« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

あみやき亭 東京進出

松浦亜弥と藤本美貴のユニット、GAMの全国ツアーが5月26日(土)より
始まった。
自分も名古屋公演のチケットを確保しており、非常に心待ちにしているところだ。


そして、記事タイトルに記した「あみやき亭」だが、東海三県に64店舗を
展開している、手頃な価格で人気の焼肉飲食チェーン。
実はこの店、看板が「あやみき(亜弥美貴)亭」に見えることから、全国の
あやや&ミキティファンがコンサートで名古屋に来た際、オフ会などで
使用されることが多い。(笑)

そのあみやき亭が東京進出を果たし、今日のメ~テレ「UP!」で特集
されていた。
しかし調布とはまた微妙な場所だな。
新宿や新橋などならともかく、ちょっとオフ会では使えそうにない。
ただ今後は店舗が増えていくだろうから、首都圏の「あやみき」亭に
モーヲタが集う日もそう遠くはないだろう。



多分迷惑はかけないと思うので、店員さんも他のお客さんも、キモイとか
言わず、温かい目でスルーしてやってください。w

Amiyakitei (c)メ~テレ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月30日 (水)

「ライアーゲーム」 6月23日の最終回は3時間スペシャル

フジテレビ系にて放送中の人気深夜ドラマ「ライアーゲーム」の最終回が、
通常の45分から2時間55分に超拡大されて放送されるとのこと。
(→サンスポ

たしかに深夜としては好調な視聴率(平均11%)を維持しているものの、
まさか3時間スペシャルとは。(汗)
フジは、「特命係長只野仁」や「トリック」超えを狙っているのか!
放送は6月23日21:00からということで、最終回の内容とともに、
どれだけの数字を取るのか非常に楽しみになってきた。
TVの方は、今後オリジナルと違った展開を用意しているということだし、
これは目が離せないな。




第7話まで観て、やはり直(戸田恵梨香)のあまりの無能さに、どうしても
ちょっとシラケかけてしまう。
まぁ、足を引っ張るヒロインとそれを助ける頼もしい男性ヒーローといった
よくあるパターンとは言えるが、それにしても使えなさすぎだろう。
全然ダメなキャラクターでも、1つくらいは武器がないと話として面白くない。
しいて言えば、その人の良さで相手が油断してくれることによる交渉能力
といったところが直の武器か。
それとも、最終ボスを倒すのに必要な能力を実は彼女だけもってたりとか。(笑)

もう1点気になるのは、ゲームのルールが後付け的に感じられることが
あり、観る者が「はぁ?」と思ってしまうことだ。
「DEATH NOTE」などは、非常にうまく展開の中でルールを差し込んで
いるし、もう少し自然に説得力を持たせてほしい。


とはいえ、これらの気になる点を帳消しにするくらいこの作品には魅力がある。
個性的なキャラクターと世界観、緊迫の頭脳戦・心理戦、続きが気になる展開。
そして特に自分が素晴らしいと感じたのが、秋山役・松田翔太のハマリっぷり。
今作は、間違いなく彼の代表作となるだろう。




番組最後のプレゼント告知も面白いので、最後まで観よう。(笑)

Restru_game (c)フジテレビ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年5月29日 (火)

戸田恵梨香 防火ポスター

戸田恵梨香が、女性タレントの登竜門と呼ばれる防火ポスター
2007年のモデルに選ばれたという記事を以前見たものの、
なかなか現物を見ることができなかった。

今日ふと気付くと、自分の会社のビル1階に貼ってあるとか。(爆)

Todahi_1 (c)日本損害保険協会



それにしても歴代のスゴイ面々。

1981年度 松田聖子
1982年度 松本伊代
1983年度 堀ちえみ
1984年度   〃 
1985年度   〃 
1986年度 中山美穂
1987年度 酒井法子
1988年度   〃 
1989年度   〃 
1990年度   〃 
1991年度 小田茜  
1992年度 南野陽子
1993年度 奥山佳恵
1994年度 葉月里緒菜
1995年度 宝生舞
1996年度 榎本加奈子
1997年度 松本恵
1998年度 吉野紗香
1999年度 梅宮万紗子
2000年度 吹石一恵
2001年度 柴咲コウ
2002年度 上戸彩
2003年度 上野樹里
2004年度 長澤まさみ   →損保協会記事
2005年度 夏帆
2006年度 岩田さゆり
2007年度 戸田恵梨香
                            (ウィキペディア参照)


自分がこのポスターを意識し出したのは、就職して得意先の壁に
貼られたものを見るようになってからだから、90年代以降だな。
どれも異常に可愛く撮れていて、見るたびにグッジョブと思う。


     「火の用心、ポスターを見て、萌えるオレ」


  

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年5月28日 (月)

「アッコにおまかせ!」モーニング娘。CD売上推移

5月27日(日)放送の「アッコにおまかせ!」で、モーニング娘。のCD
売上推移をまとめていたので、ちょっとピックアップ。
(画像クリックで拡大)



Cd1 (c)TBS

Cd2 Cd3

Cd4_1  Cd5


番組では、過去の騒動と売上の関連づけをしようとしていたみたいだが、
客観的に見てもそれはあんまり関係なさそうだろう。
他のアーティストも以前のようにCDが売れなくなってる時代だし、
5万~10万枚をキープしてるのだったらまぁ合格点と言えるんじゃないか。
(人数で割るとちょっとアレだけどw)



それにしても、ジャニーズは相変わらずどのグループもスゴイ売上。
今の世の中、女の方がお金持ってると言うことなのだろうか・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

明石家さんまがアップフロント包囲網を突破

ミキティこと藤本美貴の熱愛報道により、明石家さんまや藤本美貴らが
出演しているラジオ番組「MBSヤングタウン土曜日」の5月26日
放送に俄然注目が集まった。

アップフロント(←モーニング娘。所属事務所)関係者がスタジオに揃う
物々しい雰囲気の中、さんま曰く「アップフロント包囲網」を突破、
先週の辻ちゃん話に引き続き、さんまがまたもやスパーク!(爆)

とにかく今回の件はタイミングが悪い。
ハロプロでこういった話題が続いているだけでなく、先週の放送でも
「おまえら付き合ってる相手とかできたらこっそり必ず報告せぇよ
(守ってやるためにも)」とさんまが藤本・高橋に言ったばかり。
これはもう、さんまを止めることは限りなく不可能な状況。(^^;

以下、放送内容のごく一部をかいつまんで。



前日にミキティからさんまへ「(明日は)お手柔らかにお願いします。
  今から会長とお話し合いです。」とメール。
  さんまは笑い20コの返信。(笑)

さんま、番組始まるなり、「オレ大沢監督やないけど、喝~!!
  「張本勲やないけど、喝~!!」。w

庄司からもさんまへ事前に電話。
  「アップフロントさんがコメントしてからということで・・・。(汗)」など
  その会話の内容をそのまま暴露。

昨日はずっと笑ってて眠れなかったさんちゃん。
  (今日の放送楽しみだったんだろうなぁ。(笑))

寿司屋の大将の娘さんが加護ちゃんと同級生だった。
  辻ちゃん話や、松井稼頭央の奥さんが当時突然の結婚・芸能界引退で
  事務所が大変だった話など。  名前どんどん出てくる。w

さんま   「事務所から別れろと言われたのか?その・・・
  ショージ   (笑)    (ストレートすぎw)
  藤本    「その話はこれからまだ話していくんで(汗) まだまだ一杯・・・」
  さんま    「何をそんなに一杯話し合うことがあるんや~!?
         あ、週に1回しか会っちゃダメとか。」
  藤本    「そういうことじゃなくって・・(汗)」

さんま   「彼氏の噂で脱退した人おるもんな。」
  藤本    「そうですね・・・」
  さんま   「(そうや)・・・・・矢口!矢口!矢口!
  ショージ  「(さんまさん)アンタねぇ・・・(笑)」

さんま   「今度は高橋がキャプテンや、おめでとう!!
  藤本    「まだ決まってないです~!(怒)」
  さんま   「だって流れからいくと今までの見てみいや~。
         私彼氏がいるからモー娘。なんか居られませんって矢口がやなぁ」
  ショージ  「先生、そと、すっごい視線で見られてますよ。」
  さんま   「嘘言え、そんな視線・・・・・・・・・うわっ!ほんまや!www」

さんま   「どうするんや、はっきりな。
         せっかくたきがわ君(←アップフロント関西瀧川社長かな)も
         来ていただいてるんですから、もう今日で別れますとかそーいう
        のが事務所的には欲しいねん、二度と会いませんとか。

         オレも今日は事務所を怖がることは何にもない。」
  藤本    「怖がることは何にもないって・・・(笑)」

さんま   「高橋、おまえも気ぃつけぇよ、次おまえも狙われてるからな、
         順番でいくと~。  おまえもう、なんか貼っとけ!
  藤本    「どこに・・・。(笑)」

さんま   「こちらラジオネーム、フライデーさん。
  ショージ  「うわ~~~!!!」
  藤本    「来てませんよ、来てません。(そんなラジオネームの投稿)。」
  さんま   「あ、ラジオネーム「みかんもち」か、似てるからな。(笑)」

さんま   「(爆笑している藤本に)おまえゲラゲラ笑える今日か!
         今日は反省で涙流してもいいくらいやこの放送でぇ。
         マネージャーもそう思うてるわ。
         (マネージャーからしたら)放送中に藤本が泣いちゃったと
         上に連絡したいくらいや。
         女マネージャー言いつけてるな、(藤本が番組で)笑うてまっせ~、
         反省の色なしって。(笑)」

さんま   「『(投稿)そしてショートといえば、ミキティもファンからさんざん
         言われてると思います・・・・・』
         そうかぁ、もうすでにファンから散々言われてるのかぁ。
  藤本    「違う違う、髪の毛をショートにしてくださいっていうのをさんざん
         言われてます。」
  ショージ  「くっくっく。(笑)」

高橋    「『愛の、ショージさんとならできるもんっ!』のコーナー~!」
  さんま   「こっちのは・・・村上ショージさんやな?(笑)」
  ショージ  「師匠・・・。(笑)」
           ここを駆け抜けてやり過ごそうと、投稿を早口で読み続ける
           ミキティに、さんまが何度もぶり返しを差し込む。
  さんま   「しょうじさんとなら・・・。」

さんま  「ファンが一番大事やからな、ちゃんと何か言うたれ藤本。」
  藤本   「お騒がせして本当に申し訳なかったと思います。
        これからは事務所とつんくさんとお話しして、いろいろ決めて
        いきたいと思うので、決まり次第またすぐ報告したいなとハイ。」
  さんま  「いつぐらいに結論出るんや。」
  藤本   「そうですね・・・そんなにまぁかかるものではないと思うので。
        どっちにしても私に、罰じゃないですけれどもう、すごい迷惑を
        かけているので。」
  さんま  「どういう罰になるかやなぁ。
       やめとけよ、事務所内で青汁飲むとかわけ分からんことするの。



さんまが「藤本は今日頑張りましたよねぇ。」とねぎらいの言葉で締め。




もう7年くらい一週も欠かさず聴いてるけど、ヤンタンってのは相変わらず
本当に凄いラジオ番組だぜぇ。(汗)
そしてもちろん、自分は今後もミキティを応援し続ける。

Sotogyu これからもカッコ可愛いミキティに期待
(c)日本テレビ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年5月26日 (土)

藤本美貴(ミキティ)のあの件

ブログTOP画像の美貴たんを見て頂ければ分かるとおり、
ここはミキティファンブログ。
デビュー時からずっと応援しているし、ここではミキティの話題が専門だ。
( ´_ゝ`)

今話題のあの件について、普通に何も思うことはない、いやマジで。



とにかく妊娠して仕事に穴を空けなければOKw



GAM紺、純粋に楽しみにしてるぞ!




いや~、それにしても相手を聞いたときは驚いた。



Shoji


まさかショージとは( ´_ゝ`)

先週のヤンタンでミキティが、さんまさんはOKとか発言してたのは、
同年代のショージとこういうことだったからなのか。
見事な伏線だ。
                             


今週の明石家さんま「MBSヤングタウン土曜日」は荒れること必死。

                           (ベタベタの冗談でスイマセンw)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

「C1000×嵐’07」キャンペーン

今日、ドラッグストアでC1000レモンウォーター500mlペットボトルを
4本買い、やっとシールが6枚(一口分)揃った。(汗)

もともとこの商品は結構好きで飲んでいたのだが、
嵐のイベントが当たるキャンペーン実施中と言うことで、
ちょっと買って応募してみようかなと。


しかし・・・・、
あれだけの量のTVCMを投入してるにもかかわらず、
コンビニに全然置かれてないのはどういうことだ!?

自分は、東京勤務時代にコンビニ本部向け営業もやっていたから分かる。
コンビニに対する商談において、TVCM展開商品というのは非常に有利で、
採用の可能性がかなり高い。
逆にCMが入らない商品は、よほど商品力(消費者ニーズや機能等)が
感じられないと採用されない。

C1000レモンウォーターのブランド力と実績、およびジャニーズのイベントを
からめた、しかもかなりの当選数がある大規模キャンペーン。
これでコンビニ店頭に並ばないって相当厳しいな。(汗)
CMとキャンペーン展開ってのは、店頭カバー率が低ければ効果半減なのだ。

他社競合商品のPOS実績がよほど強いのか、値入条件がよいのか知らないが、
ハウスウェルネスフーズ社もっとがんばれ!




一口では全然当たる気がしないな。
キャンペーン期間中にあと6本買えるだろうか・・・・・。
B賞のアンプ内蔵ギターも実はちょっと惹かれる。(笑)

C1000_1 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月23日 (水)

「スカイハイ2」DVD(1)

Sky22_1 (c)テレビ朝日/高橋ツトム/集英社

渡辺典子  「あなた、運転免許更新してるわよね?」

上原さくら  「ギクッ(汗)」
                                    (フィクションですw)



この「スカイハイ」、ひと言で言えば、釈ちゃんが毎回
「おイキなさい」と言ってくれるのが激しく萌える作品。


「スカイハイ」はこれまできちんと見たことがなく、釈由美子主演で、
B級深夜ドラマのイメージというか偏見を持っていたのだが、
ちょっと見てみようと思って郵送レンタルの予約リストに入れていた。
そして、わけあって「2」の1話から鑑賞。



マジで感動。 _| ̄|○



いろいろTVドラマを観てるけど、こんなに泣けたのは久しぶり。

   第1話あらすじ
    『高速バスの運転手が飲酒運転をし、事故となる。
     乗客のうち、初老の男ひとり、ヤクザひとり、幼い姉妹が命を落とし、
     「怨みの門」の前にたどり着く。
     現世で深い悲しみに暮れる姉妹の両親、警察に捕まりながらも
     まったく反省せず開き直る運転手の姿を見る。 
     仕事の忙しさから家庭を顧みず、20年前に妻が自殺して以来ずっと
     一人で生きてきた初老の男小山田(寺田農)。 出所したはいいが、
     すでに自分の居場所がどこにもなかったヤクザの村瀬(伊原剛志)。
     二人は子供達と両親のために全てを尽くす。』

「スカイハイ」シリーズ全話はまだ見ていないが、少なくともこの第1話は
とても素敵な話で本当にお薦めできる。



そして同DVD収録の第2話。
こちらもまずまず悪くはなかったが、第1話があまりによかったので
個人的に少しトーンダウンかな。
芸能界の泥臭さや人間くささでちょっと雰囲気が悪い展開。

今無免許スピード違反で話題の上原さくらとか出てるwww
まぁ、23キロ程度だったり、免許更新忘れとかちょっと同情できるが。
また、角川映画出身女優はちょっとアイドル的なイメージも個人的に
残ってたんだけど、渡辺典子はなかなかの演技だった。



とにかくこれは全話見ようと思う。

Sky21 (c)テレビ朝日/高橋ツトム/集英社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

「セクシーボイスアンドロボ」第7話放送中止?

ちょw、いきなり第2話が放送され出したぞ。(汗)
テロップが早く消えてしまって読めなかったので、公式サイトで確認。

   『本日放送予定の「セクシーボイスアンドロボ 第7話」は、
    物語の設定に実在する事件を想起させる場面を含んでいるため、
    放送を差し控えることになりました。
    本日午後10時からは、「セクシーボイスアンドロボ 第2話」を
    再放送します。  ご了承下さい。
    なお、第7話の放送については未定です。
    来週は第8話を放送いたします。』



ぐはっ、ほとぼりが冷めた頃にあらためて放送してもらうか、
せめてDVDには収録して欲しい。 _| ̄|○
仕方なく、放送された第2話をそのまま見たが、やはりニコたんは
いいな。(*´д`*)ハァハァ


ちなみに第7話のあらすじ。↓

   「人生やり直せるハンバーグ」 
      ニコ(大後寿々花)とロボ(松山ケンイチ)は、ファミリーレストランで
      立てこもり事件に巻き込まれる。従業員によれば犯人は長時間、
      ある女性の到着を待っているという。  ニコとロボは、同店で働く
      一海(村川絵梨)や来店した雪江(片桐はいり)、竹男(塚本晋也)らと
      犯人を説得するが失敗。  調理場に隠れていた名梨(岡田義徳)が
      犯人のかばんを取り上げようとしたことから、中に大金が入っていると
      分かる。 名梨によれば、その大金は犯人が勤務先の会社から
      持ち出したもの。間もなく、犯人は思わぬ犯行の動機を明かし始める。


最近起きた2つの実在事件に被っちゃってるけど、そこまで神経質に
ならなくてもいいような気もする・・・。



Sexyvoiceandrobo1 Sexyvoiceandrobo2
(c)日本テレビ/黒田硫黄/小学館

↑せっかくなので前週最後の第7話告知より。



安西先生・・・・・!!
村川絵梨のファミレス店員姿を見たかったです。 _| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

喫茶 富永一朗かめやま漫画廊

仕事で亀山に行っての帰り、東名阪自動車道上りの亀山パーキング
エリア・オアシス館で松阪牛丼セットを食べた。
建物に入る時にも思ったのだが、普通のサービスエリアに見慣れぬ
案内文字がそこかしこに。


「喫茶 富永一朗かめやま漫画廊」


ちょw、富永一朗ってあの「お笑いマンガ道場」の漫画家かっ!

   (「お笑いマンガ道場」: 長期にわたって人気を博したTV番組。
                  知らない方は、ウィキペディア参照で)

Tominaga
オアシス館パンフより              画:富永一朗



コーヒー頼んで、壁に展示された原画を鑑賞。
うわっ、このおちょぼ口のキャラクターすげー懐かしい!
「お笑いマンガ道場」で見たそのままの画風、あまりの懐かしさに
ちょっと胸がジーンと来てしまった。
自分はこの番組の放送をリアルタイムでどっぷり視聴していた
世代だからね。

時間が昼時と外れていたせいか客は自分一人で、おかげで店員の
おねーさんとのおしゃべりでいろいろ話を聞けた。
そうか・・・・、富永一朗とあの楽しいバトルを繰り広げた鈴木義司は
すでに故人となっていたのか・・・。(合掌)
番組名物の一つ、鈴木義司をこき下ろしたちりちり頭のマンガが
展示されていないのが残念。
当時、他にレギュラーメンバーとして出演していた車だん吉や
川島なお美も意外に画力があってスゴかったな。
また放送を見たいがもう復活は無理なんだろうね。



思わぬところで楽しいひとときが過ごせた。
窓からの景色がとてもよく、ゆったりとした空間の中、ちょっとくつろぐのに
なかなかよい感じなので、機会があったら是非立ち寄ってみて欲しい。

Tominaga2 (c)富永一朗
ミニタオルが200円で手頃だったので買ってみた(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月20日 (日)

明石家さんまがハロプロを

ニューヨークから帰ってきた明石家さんまが、自身のラジオ番組
MBSヤングタウン土曜日」で期待通りのハロプロ斬り。(爆)
名前バンバン出し過ぎ。w
まぁ愛情半分冷やかし半分というところで、明るい雰囲気だったから、
出演者はともかく(笑)リスナーは楽しかったのではないかと思う。

この番組は、触れづらい業界のタブーネタについて明石家さんまが
放送中ぽろぽろっと口にして、周囲の村上ショージやヤン土娘。
(藤本美貴、高橋愛ら)を慌てさせる妙味が面白い。

内容の詳細については、会話のニュアンスが伝わりにくいし
誤解を招きかねないので割愛するが、ミキティと愛ちゃんを前にして、
いつも通りのさんま節が凄かった。

辻ちゃんの話題に触れ、
  さんま  「いや~今までアイドルは窮屈だろうからとおまえらを
        擁護してたけど、こうなってくると藤本や高橋まで疑った。
        こいつら影で無茶苦茶しとんなと。w」

  娘。   「なんでですかぁ~(汗)」
  村上   「外で(アップフロントの)マネージャーえらい睨んでるで。(笑)」

その後もちょっとここには書きづらいさんま節が炸裂。
メモを取ったり、リアルタイムでさんまの会話を事務所に電話で報告してる
アップフロントのマネージャーワロスwww

  さんま   「ゆうな~!」
         「ラジオでこんなこと言ってまっせって会社に連絡すんな~!」
         「(アップフロント会長の)山崎さんにゆうなよ!(汗)」

  村上・娘。  (笑)


「アッコにおまかせ!」の和田アキ子もうそうだが、スレスレの芸能ネタを
後味悪くなく笑いにもっていけるのはさすが。

Korinmanzai (c)TBS
来週のからくりTVは罰ゲームのこりん星漫才

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月19日 (土)

「探偵物語」熊谷美由紀

この前「ライアーゲーム」がらみで松田翔太のことに触れたが、
タイミングよく、今郵送レンタルでウチに届いているDVDが
お父さん(松田優作)主演の「探偵物語」(’79)。

今観ると、すごくレトロな映像というか当時の世の中の雰囲気が
感じられて、懐かしくも新鮮な世界観が楽しめる。

第1話。
ん?なかなか可愛いコがいるな。
ちょっと確認してみたら熊谷美由紀(松田美由紀)じゃないか!(汗)
そう、のちの松田優作の奥さん、そして松田翔太の母親だ。
この時彼女は18歳、いや~、この美男美女の両親じゃ、そりゃ
あんな男前が産まれるわな。



「ライアーゲーム」では素晴らしい存在感を出している松田翔太。
その華麗なる血統だけでなく、個性と実力を兼ね備えた期待の俳優だ。

Tantei (c)東映芸能ビデオ/日本テレビ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月16日 (水)

戸田恵梨香「Todapedia」

ハマっている人増殖中の深夜TVドラマ「ライアーゲーム」。
「プロポーズ大作戦」とともに推せる作品だ。


そこで、「ライアーゲーム」もしくは主演の戸田恵梨香に興味のある
ファンにお薦めな小ネタとして、週間ザテレビジョンで連載されている
戸田恵梨香「Todapedia」を紹介したい。

撮影現場の写真や裏話などを戸田恵梨香が紹介しており、現在連載7回目。
ボリュームこそ半ページではあるが、写真も本文も、読者をちょっと
得した気にさせてくれる内容で、なかなか面白く読める。
松田翔太の話ももちろん出てくる。
毎週変わるTOPの写真が非常に可愛く撮れているものばかりで、
カメラマン(阿部岳人氏)グッジョブと言いたい。w


戸田恵梨香の前の連載は「相武紗季の華麗なる日々」だったが、
こちらも楽しかった。
結構この枠、ささやかにイイ。

Todapedia (c)(株)角川ザテレビジョン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月15日 (火)

「プロポーズ大作戦」がTOPを走る

山下智久と長澤まさみのキスシーンなど、なかなか刺激の強い場面が
見られた第五話
(個人的には平岡 祐太のあの箇所の方が凄いとは思ったが。(笑))

田舎に帰る礼のおじいちゃんを二人で追いかけ、見送るシーンはとても
胸にジーンと来た。
「明日やろうは馬鹿野郎」。
一見すると単純に仕事や勉強における言葉に見えるが、ドラマの話を通じて、
人に伝えることの大切さ、後悔しないように生きることの大切さ、
いろいろな意味が視聴者の胸に刻まれるようになっていた。


自分は現在9本のドラマを観ているが、先日の序盤総評のとおり、
この「プロポーズ大作戦」を1番目に挙げる。
放送開始時の感想でも評価したが、その後も毎週安定したレベルを保っており
安心して観ることが出来る、っていうかコレは毎週必ず観たい。
第五話の視聴率が16.9%、1話からの平均視聴率でも16.6%で、現在
今春ドラマでTOPとなっている。
じわりじわりと上がってきているのは、キャストの人気だけでなく内容が
視聴者に評価されていることの表れだろう。

注文を出すとすれば、毎回のタイムスリップ後の結果が、写真の変化だけとか
微妙すぎて物足りないので、もう少し変化のあるようにして欲しい。
礼が健を見つめる目や表情にも若干の変化を出してはいるものの、
これだけでは作品としての面白みが弱い。

あと心配なのは最終回だ。
今は毎回1話完結的にクオリティーを保っているが、逆を言えば平坦に
進捗していると言うこと。
このままいって、最終回のオチでがっくし、なんてことにならないようにして
もらいたい。



最終回20%超えは可能だ!

Kiss (c)フジテレビ
「笑っていいとも!2007春の祭典SP」の春ドラ対抗戦より

この人形、榮倉奈々に膝枕されたりと羨ましすぎる・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年5月14日 (月)

桜海老

桜海老のシーズン。

そして桜海老といえばもちろん静岡の由比。



東海エリアに住んでいる人なら分かると思うが、ここのところずっと、
テレビの情報番組やらグルメ番組やらで静岡の桜海老が紹介され
まくっている。
そういう季節なのだから仕方ないが、かき揚げ丼の映像のとかもう
旨そうで旨そうで・・・・・。 _| ̄|(ρ:)


今日、横浜の実家へちょっと顔出してきたついでに、手っ取り早く
高速のサービスエリアで食ってきた。
給油の関係で上りも下りも牧之原となったが、今度機会があったら
富士川とか他のところでもいろいろ食べたいな。


Sakuraebi1 牧之原上り・由比桜海老かき揚げ茶そば
桜海老が大きくてぎっしり、衣が控えめなので、桜海老を堪能できる。
そばはもう少し食べ応えが欲しいなぁ。(700円)


Sakuraebi2 牧之原上り・由比桜海老かき揚げ丼
作り置きでなく、その場で揚げたてのかき揚げを載せてくれる。
あつあつ、そして手作り感があってサービスエリアの食事としては嬉しい。
かき揚げのボリュームがすごく、逆に桜海老の密度が弱まってるかも。(700円)


あと下りで、シラス・桜海老かき揚げそばを食べたが、これもなかなか
おいしかった。 (携帯を車に置いたままで撮影できず)
衣はうまいのだが、シラスと桜海老をもう少し多く入れて欲しい。
そばがしゃっきりしていてボリュームもそこそこあり、600円というのは◎。



下りの桜海老かき揚げ丼も食いたかったが、腹一杯で撤退。 _| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

「めぞん一刻」(TVドラマ)

高橋留美子原作の人気マンガ「めぞん一刻」が、テレビ朝日系にて
スペシャルドラマとして放送された。
自分ももちろんコミック全巻持っているが、このマンガは本当に名作。



ドラマの方はほぼ原作に忠実な話で構成されており、また特に映像
重視で見せるような性質のものでもないから、キャスティングが成否の
カギを握る最重要ポイントとなる。
見た限り、なかなかよかったと思う。

管理人さんこと音無響子役の伊東美咲は、「電車男」がよかったように、
清楚でちょっと天然ボケの入った綺麗なお姉さん系の役をやらせると
非常に光る。
「サプリ」でつまずいて勢いを失いかけたが、今回なかなかよかっただけに、
視聴率の結果がどうなるか気になるところだ。
彼女は幅広い役で活躍できる女優ではなく、ある程度限定された
役どころで能力を発揮するタイプということを、あらためて再認識。

五代裕作役の中林大樹は新人ということで未知数だった。
しかし演技もまずまず合格点で、よく見ると男前なんだけど、優柔不断で
頼りない五代のイメージを損なうことなく、視聴者に対するそこらへんの
バランスが取られていた思う。

その他のキャストもなかなかよかった。
坂本役とかはまりすぎだろう。(爆)
しいて言えば、朱美役の高橋由美子はアイドル時代の可愛いイメージが
どうしてもまだ残ってしまうし、朱美のけだるさが足りない気がする。
まぁ、それほど気になるわけでもなかったのでOK。



終わり方はそう来たか!

続編制作が見え見えじゃないか。(笑)
シリーズ化するのだろうか。




原作から端折られた話ももちろんあるので、少し物足りなさを感じる
原作ファンもいるだろうが、全体的には安心して見ることが出来る
仕上がりだと思う。
番組終了後にDVD発売の告知があったから、見逃してしまった人は
是非そちらで。

Ikkoku
(c)テレビ朝日/東北新社クリエイツ/高橋留美子/小学館

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年5月11日 (金)

「グータンヌーボ」里田まい・山本梓

5月9日(水)放送の「グータンヌーボ」(フジテレビ系)は非常に面白かった。
とにかく里田まいの天然ぶりに、スタジオの江角マキコ、優香、内田恭子、
草彅剛が爆笑の連続。
あずあずもかなりぶちまけていて、完全保存版と言ってもいいほど
密度の濃い30分間だった。

里田は笑いを取れるだけでなく、他の事務所の共演者達からも好感を
持たれるなど、アウェイでの強さを遺憾なく発揮している。
すでにヘキサゴン以外の他の番組でも相当に出演が増えてきており、
これは今年のブレイクが見えてきたか!

Gtn1 Gtn2
(c)関西テレビ

Gtn3 ボケている里田にあずあず即突っ込みw

Gtn4 Gtn5
あずあずの恋愛話に対し、食うのに夢中な里田。 スタジオ優香爆笑w

Gtn6 Gtn7_1
どういう受け答えだよw

Gtn8 Gtn9
移動。 3人でリラックスしようとなって、天然ボケ里田

Gtn10 Gtn11
里田の戸惑った返答にスタジオ爆笑(実は江角はDはない)

Gtn12_2 Gtn13
乳談義は乱れまくり・・・

Gtn15 Gtn16_1
ハロプロについては結構真面目に内部事情のことも話していた

Gtn17 (c)関西テレビ

出演者全員、すっかり里田まいのファンになっていた。(笑)

まいちゃんとは、ファンの集いやCD発売イベントなどで何度も握手しことが
あるが、今後は難しくなるのだろうか・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年5月10日 (木)

サルヴァトーレ・ピッツァ

2月下旬、名古屋にもサルヴァトーレ・ピッツァが出店された。
ずっと気になってはいたものの、いまだにちょっと並ばなければならないため
スルーしてきたが、平日のすいてる時間帯を見計らってやっと食べられた。

Salvatore Cuomo氏だけでなく、2003年ナポリPIZZA FESTで
外国人初のチャンピオンに輝いたピザ職人・大西誠氏などを擁している
のが売りだ。

   『PIZZA SALVATORE CUOMOは、ピッツァ発祥の地ナポリの
    伝統的な作り方を守る本物のナポリピッツァ。
    約400℃の炎で一気に焼き上げられた生地は、焦げ目がついて
    香ばしく、焼きたてパンのようないい風味と柔らかさで
    絶妙なおいしさ。
    薪窯でしか味わえない本物のおいしさをお楽しみ下さい。』

Margherita

とりあえずランチのピザセット(1200円・マルゲリータ)を頼んでみた。
ぐはっ、これ1枚一人で丸々食うのか。(汗)
そこそこの大きさに一瞬ちょっとびびったが、生地が薄いので楽勝で
食べられた。
もう1枚いけるな。

パン生地がうまい。
ほのかな焦げ目が香ばしさと豊かな風味を醸し出し、食欲をそそる。
さすが薪窯。
そして意外だったのがそのもちもちした食感。
クセになりそうな食べ心地と旨味。

また、トッピングは非常にシンプルなのだが(トマト、バジル、モッツァレラ)、
逆にその素直な味わいが洗練されていて非常に食べやすい。

本場のピザというから、もっと取っつきにくいものを想像していたが、
間違いなく日本人受けしそうなその味にちょっと驚いた。
あっと言う間に食べてしまった。


まぁ、いろいろ褒めてはきたが、やはり並んでまで食おうとは思わないな。
あとランチで1200円というのは、自分のような独身貴族ならともかく、
所帯持ちのサラリーマンや普通の学生が気軽に食えるような物でもない。
メニュー全般的に少し高め。
各店舗の出店地域がちょっと高級住宅地付近なのはそのためか。



TVドラマの「バンビ~ノ!」みたいに、
「ピッツァ マルゲリータ ウノ!!!」とか言ってくれるのを
密かに期待してたのだが、聞こえなかった。w

ホール店員は「ボンジョ~ルノ!」とか言ってたけどね。
せめて北村一輝に似た人でもいてくれたら面白かったのに・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月 9日 (水)

辻希美と杉浦太陽結婚報道

矢口! またおまえかっ!!!w

モマエどんだけ事務所に迷惑かければ気が済(ry
ハロメンに男を紹介するときはまずオレを紹介しろとあれほど(ry



    デイリーオリコン公式

正直自分は、芸能人のステージ上やメディア上でのパフォーマンスが
重要であって、プライベートにはまったく興味がない人間。
なので、このネタをここに書くのも非常に下世話すぎて恥ずかしかったのだが、
さすがに避けるのは難しいか。

っていうか今日は朝から、得意先やら同僚やら駐車場のおじちゃんやらに
話しかけられまくった。
みんな誤解している。
オレはモーヲタじゃなくてイッパソなんだってば!


杉浦太陽君は「わが歌ブギウギ」で裕ちゃんと共演してるから、
なんどもステージで見ているし、イベントも行った。
関西弁で明るく爽やかな好青年の印象。




結論: 美貴でなくてヨカッタw



いや、ハローのこれまでの「できちゃった婚」率の高さを考えると、
もう他の現役メンバー誰もが胡散臭く疑わしく思えてくる。
もう何でも来いや!
今度の「明石家さんまのヤングタウン土曜日」が荒れそうで楽しみ。( ´_ゝ`)


F25
(c)東海テレビ
ごっちん&ののチームは料理対決でよっすぃ~&ミキティチームに圧勝。
いい奥さんになれよ~

| | コメント (2) | トラックバック (8)

2007年5月 7日 (月)

2007年春の各TVドラマ序盤

いや~、今日の「プロポーズ大作戦」は笑い満載、
また感動シーンもあって非常によかった。

さて、春ドラの序盤各3~4話までが放送されたわけだが、
全体的に視聴率総崩れといってもいい。
ヘタしたらすべて15%以下の可能性もある中、「夫婦道」が
面白い位置に来ている。

この前の初回感想から少し修正。

     ◎・・・まず最終回まで見る
     ○・・・なかなかよさそう
     ×・・・リタイア
     数字は視聴率推移/矢印は前回からの自分の感触

◎ 「プロポーズ大作戦」     19.3 17.1 13.4
      アイドル主演のドラマはコケることが多いため心配だったが、
      山下 智久と長澤まさみを中心に、出演者の魅力を上手に
      引き出しており、同ジャンルの手本となる作品と言える。
      それほどひねりのあるストーリーではないものの、爽やかな
      読後感がクセになる。
      思わず主人公の山pに感情移入して応援している自分がいる。

◎ 「ライアーゲーム」         12.3 12.8  8.7  9.6
      (原作と比べて)展開がせわしないのではという声もあるが、
      この緊迫感は今クール随一。
      主演の戸田恵梨香もよいが、松田翔太の存在感がとにかく光る。

◎ 「セクシーボイスアンドロボ」 12.5  8.7  6.9  7.0
      素材的にはいいものを持っているのに、完成度が甘いのが
      惜しい。  大後寿々花見たさで最終回まで見る。
      中高年層は見そうもないし、視聴率は今後も苦しいか。

○ 「夫婦道」             14.1 13.2 14.4 13.8
      日本国民全員が安心して楽しめるホームドラマ。
      主演の武田鉄矢だけでなく、各出演者がいい働き。
      無性にお茶が飲みたくなる。

○ 「バンビ~ノ!」         16.6 15.0 13.7
      最初はちょっと陰険な雰囲気にドン引きする人が多かった
      かもしれないが、主人公(松本潤)の熱血と今後の活躍を
      見たくなる魅力がある。
      厨房シーンを売りにしている割には詰めが甘い部分も。

○ 「特急田中3号」         11.5 8.7 7.6 8.0
      初回と違って主人公(田中聖)がどんどん空気の読めないキャラに
      なっていって、視聴者が感情移入しづらくなってきている。
      結果オーライな展開もちょっと安直に感じられる。
      キャストの魅力はTOPレベルなので、今後に期待。

○ 「帰ってきた時効警察」     12.8 11.9 10.9 11.4
      相変わらずこの世界観がいい。
      ただ、推理は空想レベルでイマイチ説得力に欠ける。

○ 「喰いタン2」           16.2 13.3 14.9 11.8
      
○ 「エリートヤンキー三郎」   (エリアにより放送ズレ)
      くだらなすぎて爆笑w

  × 「わたしたちの教科書」     14.2 11.3 10.7 10.4
      なんだかんだ言って見てるが、録画してまでは見ない。

× 「冗談じゃない!」       19.4 14.7 13.2 14.4
  × 「孤独の賭け・愛しき人よ」  11.2   9.4  7.4   7.3
  × 「生徒諸君!」           9.4  7.7  5.9
  × 「ホテリアー」           11.1  8.0   8.6
  × 「鬼嫁日記 いい湯だな」    14.6 14.0 12.5
  × 「花嫁とパパ」           14.9 11.3 10.3 12.5

Kuwata プロポーズ大作戦 (c)フジテレビ
エンディングでは桑田佳祐が歌う

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2007年5月 6日 (日)

「情熱大陸」二宮和也

自分が、嵐の中で一番好きなメンバーが実はニノ。
映画「青の炎」やTVドラマ「拝啓、父上様」などいろいろ見てきたが、
役者として評価しているし、バラエティーでもあの笑いの間とかすごく
面白い。(笑)
マイペースで、芸能界にありがちなギラギラしたところを
まったく感じさせないところがまたいい。

そんなわけで今日の「情熱大陸」は、その素顔に触れられる内容で
よかった。

    『ドラマやバラエティー番組の収録現場、海外の映画祭まで、
     4ヶ月間密着し二宮の姿を追う。
     トップアイドル嵐のメンバーとして活躍しながら、俳優としても
     国内外で高く評価されている二宮。
     が、二宮は「ボクは俳優ではございません。アイドルです。」
     と淡々と語り、「最も性に合っている」のはバラエティーだと言う。
     あくまで自分をアイドルと称する二宮の真意はどこにあるのか。』
                         (週間ザテレビジョン番組紹介)

Nino1 Nino2_1
(c)フジテレビ/TBS    モザイク処理申し訳・・・

高い評価を受けた映画「硫黄島からの手紙」の海外記者質問に対し、
ここまで自分の答えをできるのが凄い。(右画像)



応援のために、C1000レモンウォーターを買うぜ!w

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月 5日 (土)

「特命係長・只野仁」3rdシーズン

今春のTVドラマは視聴率で非常に苦戦しているようだ。
それを考えると、前クールの「特命係長・只野仁」3rdシーズン
深夜ドラマにもかかわらず平均14.3%、最終回視聴率が17.0%とか
驚異的だったなとあらためて思う。

この作品については以前も取り上げたので、これ以上特には書かないが、
録画していた残り分すべて見終えて感じたこと・・・・・・・・


安西先生・・・! 「めいどinじゃぱん」に行きたいです_| ̄|○


毎週ドラマ中に出てくるメイド喫茶がマジで楽しそう。w
リアル店舗もあるみたい)

Tadano1_1 Tadano2_1 Tadano3 (c)テレビ朝日/講談社/柳沢きみお

↓メイド役の”りりたん”と”あいみん”(*´д`*)ハァハァ

Tadano4 Tadano5

あいみんこと早美あいちゃんのブログとか見てみたけど、結構更新も
マメでボリュームもあり、ファンの人にはたまらないだろうなと。
もっとハロー系もブログの充実して欲しいよね。



4thシーズン、および映画化が期待されているが、秘書役の櫻井淳子が
産休で長期離脱の可能性もあり厳しいかな。
待ち遠しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

愛知厚生年金会館ホールの魅力

さて、ゴールデンウィークは皆さんどのようにお過ごしだろうか?
自分は、見てないDVDが20枚以上机の上に積んであり、
録画したTVドラマ(前クール分とかw)も相当溜めているため、
もうひたすらその消化に努めようかと思っている。(汗)

なのでどこかに出かける予定はないが、昨日は天気もよかったので、
散歩がてら近くへ買い物に行った。
途中、愛知厚生年金会館前を歩いていると、どっからどう見ても
オタクにしか見えない集団がたむろしている。
家に帰ってネットで確認してみたら、℃-uteの公演だったようだ。

っていうか愛知厚生年金会館のホールスケジュール・・・・

     3日(木) ℃-ute コンサートツアー2007春
    4日(金) Berrys工房 コンサート2007春
    5日(土) 安倍なつみ コンサートツアー2007春

ちょwww
モーヲタ3DAYS凄すぎw

いや~昔の自分なら全部行ってたところだが、華麗にスルー。
その他で言うと、15日(火)、16日(水)の「江原啓之 スピリチュアル・
ヴォイス2007」とか渋い。(笑)



この愛知厚生年金会館、東京や大阪の厚生年金会館と比べて、
いや他のコンサートホールと比べても実は結構いい会場なのだ。

   1)客席とステージが異様に近い
   2)駅のそばにありアクセスが非常に便利

特にステージの近さは圧巻。
立ち上がってみれば、最前列とステージの間は1mくらい?
ライブハウス並の距離で見ることが出来る。

他の会場で最前列チケットが当たり、喜んで行ってみたものの
結構ステージが遠くてガックシ、なんてことはよくある。
でもここはそんなことなく、全国数々の会場でライブ参戦してきた自分が
太鼓判を押してお薦めする。

個人的には、中澤裕子&後藤真希&藤本美貴3人による「Folk Songs3」
ライブで、最前列超至近距離で見られたのが最高の思い出。
(DVD撮影の入った東京会場の、あの距離感はご愁傷様ですとしか
 言いようがない。w)

Folksongs3 Folk Songs3



黒字運営にもかかわらず、なにやら存廃の話があるようだが、
なんとか存続してくれないかなぁと願うばかりだ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年5月 3日 (木)

本仮屋ユイカが茶摘み娘。

今春ドラマの視聴率は軒並み大変なことになっている。
各3話目、暫定1位が「喰いタン2」(14.9%)、そして2位が
「夫婦道」の14.4%とか
、荒れてるなぁ。(爆)
あとはバンビ~ノあたりの結果がまだだけど、またあらためて
この件については書くつもり。

でもこの「夫婦道」、放送前は軽視していた人が多いだろうが、
意外や意外、これまでなかなか地力を感じさせる内容だ。
1~3話の視聴率推移もしぶといし、このまま最終回まで
落とさずいきそうな気がする。

実は自分も1話から結構はまってる。^^
公式ページなんかもチェックしていて、5月2日、埼玉県入間市の
「八十八夜新茶まつり」に、たくませいこ(次女役)、本仮屋ユイカ(三女役)、
鈴木悠人(末っ子役)の3人が参加するとの事前情報。

以前の自分なら遠征行ってたかもしれないが、イッパソとなった
今はとても無理だわ。
あぁ、埼玉は第2の故郷なのに・・・・行きたかったなぁ。
(自家用車はいまだに所沢ナンバーのままな自分w)

そんなわけで、記事を読むだけで我慢した次第。

  →サンスポ
  →公式

安西先生・・・・! ユイカたんを生で見たいです・・・。_| ̄|○

Chatumi (c)TBS

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年5月 1日 (火)

今日は一日「アニソン」三昧 セカンドステージ

ゴールデンウィーク前半最終日の4月30日(月)、
いろいろやることあったのに、NHK-FMで放送されたこの番組
13:00~25:00まで結局全部聴いてしまった。
150曲とか疲れた。 _| ̄|○


それにしても水木一郎は神。


いろいろな懐かしい曲が流れて非常に楽しかったのだが、
やっぱりライブが最高だった。
特に水木一郎の歌の神っぷりはどうだ。
頭をガツーンとやられるようなその衝撃、魂を揺さぶられるような
躍動、それでいて耳に心地よくどんどん入ってくる歌声。
圧倒的される!(汗)

ここまで聴かされると、自分の好きな堀江美都子の歌声も
聴きたかった・・・。

また他の人のライブも、やっぱりうまくてなかなかよかった。
森口博子のライブなんて聴いたの、BS2の「BSジュニアのど自慢」
にミキティが出演したときに、番組観覧で広島まで遠征したとき
以来だ。(爆)
(森口博子が司会で、歌部分は未放送だけど観覧者向けに歌った)

あと、自分は上記番組サイトから、「太陽の子エステバン」のエンディング
「いつかどこかであなたに会った」をリクエストしたが玉砕。
リクエスト4万通を超えたとか言ってたような・・・。w


最後、時間がなくて9曲ほどアカペラ(それぞれ1番だけ)に
なったのだが、これがちょっと終わり方よくなかったかも。
水木一郎と緒方恵美が1曲ずつ交互に歌ったものの、実力差が歴然。
いや緒方恵美は好きな声優なんだけど、ちょっと歌を適当に流し過ぎだろ。
素人の歌にしか聞こえんわ。
あんなのだったら、個人的には水木一郎オンパレードで
気持ちよく締めて欲しかった。
でもまぁ、二人とも長丁場本当にお疲れ様。^^



安西先生・・・!  アニソンが無性に聴きたいです・・・・・_| ̄|○

Urusei (c)高橋留美子/小学館/キティ/フジテレビ

この前のスパンクと一緒にこんなのまで出てきたが、
マジで買った記憶全然ねぇっ!w   (一応モザイク処理)
昔のオレ、一体なにやってたんだ・・・・。
まだまだ押入探せば色々出てきそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »