« 桜海老 | トップページ | 戸田恵梨香「Todapedia」 »

2007年5月15日 (火)

「プロポーズ大作戦」がTOPを走る

山下智久と長澤まさみのキスシーンなど、なかなか刺激の強い場面が
見られた第五話
(個人的には平岡 祐太のあの箇所の方が凄いとは思ったが。(笑))

田舎に帰る礼のおじいちゃんを二人で追いかけ、見送るシーンはとても
胸にジーンと来た。
「明日やろうは馬鹿野郎」。
一見すると単純に仕事や勉強における言葉に見えるが、ドラマの話を通じて、
人に伝えることの大切さ、後悔しないように生きることの大切さ、
いろいろな意味が視聴者の胸に刻まれるようになっていた。


自分は現在9本のドラマを観ているが、先日の序盤総評のとおり、
この「プロポーズ大作戦」を1番目に挙げる。
放送開始時の感想でも評価したが、その後も毎週安定したレベルを保っており
安心して観ることが出来る、っていうかコレは毎週必ず観たい。
第五話の視聴率が16.9%、1話からの平均視聴率でも16.6%で、現在
今春ドラマでTOPとなっている。
じわりじわりと上がってきているのは、キャストの人気だけでなく内容が
視聴者に評価されていることの表れだろう。

注文を出すとすれば、毎回のタイムスリップ後の結果が、写真の変化だけとか
微妙すぎて物足りないので、もう少し変化のあるようにして欲しい。
礼が健を見つめる目や表情にも若干の変化を出してはいるものの、
これだけでは作品としての面白みが弱い。

あと心配なのは最終回だ。
今は毎回1話完結的にクオリティーを保っているが、逆を言えば平坦に
進捗していると言うこと。
このままいって、最終回のオチでがっくし、なんてことにならないようにして
もらいたい。



最終回20%超えは可能だ!

Kiss (c)フジテレビ
「笑っていいとも!2007春の祭典SP」の春ドラ対抗戦より

この人形、榮倉奈々に膝枕されたりと羨ましすぎる・・・・

|

« 桜海老 | トップページ | 戸田恵梨香「Todapedia」 »

ジャニーズ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98614/15086562

この記事へのトラックバック一覧です: 「プロポーズ大作戦」がTOPを走る:

» 今日のNEWSは・・・ [NEWSなため息]
昨日は何かと忙しかったのに、今日は一気に暇だ〜J−Web覗いたり、Net検索したりしかし特に目新しい動きはないね〜そうだ!テゴマスのCDがいよいよ明日発売昨日HEY!HEY!HEY!を見てから、何故かサビの部分が耳について離れない一杯売れるといいね一日遅いけど・・・滝翼が24時間TVの司会に決まったねnanaは何勘違いしたのか、今年はNEWSかななんて期...... [続きを読む]

受信: 2007年5月16日 (水) 07:15

» 榮倉奈々出演 映画「檸檬のころ」とは [榮倉奈々~エンタメスクープ.net]
榮倉奈々出演 映画「檸檬のころ」とは・・・ 新鋭女流作家の豊島ミホによる「檸檬のころ」ロングセラー小説を原作に、高校生たちの揺れ動く多感な心情を描いた青春ドラマ。 監督と脚本は、「檸檬のころ」が初の長編映画となる岩田ユキ。『僕は妹に恋をする』の榮倉奈々と『カナリア』の谷村美月を主演に迎え、共演は映画やテレビでの活躍がめざましい柄本佑と石田法嗣という、今最も輝く10代の才能が集結。 ...... [続きを読む]

受信: 2007年6月 6日 (水) 18:30

» プロポーズ大作戦 第9話 予告 [山下智久+長澤まさみ=プロポーズ大作戦のあらすじ、視聴率、エキストラ]
妖精(三上博)はこれが最後の写真だという。その写真は、吉田礼(長澤まさみ)が多田哲也(藤木直人)のプロポーズを受けたまさにその当日のものだ。岩瀬健(山下智久)はいよいよ最後のチャンスに賭ける!健は当時、新入社員。営業のため、上司...... [続きを読む]

受信: 2007年6月 7日 (木) 15:10

« 桜海老 | トップページ | 戸田恵梨香「Todapedia」 »