思っていたが、
店頭で見本を触ったりして、どうも手あかとかで汚れそうな懸念を抱いたので、
無難に黒にした。

7月27日の発売日が楽しみ。(・∀・)ニヤニヤ





実は昨日もビックカメラで、メガネとコンタクトレンズを購入したばかり。
  ビックカメラでよく買い物をするが、駐車券サービスのハードルが高いのが
  不満だなぁ。
  5000円の買い物で1時間、20000円で2時間ってキツイよ。
  「買い物を楽しむ」余裕はない。


最近ニフティのココログ管理画面が異常に重くて、投稿の更新ボタンを押して
  1時間くらいかかるとか、更新ができないとか悲惨な状況だった。
  やっと大規模なメンテが行われたが、大丈夫かなぁ。
  日記書いても更新できないブログってw
  この投稿無事更新されてるかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

PHS新機種 W-ZERO3[es]発表

キタコレw


本当は新機種の発表当日に即ブログに書きたかったんだけど、
2日連続会社泊まり込み残業だったり仕事がずっと忙しく、乗り遅れた。(´・ェ・`) 

自分は京ぽん1を未だに使ってる。
昨年発売の商品はもうひとつな気がしたんで、結局ずるずるとここまで
引っ張って来てしまった次第ですわ。


京ぽん2 →  性能は不満ないが、デザインがちょっと・・・。
         (ヒンジ部分の不安さとか、画面の外側の余分な部分が
         多いとか、内側が安っぽい感じとか、ごっつい感じとか、いろいろ)

洋ぽん  →  デザインは好みでカメラの性能もよいようだが、
         ブラウザの評判が悪い。
         使用ユーザーの評価・感想一覧を見ると、京ぽん2よりも
         全般的に評価低め(メールも不便?)。

京ぽん改 →  京ぽん1のコンパクトさ・手軽さをそのままに、
         ブラッシュアップ&高速化され、使用者の評判もよい。
         が、当時4×通信非対応、ダイバシチアンテナでない、
         ということで、わざわざ機種変するまでの違いは
         感じられなかった。

W03  →  スゲー!(汗)
         しかし、なかなか入手できないうちに気持ちが冷めた。w
         ビックカメラ名古屋駅西店PHS売り場のネーチャンが
         対応横柄でムカツイタのもある。( ´_ゝ`)
         液晶のキレイさやキーボードの使い心地などの面は非常に
         評価が高いようだが、通話やメールなど使い勝手の悪い
         部分がいろいろと聞かれる。
         何よりでかすぎて、1台持ちの自分にはちょっと厳しい。




そしてこの夏。



シャープW-ZERO[es]<WS007SH>、7月27日発売(予定)!

SHARP     
WILLCOM
ITmedia 
デジタルARENA
ケータイWatch      

Es


買い。 _| ̄|(ρ:)




詳細はリンク先を参考にしていただくとして、自分にとっての今回のポイントは
こんな感じ。

【サイズ】
W-ZERO3はでかすぎて、1台持ちの自分が日常で使うには厳しかったが、
今回だいぶスリムになり、実用に耐えうる物になったと思う。

【デザイン】
カッコ( ・∀・)イイ!

【漢字変換】
I LOVE ATOK♪
バリバリのATOK派な自分には嬉しい。

【メール機能】
シャープ独自のオリジナルメーラー新搭載で使い勝手が改善されそうだ。

【通信中着信】
京ぽんは大丈夫だが、W-ZERO3はダメだった。
今回はOK。

【カメラ】
マクロに対応したのはよい。

【USBホスト】
拡張性十分!

【重さ】
W-ZERO3の220gから比べれば175gはだいぶ軽量化された。
しかし京ぽんおよびその他の携帯からすれば、まだまだ重いか。

【ダイバシチアンテナなし】
W-SIMの機種は非対応なんで、移動中の通話は少し不安だなぁ。
あんまり話題にならないけど、自分にとってはこれ重要なんだよね。
過去、体感的にだいぶ違う。



あとは買えるかどうか・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年7月 1日 (土)

TSUTAYA DISCAS

これ便利ですごい( ・∀・)イイ!
日々の生活で時間に余裕のない人や、近くにレンタル店がない人に
とってはとても便利かと。

自分の場合、普通にレンタル店に行ってもよいのだけれど、
借りに行く&返しに行く手間それ自体がもう面倒だったり。(汗)


そこで、無料お試しキャンペーン中のTSUTAYA DISCASに登録して
ネット宅配レンタルを利用してみた。
月額1974円で8枚借りられるAプランを選択。

【気に入った点】

  ■豊富な在庫数があり、それをネット上で検索することができる。

     店頭で探すよりも楽。
     借りた人のレビューなども多く掲載されており、借りる際の参考になる。
     商品ごとの在庫の規模や有無も表示されている。

  ■借りに行く&返しに行く手間がかからない。

     申し込んだDVDは、クロネコメール便で届けられる。
     ポストに投函してくれるため、昼は仕事で家にいない人も安心。
     返却については、届いた封筒がそのまま返却用封筒になるので
     そこに入れ、郵便ポストに入れればよい。

  ■予約リストで自動発送

     見たいと思ったDVDは、自分の予約リストにガンガン入れておく。
     その中の、在庫があり優先順位が高い商品から2枚が自動的に
     送られてくる。
     そして借りた2枚の返却が確認されると、次の2枚が自動的に発送される。
     TVドラマなどは、シリーズ物として登録しておけば、ちゃんと1話から
     順番に届けてくれる。
     楽で( ・∀・)イイ!

  ■対応が早い

     申し込んでから1~2日で届く。
     また返却確認も早く、すぐにDVDを発送してくれる。

  ■返却期限なしでゆったり見られる

     返却期限がないためもちろん延滞金もなく、ゆっくり見ることができる。

  ■料金もまずまず?

     一見、月額1974円で8枚というのは微妙と感じる。
     
     しかし、まず枚数についてだが実際利用してみると、
     「申込日&発送・到着で2日間」+「返却の郵便投函&先方着で2日間」
     と考えれば、郵送4日間+残り3日間で、一週間にDVD2枚を見るという
     ペースが丁度いいかもしれない。
     ヘビーレンタルユーザーは店頭で借りたり、無制限プランを選択するだろう
     から、忙しい人やライトユーザーには月8枚でもOKな気がする。
     (もちろん追加レンタルとかの融通も利くようになっている。)
     
     金額については、1枚あたりにすると約247円。
     新作・旧作関係なくすべて一律。
     店頭で10泊11日で借りると370円程度だったりするので、妥当な
     ところじゃないだろうか。

   ■アダルト物も気軽に借りられるw

     申し込みはオンラインだから、借りづらさはない。
     送られてくるクロネコメール便には、作品名等の情報は書かれていないので
     気軽に借りられる。
     

【もうひとつ?なところ】

  ■一気に何話も見ることはできない

     2枚ずつ借り、そしてそれが返却されるとまた次の2枚が送られてくる
     というシステムになっているため、TVドラマ物などを何話も一気に
     見たいと思っても、郵送の間待たざるを得ない。
     続きが気になるときはホントじれったい。(^^;
     別にバラチケット(ちょい高い)を購入して併用することはできる。

  ■取り扱いはDVDとCDだけ

     ビデオテープの物は扱われていないため、在庫作品がある程度限定される。

  ■もちろん在庫が切れている物もある

     店でのレンタルと同じで、在庫がない物は待つしかない。
     (特に早く見たい作品がある場合は、予約リストでその作品にウェイトを
      かけておくと、商品が在庫に入り次第優先してすぐ発送してくれる。
      在庫画面とにらめっこする必要はない。)




月額2079円で無制限に借りられるプランもあるが、こちらの方が少し使い勝手が
悪いシステムになっている。
時間に余裕がある人などはこちらの方がいいかも。

無料キャンペーンで1ヶ月間お試しできるので、興味をもった方はどうぞ。^^
(会員登録にはクレジットカードが必要)

Trick_1TRICK (c)テレビ朝日

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »