« 「結婚できない男」 番組特製おひとり様用お箸セット | トップページ | 「世界の中心で、愛をさけぶ」(映画) »

2006年8月27日 (日)

中澤裕子 11thシングル「うらら」 ラジオで初公開

今日のbayfm「マジアサ!」で新曲が初公開された。
久々の新曲というネタなのに、みんなの盛り上がりがもうひとつなのは
気のせい?w
以下、思ったことをちょっと書いてみる。



【ターゲット】
企業がモノを制作し販売する場合、ターゲットとする客層を想定して臨むわけだが、
この曲を聴く限り、40~60代な気がしてならない。

確かにこのへんの層は市場面で馬鹿にならないし、また息の長いタレントとして
やっていこうとするならば、非常に大事な対象だ。
でも、中澤裕子がそこをターゲットにするにはまだ早いと思う。

女性の中には結構ハロプロを毛嫌いしている人が多い中、中澤裕子というのは
比較的一般層にも受け入れられやすく、また女性ファンも多い。
そんな裕ちゃんだからこそ、まだまだ、20~30代という同世代の男女に共感され
支持される方向性を求めていってほしいなぁと思う。
ここ直近のCDセールスはもうひとつだったかもしれないが、見切りをつけるのは
早いんじゃないか。
例では今井美樹とか、カラオケで女性がよく歌ったりしてるし、バランスいい感じが
する。  他にもaiko、浜崎あゆみなど、「ファン層」という意味ではいろいろ参考に
なる人がいる。 (30代の歌手が思い浮かばない(汗))


【曲】
今もう何十回もリピートして聴いてるけど、疲れない優しいよさはある。
ただ、ちょっと大人しすぎではないかな。
なんかもうひとつ心に残らないんだよね。
2年以上待たされたんだから、もっとインパクトが欲しかった。

これだったら、「マジアサ!」で話が出た松風雅也とのデュエット企画とかの方が、
盛り上がりが期待でき、新規開拓につながったような気がしないでもない。
デュエット曲自体少ない今なら、話題になったかもしれないし。

また、裕ちゃん自身は意外に盛り上がり系の歌が好きだから、そういう曲で
爆発するというのもありだったと思う。

短期的な考えと言われるかもしれないが、長い目で考える余裕がある状態
なのか、ファンとしては心配になるのさ。


【今後】
まぁ、もう発売は決まってる訳なので、あとは意外にヒットしたとか、
カップリング曲がよかったとか、いろいろ期待したい。
ハロプロ系の曲は、ラジオでの公開時点では酷評されることが多いし、
あとあと評価が高まっていくかもしれない。

とりあえず・・・・・・・

PVもちゃんと作ってくれ~。
CDジャケット早く見たい~。
早くライブで聴きたい~。

|

« 「結婚できない男」 番組特製おひとり様用お箸セット | トップページ | 「世界の中心で、愛をさけぶ」(映画) »

中澤裕子」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98614/11637500

この記事へのトラックバック一覧です: 中澤裕子 11thシングル「うらら」 ラジオで初公開:

« 「結婚できない男」 番組特製おひとり様用お箸セット | トップページ | 「世界の中心で、愛をさけぶ」(映画) »