« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

積水ハウス環境CM 多部未華子

多部未華子公式ページでも告知されているが、12月30日より
積水ハウスの新CMが流れ始めた。

今回は環境CMということで、環境’08「5本の樹計画」篇と
環境’08「アクションプラン20」篇の2本が用意されており、
宇宙飛行士の毛利衛さんと共演。
詳しくは、積水ハウスサイト内のTVCMギャラリーにて。

地球温暖化に対する意識や取り組みといったテーマを、
やさしい雰囲気で投げかけているのがとてもよい。
特に「アクションプラン20」篇の「まだ間に合いますよね」という
言葉は多くの人の心に響くものだろう。

日曜洋画劇場の「武士の一分」を録画していたら、それぞれの
CMが30秒ずつ入っていたので、早速取り上げてみた。^^



TVCMは世の中に無数にあるけど、多部ちゃんは本当に
作品に恵まれているな。

Sekisui1 Sekisui2
「5本の樹計画」篇と「アクションプラン20」篇  (c)積水ハウス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

「ツナガルココロ 特別版」(ドラマ) 北乃きい

北乃きい主演のドラマ「ツナガルココロ」については以前ここでも
紹介したが、12月29日(土)24:25より、撮影風景などの特典
映像を追加した特別版があらためて放送された。
もちろん今回も中京テレビのみだ。
                          (→前回記事


椎葉さんと薗田が付き合っている話は相変わらずワロスw



今回の特典映像は10分程でなかなかボリュームがあり、
北乃きいファンにはたまらない内容となっている。
そしてさらに、これよりもっと多くの映像が2月20日発売の
DVDで見られるとのこと。
それにしても撮影現場でのこのテンションの高さはスゴイ。(爆)



話の内容はちょっとライトめなので、そこにあまり期待はしない
方がいいかと思うが、作品本編、特典映像と、とにかく北乃きい
ファンはお腹一杯になれること間違いなし。

Tunagarukokorosp 「ツナガルココロ 特別版」
(c)中京テレビ/NTTドコモ東海

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

美山加恋 握手会イベント@ソフマップ

ぐはっ、めちゃくちゃ可愛い。(汗)

先週の銀座福家書店では緊張のあまりガチガチで、生気も
覇気も弱かった彼女だが、さすがに銀座→大阪→秋葉原と
続いて慣れてきたこともあり、今日は元気一杯、表情やトークの
生き生き感がまったく違う。
テレビで見た可愛さ、いやそれ以上の輝きだ!
福家書店のイベントだけ参加したファンにはご愁傷様と
言う他ない。

というわけで先週に続き、「スワンの馬鹿!」など多くの
ドラマに出演している美山加恋のイベントに行ってきた。

今回何がイイって、ちゃんとステージと客席が設置された、
会場イベントという点だ。
なので、握手してはい終わりではなく、ステージ上の司会との
トークや参加者の握手の進行などずっと見ていることが出来る。

相変わらずスタッフの態度は悪いし、司会の芸人は素人レベル
以下のぐだぐだ感で文句も言いたくなるが、最高に可愛い
美山加恋をたっぷり堪能できただけで大きな収穫。

今回、ゲームソフト、写真集、DVDをセットで購入した人は
握手に加え、写真撮影1枚+2ショットチェキという特典だった。
参加者100人~150人くらいだったかと思うが、ほとんどが
セット買いだったのがワロス。w
(自分はもちろんそこまで必死じゃないですわ(´・ェ・`))

握手はちゃんと会話が出来てよかったし、マジで推せるぞ
このコは!



それにしても、12月22日(土)という年末3連休に、しかも
ソフマップアミューズメント館前という秋葉原ど真ん中の
鬼のような人通りの中で、イベント前に入場待機させられる
のは凄いな。w


            (こちらも是非→本人公式ブログ記事

Cerbiatto 「Cerbiatto」(DVD) (c)ブレイン・ストーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

Yuming Films お見逃しなく!

Yahoo!動画にてネット配信されていたYuming Filmsの3作品が、
いよいよ12月29日(土)23:00よりTV初放送(NHK)となる。

新進気鋭の若手監督と旬の役者たちがユーミン(松任谷由実)の
作品の世界観を映像化し、話題となったショートムービーだ。
                          (→紹介サイト

  「リフレインが叫んでる」
    (主演:本仮屋ユイカ)
  「バイバイ、ベアー ~青いエアメイル」
    (主演:多部未華子)
  「新年好(シンニェンハオ)!~A HAPPY NEW YEAR」
    (主演:塚本高史)


番組内では、ユーミンがこのプロジェクトへの思いを語ってくれて
いるとのことで、本編以外の部分での映像が映されることも
ちょっと期待したい。

ショートムービーなので、正直それほど凄い内容というわけでは
ないのだが、ちょっと長めのプロモーションビデオくらいに考えて
観るようにすればいいかもしれない。
それぞれなかなかいい雰囲気を出しているし光る部分もあるので、
とりあえず、ユーミンや出演者のファンならば是非チェックを。^^

Yumingfilms1 (c)Yuming Films製作委員会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

「月刊ネクスト」2008年2月号 多部未華子

三重県の情報誌「月刊ネクスト(next)」2008年2月号の表紙は、
映画「アヒルと鴨のコインロッカー」など、これまでの作品での
評価が非常に高い若手俳優・瑛太。


そして、スペシャルインタービューのコーナーには多部ちゃん
(多部未華子)が登場!
映画「西遊記」のDVD発売のタイミングということで、撮影
エピソードなどのトークが中心となっている。

いや~、写真がイイ♪

最後に、2008年に向けて女優・多部未華子の抱負を聞かれ、
「2008年に私は19歳になるので、最後の十代という貴重な
1年です。 仕事でもプライベートでも、もっともっとたくさん勉強
したいですね。」との返事で締めくくられている。

イベントやライブに行ったり、ブログ書いたり、普段全然勉強して
ない自分が恥ずかしくなってくるわけだがw、ファンとしても、
十代の多部ちゃんをしっかり目に焼き付けておきたいところだ。

(20代の多部ちゃんとか想像すると、これまた最高だなw
 (*´д`*)ハァハァ)

Next0802 Next0802tabe 「月刊ネクスト」2008.2月号
(c)株式会社SDS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

「スザンヌのマーメイドショー!」(DVD)イベント

クイズヘキサゴンなどで、おバカタレントとして現在人気の
スザンヌが初のDVDを発売した。
DVDは、福岡・RKB毎日放送のバラエティー番組の
1コーナーを収録。
水族館を盛り上げるため、スザンヌがサメの泳ぐ水槽で
マーメイドショーを行い、成功させるまでを追っている。

その発売を記念して、12月22日(土)14:00より、
HMV新宿SOUTH店でトーク&握手会イベントが行われ、
自分も参加してきた。



まず何がスゴイって、DVDの発売日からイベント当日までに
配られた整理券だ。
番号がなく、イベントでの立ち位置は早い者勝ちとか。(爆)
イベント30分前からマスコミ記者会見があり、その後に
参加者へのスペースが解放されるわけで、店内イベントだから
めちゃくちゃ雑然としていた。

自分はそれが嫌で左サイドに陣取ったのだが、ここが当たり
ポジションで(゚Д゚ )ウマー。
スザンヌの入退場通路だったため、節目のたびに、まさに自分の
隣(距離30センチ)を何度も往復していく。w
しかもステージ上のスザンヌの全身が見える視界の良好さで、
記者会見の模様やトーク、クイズなどをたっぷり堪能し満足♪

そして握手会開始、様子をしばらく見ていて気付いた。
スザンヌのファンって、イケメン(高校生、大学生)比率が
なんか高いんだけど・・・・。(汗)

顔だけじゃなくてファッションもオシャレ。
自分は毎週のようにイベントやライブに行っているが、どこでも
ヲタばかりなのに、これはあり得ない光景だ。(汗)
今時の若い男子にはスザンヌみたいなのが人気なのかしら。^^;
まぁ、新宿のタカシマヤタイムズスクエアという客層のせいも
あるのかもね、当日にDVD買えば参加可能だったし。
あ、もちろんヲタも一杯いたよ。( ´_ゝ`)

司会の芸人が結構なマイク音量で延々としゃべり続けていたため、
握手での会話はお互いの顔を近づけないと聞き取れなかった。
スザンヌがこっちに顔を寄せてくれるので、そういう意味では
ケガの功名と言えたのかな。(笑)
スタッフに煽られることもなく、結構話せてGOOD。
サイン入りポストカードをもらって会場をあとにした。



なかなか感じのよいコだった。^^

 (→スポーツ報知記事)(→動画ニュースDUNK(視聴期限あり))

Suzamermaid (c)RKB毎日放送/TBSサービス

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

中澤裕子クリスマスライブ2007

奇跡が起きた。(汗)



裕ちゃん(中澤裕子)のライブは、ダブルアンコールが
あったり、いつも予定より軽く30分や1時間は押すので、
遠征組は新幹線の終電に間に合わないのがデフォ。
ファンなら誰もが、宿泊や深夜バスなどを予約している。

今回、ダブルアンコールの裕ちゃんのマイクなし挨拶を見届け、
横浜BLITZから高島駅へダッシュ、そして乗り換えもダッシュで
飛び乗り、ギリギリ最終の新幹線のぞみ(新横浜21:38発
新大阪行)に間に合うとか。(爆)



いや、やっぱり裕ちゃんのクリスマスライブは最高♪
(今年は12月16日(日)15:00と18:30の横浜2公演)
本当に来てよかった。
セットリストを見れば分かるように、これまでの10年の軌跡
という趣旨からハローのノリのいい曲が多かったため、久々に
こちらもふくらはぎが筋肉痛で痛くなったw
参加者それぞれが楽しめたんじゃないかと思う。
以下、ちょっと分類してみた。

  ■ゆゆヲタ歓喜
  「強がり」 (演奏はギターのみ)
  「グリーティングカード」 (ライブでは初披露)
  「HAPPY HAPPY Xmas NIGHT」 (裕子作詞で初披露)

   この3曲、マジで最高。(涙)

  ■懐古厨涙
  「ふるさと」 (オリジナルバージョン)
  「くちづけのその後」 (モーニング娘。)
  「ワガママ」 (モーニング娘。)
  「好きで×5」 (モーニング娘。)
  「赤い日記帳」 (赤組4)
  「GET」 (平家みちよ)(オーディション最終課題曲)

   GETを聴くと、落選組・兜森雅代を思い出してしまうオレw

  ■DD大満足
  「シャボン玉」 (モーニング娘。)
  「白いTokyo」 (ZYX)
  「聖なる鐘が響く夜」 (タンポポ)
  「王子様と雪の夜」 (タンポポ)
  「ぴったりしたいXmas」 (プッチモニ)
  「赤いフリージア」 (メロン記念日)
  「歩いてる」 (モーニング娘。)

   ピタクリで「L~O~V~E~ ラブリー裕子!」が激しく
   楽しい♪

  ■定番曲
  「DO MY BEST」
  「うらら」
  「二人暮し」
  「だんな様」
  「東京美人」
  「GET ALONG WITH YOU」

   GAWYでは、昼夜公演両方で感極まり涙したゆゆたん。
   ちなみに昼公演は、礼子さん(ゆゆママ)も見に来て
   いた模様。




今回ももちろんバンド演奏だった。
メンバー紹介の際、ドラムスの人は渡辺満里奈(おニャン子
クラブ)のライブに参加していたキャリアをもつという話になった。

自分、当時満里奈のソロライブに参戦していたんだけど、
まさかあの時のドラムの人じゃないよなwww

Majixmas (c)bayfm
会場のマジアサ!コーナーで配布されていたクリスマスカード
(右は一緒にパーソナリティをつとめる松風雅也さん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

南明奈「アッチーナ」(DVD)発売イベント

フジテレビの「めざましテレビ」他に出演し、来年の一層の飛躍が
期待される人気グラビアアイドル南明奈。
彼女のDVD、「アッチーナ」の発売記念イベントが12月15日(土)、
石丸電気SOFT1で行われるということで参加してきた。



イベントでは撮影タイムがあり、参加者が8人ずつの組になって
順番にステージ前へ行き、60秒与えられる。


200人以上の参加者の中で、カメラを持ってきて
いないのは、ボクともう一人だけでしたwww



今後は、100人に1人の男と呼んでくださいw
いや、撮影ありなのはもちろん知っていたが、自分は握手と
トーク以外興味ないし、いつも手ぶらで遠征してるので、荷物を
増やすのは嫌だったんだよ。(汗)
(リュックとか持ってオタクっぽく見られるの嫌なので、いつも
手ぶらw)

60秒間、自分はアッキーナに見とれて突っ立っているだけ。
っていうか、それぞれの撮影者に向けて3秒ずつくらいのペースで
ポーズをとってくれるのだが、自分完全スルーされてる。(ノ∀`)
せめて、こっち向いて手を振ったり笑顔を振りまいたりしてくれても
いいのに・・・・。
厳しい芸能界を生き抜いてきたほしのあきとか若槻千夏あたり
だったら、こういうとこ、もう少しきちっとやってくると思うぞ。
イッパソの自分にはちょっと敷居の高い雰囲気があったかな。


とはいえ、握手ではとても気さくに会話をしてくれて好感が持てた。
またイベント全体のボリューム感が結構あり、DVD代払うだけで
これなら、ファンの満足度も高いだろう。

握手会後半、参加者全員に渡されるサイン入りDVDカバーが
足りなくなり、一時中断して急遽追加でサインを書き足すことに。
その間スタッフの人が、会場に貼ってあるパネルやポスターを
プレゼントするジャンケン大会を開催。
ハプニングを逆手にとって対応する、ファンへのサービス精神が
感じられる、非常にいいスタッフ(マネージャー)だったと思う。




事前にヲ友達の某氏から、カメラ持ってなくてもエアカメラが
結構ウケておいしいぞとアドバイスをもらったものの、そんな
度胸はないからw

Acchina 「アッチーナ」 (c)FOR-SIDE CUTIE

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月21日 (金)

「auショッピングモール」TVCM 相沢紗世

2007年クリスマスCMは、多部ちゃん(多部未華子)の
ユニクロ「あの人にもクリスマスを プリントフリース篇」が
イチ押し。


そして、実はちょっとだけもうひとつ気になるのが、相沢紗世の
「auショッピングモール」だ。

高杉さと美「雪星」の軽快で心地よい歌が流れると、何か
別のことをしていても、ついついTVの方を向いてしまう。

さらに何が気になるって、相沢紗世のあの動き。
小学生がど派手な本格的ダンスを繰り広げるこのご時世に、
彼女のもの凄いシンプルなステップが気になって気になって、
もう画面に釘付け!w
いや~、このCMは中毒性があってコワイぜ。(汗)



高杉さと美の公式サイトで今、CM動画が見られるのでお奨め。
 (視聴期間終わったらスイマセン)

  →高杉さと美公式  (音が出るので注意)

Auaizawa (c)KDDI

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

「ジョシデカ!-女子刑事-」(ドラマ)

うわっ、思いっきり地雷ドラマだ。(汗)  _| ̄|○



このブログでは、できるだけ良かった点と悪かった点を
書くようにしてるのだが、今回は久々に辛口にしか書けない。
いや、連ドラの場合、面白くなければいつも途中でリタイアするし
記事に書きすらしないのに、仲間由紀恵のチェックだけでついつい
最後まで見てしまった。
今、激しく後悔している・・・・。


第1話はよかった。
各作品序盤感想でも書いたとおり、泉ピン子と仲間由紀恵の
掛け合いが非常に楽しく、女性刑事のコンビという設定も面白いと
思った。
名(迷)コンビ誕生でシリーズ化も可能か!?と思わせる期待感が
あった。
しかし第2話以降、コンビとしての機能や掛け合いが一気に消滅
していき、さっぱり面白くなくなった。
こういうのは、もっといい意味でのパターン化の楽しさを構築すべき
なのに、崩壊しまくっている。
そして仲間由紀恵が全然可愛く撮れてないのが不満だ。
髪の毛が顔にかかるシーンが多く、見ていて鬱陶しい。(汗)

話の内容もそうだ。
小さな事件を毎回解決しつつ、大きな事件は次回に引っ張られる
という展開はなかなかいい感じがした。
しかし、脚本がお粗末で、毎回最後の方だけ不自然に盛り上げ
ようとするのにはうんざりだし、結局謎もたいしたことなかった。
シリアス路線でいくなら、このキャスティングはまったく合っていないし、
もっと若年層受けする役者を使わないとダメだ。
逆にこのメンバー(泉ピン子、片平なぎさ、リュ・シウォンら)でいくなら、
もっと内容を中高年層狙いにするべきだろう。

とにかく完成度が低すぎる。



よかったのは、警察学校時代のショートカットの仲間由紀恵。
いや、コレはイイ♪ (*´д`*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「玄品ふぐ」TVCM 中澤裕子

12月15日から、「玄品ふぐ」の中澤裕子出演TVCMが
関西エリアで流れている。

最近は、ピンでCM起用されるハロプロメンバーはあやや
(松浦亜弥)くらいしかいない中、ローカルとはいえ、さすがだよ
裕ちゃん♪ (*´д`*)

っていうか、オモロ過ぎるwww
             (→「玄品ふぐ」CMコーナー



先週のクリスマスライブ(横浜)のレポも書かないとな・・・・・・。
23日にはディナーショー(東京・上野)が待っているし、
遠征続きで忙しいわ。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

「ガリレオ」(ドラマ)

2007年秋のドラマでダントツ視聴率の「ガリレオ」(フジテレビ)が
最終回の放送を終えた。
意外にも最後は20%を割ったが、第1話から安定して20%前後を
維持していたのがとにかく凄い。

福山雅治、柴咲コウをはじめとした強力なキャスティング、
そして超常現象のような事件を仮説と実験の科学的アプローチで
解決していく話は、多くの視聴者を引きつけた。
毎回のゲストも話題性十分で、以下の通り本当に豪華だった。

   1話  唐沢寿明    24.7%
   2話  虻川美穂子   22.1%
   3話  広末涼子    21.3%
   4話  香取慎吾    23.6%
   5話  大後寿々花   22.9%
   6話  堀北真希    21.4%
   7話  深田恭子    21.9%
   8話  釈由美子     19.9%
   9話  久米宏      21.7%
  10話  久米宏       19.6%    平均視聴率 21.9%

ちなみに第8話は、野球北京五輪アジア予選最終戦(対台湾)
という強力な裏番組があったにもかかわらず19.9%と健闘。

この中で自分が印象に残ったゲストは、まず初回の唐沢寿明。
さすが実力者、怪演ぶりが凄い。(汗)
そして、これまでおっとりお嬢様キャラの役どころのイメージが
定着していた深田恭子が、第7話で犯人役をやったのは非常に
新鮮でよかった。
欲を言えばもう少しインパクトのある表情を一瞬入れて欲しかったが、
間違いなく、彼女は今後の演技の幅が広がったと思う。



すでに映画化も決定しているようだが、またテレビで続編が放送
されることを期待したい。

Galihukada 「ガリレオ」 (第7話 深田恭子)
(c)東野圭吾/文藝春秋/フジテレビ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

「job aidem」多部未華子

仕事で外回りをしていて、昼食を取ろうとジャスコに入ったら、
入り口の無料冊子配布コーナーに噂の「job aidem」が。(爆)

多部未華子公式ページで掲載が告知されていたものの、
自分は雑誌とか写真にはあまり必死でない方なので、頭に
入れている程度だった。
名古屋でも「job aidem(名古屋周辺・西三河版)」がちゃんと配布
されてるのね。w

その202号(12/17)では、多部ちゃんのインタビューと写真が
4ページに渡って掲載されており、内容もなかなかしっかりして
いて、ファンも満足できる記事だ。



駅やお店で見かけたら、ぜひ手に取って見てもらうことを
お奨めしたい。^^

Jobaidem1 Jobaidem2 (c)(株)アイデム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

美山加恋1st写真集発売記念握手会

ドラマ「スワンの馬鹿!」や「モップガール」などで現在活躍中、
名子役から若手女優としての成長を続ける美山加恋。
彼女のファースト写真集「Karen」の発売記念握手会が
銀座福家書店で12月15日(土)13:00より行われ、参加してきた。

美山加恋はこの前11才になったばかり、さすがの自分も参加
するのにちょっと躊躇する対象だが(汗)、年齢から言えばBerryz
工房のりしゃこ(菅谷梨沙子)や℃-uteのまいまい(萩原舞)と
ずっと前に握手したときの方が年齢的に下だったかと思う。

さて、おなじみ銀座福家書店に到着すると、
「えっ(汗)」
20人くらいしか店の前にいないとか、オレ日程間違えたか?(汗)
この前の皆藤愛子など、いつもは歩行者天国の通り一杯に男で
あふれかえるのにw、今日はその光景がない。

番号は多分700番くらいまでありそうだけど、実際は200人くらい?
2階店内でのいつもの蛇行の列もなく、ストレートに握手の場所へ。

なんだ?
この程度の人数でなんでこんな高速なんだ。(汗)
一人5秒くらいでどんどん進行しており、係員が「ありがとう
ございました」と流れを煽っている。

ぐはっ、生加恋小さいw
自分は煽られることなくそれなりに話せたものの、本人がブログで
書いているとおり、緊張していて表情が硬い感じ。
年齢が年齢だし、こちらも無理な会話はしなかった。^^;
公式ブログにも感想が載っているのでどうぞ。 →こちら

とにかく美山加恋が最高に可愛いかったし、基本的には参加
できてよかったと満足だけど、握手会を無数にこなしてきた
自分から見て、今回の進行は「?」がつく。

参加人数少なめで、各番号帯の集合時間が前倒しになるほど
間が持たない余裕の状況なのに、なんであんなに進行に
プレッシャーをかけて雰囲気が悪いんだろ。
他の握手会はスタッフもともに笑顔で出迎えるところが多く、
参加者に対するもてなしや感謝の気持ちがもっと表れている。

また、一部追加整理券の人だけサイン無しなのだが、あの程度の
人数だったら融通きかせて用意することも可能だった気がするし、
ファンを喜ばせようという気持ちをもう少し出してほしかった。

写真集の方は、非常に良質なショットばかりでページ数も多く、
なかなかの出来。
注文をつけるとすれば、もっとメリハリとインパクトがほしいのと、
値段を安くしてほしかった。
この値段じゃ、買うのはほとんど大人ばかりになるかと。w



美山加恋は今後も注目していきたい若手女優だ。

Karen (c)ブレイン・ストーム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「めざましテレビ 広人苑」三浦春馬

「めざましテレビ」(フジテレビ)、12月17日(月)の広人苑は
三浦春馬が取り上げられた。
映画「恋空」がヒットし現在ブレイク中の彼のこれまでの役者
人生を紹介、中野美奈子アナがインタビューした。

中野アナも言っているが、17歳でこの落ち着きぶり・・・・・
圧倒的に年上な自分より断然貫禄あるかも。(爆)
まぁ笑顔が少年っぽい輝きがあるのでちょっとホッとするが、
世の女性はこのギャップに惹かれてしまうんだろうな。
いや、これは人気になるのが分かるし、将来性を十分感じさせる
雰囲気と魅力だ。



写真集発売記念握手会の模様。
 もちろん女性ファンで一杯。

これまでの経歴。
 4歳から児童劇団に所属、7歳頃から映画やドラマに出演。
 大河ドラマ「武蔵」(2003年NHK)の映像。
 ドラマ「14才の母」(2006年日本テレビ)の映像。

映画「恋空」撮影風景とその時のことについてインタビュー。

来年公開の映画「奈緒子」で上野樹里と共演、その映像。

来年公開予定の映画「ネガティブハッピー チェーンソー
 エッヂ」の映像。 作品中で将来性ある歌声を披露。
 (以前、自分も「恋空」感想で声の良さについて書いたが、
  歌もいけるだろう、これは。)

12月14日誕生日の中野美奈子へ、三浦春馬がお祝いと
 プレゼント。
 事前に三浦春馬が、自由が丘のモンサンクレールで飴細工の
 ジュエリーリングを手作りし、サプライズプレゼントとして用意。

役者として今の楽しさや今後についての話。



中野美奈子はプレゼントに感激して泣いたわけだが、やはり
女性へのプレゼントは今、飴細工が流行りなのか!?w

Koujinenmiura1 Koujinenmiura2
「めざましテレビ」 (c)フジテレビ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

「グータンヌーボ」梅宮アンナ・スザンヌ

今日はフジの、「ジャンプ!○○中」(22:00~)と「グータンヌーボ」
(23:00~)が非常に面白かったのだが、毎週自動録画設定に
している裏番組の「働きマン」が変則時間だったあおりで、こちらは
録画できず、やむなくリアルタイム視聴・・・・・・。



いや、スザンヌの天然ぶりはいつもながらスゴイ。

番組のトーク中に寝るとかワロスwww

まぁ今ブレイク中だから仕方ないのかもしれないが、ひょっとして
仕事忙しすぎなんじゃ・・・。(汗)
それにしても、里田まいが出演した時も面白かったけど、ヘキサゴン
3人娘はホント見ていて飽きない。(笑)
また、仲良しのゆうこりん(小倉優子)とは普段どんな話をしているのか
という問いに、将来の話とか意外にまじめな内容とのこと。
どういう感じかみんな聞いてみたいよね。^^



あと梅宮アンナは相変わらずカッコイイ。
男が見ても女が見ても、ルックス、生き様、さすがのかっこよさだ。




というわけで、今回は画像は無しで。( ´_ゝ`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

多部未華子 ユニクロCMロングバージョン

先日このCMを取り上げたときは、まだユニクロ公式サイトのCM
コーナーは準備中だった。
やっと更新されて、作品名も、「あの人にもクリスマスを プリント
フリース篇」と判明。

もちろん公式サイトには動画がUPされたが、嬉しいことにWEB
限定ロングバージョンも公開されている。
(さらにメイキング映像も是非追加お願いします!w (要望))


ロングバージョンは、多部ちゃん(多部未華子)をよりたっぷり
堪能できるのが最高♪
ただ、15秒や30秒という短時間で繊細な心情表現をできる
その才能こそが多部未華子の真骨頂であり凄さであるので、
むしろTV版の方がビシッと締まった感じがして完成度の高さを
感じるかも。



スペシャル版動画を用意してくれたユニクロさんに感謝しつつ、
たまにはユニクロで買い物でもしてみるかな。w

             (→ユニクロ公式 ※音が出るので注意)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

ポッキーTVCM「はじけてチャレンジ!文化祭篇」新垣結衣

仕事が忙しい時の更新は、たんまりストックしてあるCMネタで
サクッと乗り切るに限る。( ´_ゝ`)
(HDD-DVDレコーダーにCMフォルダ作ってるからなw)



というわけで、今さらだがガッキー(新垣結衣)が出演している
グリコポッキー「はじけてチャレンジ!文化祭篇」を。

直近で放送の「アスレチック篇」より、ずっとこっちの方が好きだ。
多部ちゃんのCMの時にも触れたけど、ショートストーリーものは
見ていて楽しく、何よりガッキーはやはり制服が似合う。
ドラマ「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」や「パパとムスメの7日間」でも
最高に可愛かったし。



ちなみにポッキーのCMは岡田将生の「はじけてチャレンジ!
バイト篇」もある。

岡田将生はオレにとって天敵だ。
いや、確かにカッコイイと思うし役者としても評価できる。
しかし、映画「天然コケッコー」で夏帆とキスしまくったこの男を
オレは一生許さねぇっ!!!www





まぁ冗談は置いておき、グリコのサイトはなかなか充実していて
楽しいので、是非一度どうぞ。^^      (→ポッキーサイトCM

Pockybunkasai (c)グリコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

「アッコにおまかせ!」紅白歌合戦完全攻略

今日の「アッコにおまかせ!」(TBS系)は、紅白歌合戦の話題や
データなどを特集、なかなか面白かった。
前日のラジオで和田アキ子が、「今回の出場者は知らない人が多い」
といったことを話していたのが伏線にあり、特にこのシーンは爆笑。↓



紅白初出場のすぎもとまさと氏(作曲家)の話題になった時、

   「アッコさん(このかた)ご存じですか?」
   「いえ、全然知らない・・・。」

と答えたところ、和田アキ子のこれまでのCDで「待ちわびて」と
「つれづれ恋人」の2曲(前者はシングルA面曲)は、すぎもと氏の
作曲ということを番組が調べ、パネルで公開された。

和田アキ子土下座で平謝りwww

スタジオめちゃくちゃ盛り上がってオモロかった。(爆)
業界のことはよく知らないけど、歌手と作曲者ってそんなに面識
ないものなのかしら。
でもこの番組のノリ、好きだなぁ~。^^




また特集の中で、昨年末から今年の年末にかけて約1年間の
オリコンチャートが取り上げられていた。

ジャニーズつえーw

Kohakuoricon 「アッコにおまかせ!」
(c)TBS  (c)オリコン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

「ユニクロ クリスマスギフト」TVCM 多部未華子

多部未華子公式サイト内の「tabesha!」で、CM撮影の話が
以前さらっと触れられていた。
どこの会社のCMかは分からなかったが、とうとう放送が始まり、
ユニクロだったことが判明。

あぁ.....多部ちゃんが30秒.........

ごちそうさまでした。 (*´д`*)満足





もしまたいつか多部ちゃんと握手する機会があったら、

   オレ    「オレ北海道へ転勤するんだ」
   みかこ   「じゃぁもうお別れだね( ´_ゝ`)」

と冷たく突き放された後、優しくサインを渡してくれる・・・・・・
なんてツンデレなやりとりをしてみたいような、してみたくないような。w

Uniqlotabe1 Uniqlotabe2
(c)ユニクロ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

名古屋駅前イルミネーション

書くネタは一杯あるのだが、仕事が忙しくて更新が厳しい。(汗)
ここはアイドル・タレント関連ブログではあるけれど、とりあえずつなぎで
この時期の風物詩、名古屋駅前クリスマスイルミネーションでもどうぞ。w

Nagoya071 Nagoya072

Nagoya073_2

見る時間によって花火が上がったりサンタが登場したり、結構楽しい。

(PHSで撮ったから画質は期待しないでください。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

第58回NHK紅白歌合戦出場歌手発表

第58回NHK紅白歌合戦の出場歌手が発表された。
                        (→NHK紅白歌合戦



う~ん、これといって特に強く見たくなるような要素はないかな・・・。
とりあえず気になるところを簡単に。

紅組は、しょこたん(中川翔子)に注目!
変に父への感傷を出すことなく、思いっきり弾けたしょこたんに
期待したい。

ハロプロは相変わらずごちゃまぜで、一般視聴者はもう誰も
メンバーの顔を認識できないだろう。
正直自分もこういう路線にはだいぶ興味が薄れた。
(里田まいのヘキサゴンユニットはもう少し売れていれば出場の
 目もあったと思うのに・・・)



白組は、w-inds.だ。
w-inds.は出す曲出す曲非常にクオリティが高いにもかかわらず、
あまりテレビに出演させてもらえないからな。(諸事情でw)
彼らのパフォーマンスを生映像で見る機会はそうそうない。

そして馬場俊英
実は自分ずっと前からCDとか聴いてたりするのだが、世間の
注目度がここのところかなり高まってきた。
おそらくダイドーのCM曲「スタートライン」を歌うと思われるが、
個人的には「ボーイズ・オン・ザ・ラン」が大好きなので、こっち
歌ってくれないかなぁ。
馬場俊英の歌は、歌詞がギュウギュウに詰め込まれた凄く長い
ものも多く、この人よく覚えられるなと思う。(笑)



まぁいろいろ書いたが、格闘技を見る可能性の方が高いかも。(爆)
(結局ジャニーズカウントダウンのチケット申し込みもしなかった・・)

Baba 「BOYS ON THE RUN 4SONGS」
(c)馬場俊英/フォーライフ

(持ってるCDをそのままスキャンしてみたw)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

栗山千明 JAバンク三重TVCM

栗山千明というと、これまでの出演作品や資生堂などのCMで
「クールビューティー」というイメージが強い。
自分はそういう路線の女性には惹かれない方なのだが、ドラマ
「特急田中3号」のヒロイン役などは弾けた感じがなかなかよくて、
以後結構気になるようになった。


そんな、ちょっと可愛らしいキャラクターを演じる栗山千明を好む
なら、JAバンク三重のCMは外せないだろう。
もう何年もイメージキャラクターを務めており、CMが流れると
いつもついつい見入ってしまうわ。^^
現在展開中のウィンターキャンペーン篇も、ピンクを基調にした
柔らかな雰囲気がGOOD♪  (→CMページ



東海在住の地の利を生かして、JAバンク三重のコネを探してみるか。
ポスターくれと。w

Jamie (c)JAバンク三重

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

皆藤愛子サイン本手渡し握手会@福家書店

「めざましテレビ」(フジテレビ)のお天気コーナーで人気の皆藤愛子。
彼女の初写真集「あいこ日和」(小学館)発売に伴い、12月2日(日)、
銀座福家書店でサイン本手渡し握手会イベントが行われた。

11月19日(月)の整理券配布開始とともに限定1000枚の
予約販売(前払い)が即日終了。
福家書店は毎週多くのイベントを開催しているが、整理券配布が
即日でなくなるのはよほど人気のタレントの時くらい。
お天気のお姉さんってそんなに凄い人気なのか。(汗)
ちなみに自分は会員枠があるので、翌日の会員締め切りまでに
申し込めばよく、無事確保できた。^^




銀座福家書店に到着。
オシャレな買い物客で賑わう週末の銀座の大通りに、イベント
待ちの男が群れている光景は相変わらず違和感があるなぁ(笑)と
いつも思いながらも、順番通りに店内へ入る。

そして自分の番に。
ぐはっ。
実物の可愛さはアイドルや若手女優のそれとまったく遜色なく、
コレは人気になるわけだわ。(汗)
正直、自分はそれほどファンというわけでもなく、知識もないまま
今回参加したのだが、あまりの輝きにちょっとあせった。
(といいつつ新幹線で遠征してきたがなw)
しかもちゃんと一人一人に対し違うリアクションで、明るく丁寧な
対応がきっちりできていて好感度高し。

スタッフに流されてる人もいたが、自分は何故かせかされることなく、
時間をもらえてたっぷり話せた。w
明日のめざましテレビは芸能コーナーもチェックする約束をしたので、
録画セットしておこう。

ちなみにこのイベントの前に別のところで試写会舞台挨拶を
やってきていたらしく、福家書店での服もこんな感じ(サンスポ)だった
ような気がするが、また明日ニュースで取り上げられるかもしれない
から、そこで確認かな。^^;



さて、写真集についてだが、変に奇をてらったりせず、愛ちゃんの
爽やかな魅力を素直に引き出していて好感が持てる仕上がり。
四季折々でのいろいろな表情や動きが詰め込まれており、飽き
させない内容だ。 (裏表紙とかイイ)
また水着というような水着こそないものの、テニスウエア姿や
爽やかな太ももは見られるのでそれはそれで貴重だろう。( ´_ゝ`)
三つ編み最高♪

ひとつだけ不満点を挙げるなら、めざまし史上最強との呼び声も高い
ツインテールのショットがないことか。
そこは押さえておいてくれよ小学館・・・・。_| ̄|○



付属のDVDも30分ほどの映像があってボリュームたっぷり、
2625円(税込み)は決して高くないと思う。

Kaitou_2 「あいこ日和」 (c)小学館/西田幸樹

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

多部未華子オフィシャルサイト サイン会画像

ここはアイドル・タレントの話題を幅広く扱っているせいか、もうネタが
ありすぎて、1日3記事くらいのペースでないと書きたいことが
書ききれない感じだ。(汗)
しかしそんなことをしたらリアル生活が圧迫されるので、もちろん無理。
ネタの取捨選択の都合で、必ずしも鮮度のあるタイミングで書けない
こともしばしばあるので、そのへんはお許しを。



さて、多部未華子オフィシャルサイトが大きく更新された。
特に注目はサイン会の時の画像で、いやコレは可愛い。(汗)
 (→公式ページ)(「ススム」で次々見られます)
ぶっちゃけ、サイン会の現場では自分も頭が真っ白になっていた
だけに、こうやって記録を公開してくれると、その時の記憶が呼び
起こされ本当に嬉しいわ。^^



多部ちゃんの公式サイトを初めて見ると、「なんつ~見づらいクセの
あるサイト(汗)」と大半の人がイラつくが、慣れてくると何ともなくなって
くるな。(爆)
むしろ、他の人と違う個性が多部ちゃんらしくていいやとさえ思えて
くるから不思議だ・・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »