« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

「奈緒子」(映画)

10年くらい前まではジョギングが好きで、平日10km、
休日25km走っていた。 (毎日はもちろん無理)
最近は全然だが、映画を観てまた走ってみたくなるな。



   同名の人気コミックを映画化。
   喘息の奈緒子(藤本七海)は、長崎で療養中、
   誤って海に落ちてしまい助けられるが、助けた男は
   命を落とした。
   数年後奈緒子(上野樹里)は、陸上界のホープと
   期待される、男の息子・雄介(三浦春馬)と再会する。
   あの時の事故以来、二人の時は止まったまま・・・。
   そんな複雑な事情を知った陸上部の監督(笑福亭
   鶴瓶)が奈緒子をマネージャーに招き入れる。
   高校駅伝長崎代表を目指す、部員達との忘れられ
   ない夏が始まった。
                            (→公式

かなり素直に作られた青春ストーリーと映像だなという
のが感想。
まず不満点から先に言うと、それぞれの登場人物の
生き様や思い、セリフなど、描き方が弱すぎて重みがない。
素材的には十分可能性をもっているのだから、もっと
それらを詰め込み、感動的に魅せることができたはずだ。
映画という限られた容量を考慮しても、内容が浅い。
駅伝のレース展開もちょっと無理があって、コミカルにさえ
思えてくるのはいただけない。
それと、言葉遣いを始め、もう少し長崎色を出して欲しかった
気もする。

逆に、ライトはライトなりにスッキリと非常に観やすかった。
変に奇をてらった展開や映像ではなく、実直に描いている
のは悪くなく、好感が持てる。
走りの映像も、なかなか躍動感と臨場感があったと思う。

何より、キャストの面々が素晴らしかった。
特に上野樹里、三浦春馬の存在感はさすがで、セリフは
控えめながらも、雰囲気による表現がよくできている。
個人的には、もちろん上野樹里も可愛かったが、奈緒子の
子供時代を演じた藤本七海と、もう1人のマネージャー役を
演じた佐津川愛美が、ともに美少女っぷりを発揮していて
目の保養になった。w
佐津川愛美はガッキー(新垣結衣)と高校で同じクラス
だったようなので、多部ちゃん(多部未華子)とも友達の
可能性はあるな。(・∀・)



RYTHEMの「首すじライン」(映画挿入歌)やポルノ
グラフィティの「あなたがここにいたら」(映画主題歌)は、
映画中で聴くとなかなかイイ。

Naoko 「奈緒子」 (c)2008「奈緒子」制作委員会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

「CanCam」TVCM 山田優・蛯原友里・徳澤直子・西山茉希

毎朝「めざましテレビ」(フジテレビ)を見ていると、女性
ファッション誌「CanCam」(小学館)の新CMが流れている
のだが、コレは凄い。(汗)

山田優、蛯原友里(エビちゃん)、徳澤直子、西山茉希と
人気モデル4人が勢揃いした映像は圧巻で、そりゃ男性
視聴者も女性視聴者も目を奪われるわな。
可愛らしさ、爽やかさ、上品さ、絶妙なバランスとセンスの
よさで、さすがCanCamと思わせられる。

CanCam.TVにて、放送中のCM動画が観られるだけでなく、
ウェブ限定版やメイキング映像も楽しいので是非ご覧を。^^




「nicola」(新潮社)でも、岡本玲とか寺本來可らを使って
こういうCMやってくれないかしら。w

Cancam08sp 「CanCam」 (c)小学館

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年2月27日 (水)

「ドラリオン」 モーニング娘。

入り口でモーニング娘。とハイタッチしながらの入場。
愛ちゃん(高橋愛)、ガキさん(新垣里沙)と先輩順に続く。

アレ?(汗)

最後のリンリンが尋常でない可愛いさでビックリだ。(汗)




とても人間業とは思えないパフォーマンスが世界中を魅了
しているシルク・ドゥ・ソレイユ。
現在日本で公開中の「ドラリオン」、2月22日の公演は
モーニング娘。とのジョイントということで行ってきた。

さて、冒頭に戻るが、自分はさゆ(道重さゆみ)とみっつぃ~
(光井愛佳)推しなので、リンリンとか全然意識してなかった
のだが、今回の9人の中で一番記憶に残るインパクト。
う~ん、普段映像とかで見るとそれほどでもないのに・・・。
メロン記念日のまさお(大谷雅恵)が、握手会で目の前に
してみると異常に可愛くてビックリというパターンと一緒か?^^

そのまま、特典の写真(4枚セット)を受け取り、席に着く。
そしてモーニング娘。の前振りトークが始まる。
右サイドがさゆとみっつぃ~で、オレの正面キタコレ!w
この時点でもうかなり元を取った気分だが、シルク・ドゥ・
ソレイユの芸パフォーマンスが神過ぎて凄い。(汗)
自分は過去に「アレグリア2」の公演も見てるけど、何度
見てもこいつらホント凄いな。
つなぎのクラウンは自分にはちょっと退屈なものの、トラン
ポリンとかジャグリングなど圧巻で、久しぶりに口をポカ~ン
とさせて呆然としてしまった。

最後はモーニング娘。がステージに再登場、感想トークが
終わるやミニライブに突入。
「女に 幸あれ」、「みかん」、「ラヴ&ピィ~ス!HEROが
やってきたっ。」と激しい3曲にめちゃくちゃ盛り上がる。
終わってふと気付く。
オレ、スーツにネクタイ締めた姿のままだった。www
せめてネクタイとボタンくらいは外しておきたかったな。(; ´_ゝ`)
(仕事から直接現地に向かったからこんな格好)



「アレグリア2」の時のごっちん(後藤真希)、W(ダブルユー)
のイベントも楽しかったけど、いや~今回も楽しめた♪
チケット譲ってくれたかっしーさんを始め、連番していただいた
皆さん、お疲れ様でした。
(必死すぎる皆さんに元気をもらいましたw)

Dralion 「DRALION」 CIRQUE DU SOLEIL

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2008年2月26日 (火)

「HEY!HEY!HEY!」080225 Perfume

今日の「HEY!HEY!HEY!」(フジテレビ)には、NEWS、
ポルノグラフィティ、FUNKY MONKEY BABYS(ファンキー
モンキーベイビーズ)、Perfume(パフューム)らが登場。

いや~、Perfumeのあ~ちゃん(西脇綾香)には腹抱えて
笑わせてもらったわ。(爆)
代官山の高級食料品店であ~ちゃんが買い物中、挙動不審な
松本人志に会ったときのエピソードで、司会のダウンタウンとの
やりとりがおもろ過ぎる。w
トークが横道に逸れそうになるあ~ちゃんを、かしゆか(樫野
有香)とのっち(大本彩乃)が軌道修正するところもGood job♪

続いて、今日はPerfumeの先輩がスタジオに2組いる話に。
同じ事務所の先輩のポルノグラフィティが同郷の広島出身と
いうことで、お年玉をもらうなど親切にしてもらってるとのこと。
後輩のぶっとんだトーク展開に、「(なんか)スイマセン(汗)」と
ダウンタウンらへ謝る先輩が面白かった。^^

もう1組は、NEWSの手越くんが高校の先輩。
文化祭で彼女らを見て、「スゴイな・・来るなって思いました」と
太鼓判を押してくれたのだが、松っちゃんがそのあと落とす。w

そして極めつけは、新曲「Baby cruising Love」の話。
どんな感じの曲ですかの質問に、

  あ~ちゃん  「今回はあんまり印象がない感じの・・・」
  あ~ちゃん  「薄い感じの・・・」
  浜田      「そんなん言うたらアカンやんっ!」
  スタジオ    (爆)
  あ~ちゃん  「違う違う!ツーっと右から左みたいな曲なんです」
  松本      「(そんな曲)絶対アカンやん!w」
  スタジオ    (爆)
  あ~ちゃん  「心地よくなるんです」

そこで松っちゃんが「何か大物芸能人と(代官山で)会うたんやて?」
と話を振り出しに戻してさらに爆笑。
自分もこのCDはもちろん買ってるけど、まぁ、なんとなくあ~ちゃんの
言いたいことは伝わってくる。w

また、今日のCBCラジオ「Perfumeのパンパカパーティー」でも今回の
ことに触れ、皆さんいい人達ばかりだったと楽しい収録だったようだ。



4月下旬からPerfumeの1stツアーが始まる。
自分もFC先行抽選で、3公演申し込んだ。
頼むから当たってくれ!(汗)

Baby_cruising_love 「Baby cruising Love」/Perfume  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

「かるた小町」(ドラマ)

もう少しグズグズの内容を予想していたのだが、思ったより
しっかりした展開と仕上がり、魅力十分の娯楽作品になって
いてビックリだ。(汗)


   高校2年生の小倉こまち(夏帆)は茶道部ただ1人の
   部員で、いつも茶室にこもってのんびり過ごしていた。
   しかしひょんなことから、「かるた小町杯」に出場する
   ハメに。   ペアを組むのはバドミントン部のエース
   潮崎アリサ(南沢奈央)。
   このオグシオコンビがライバル校と対決する。

                           (→公式

主演の夏帆がほのぼのキャラを、南沢奈央がしっかり者
キャラを、とてもイイ感じに演じている。
夏帆は使いどころの難しい女優ではあるが、今回は主人公と
非常に合っていたと思うし、また南沢奈央のキリッとした目と
その存在感が非常に素晴らしかった。
周囲の共演者も役割と個性がしっかりしていて、見易い設定だ。

ストーリーは、特に目新しい個性があるわけでもないが、二人が
自分の弱さに向き合い、克服、成長していく展開を爽やかに
描いており、とても読後感がよい。
1時間という長さもちょうどよく、作品としてのまとまりがあった。

ちなみに今作は、「パンテーンドラマスペシャル」の6作目になる。
過去、水川あさみ、綾瀬はるか、西原亜希、新垣結衣、成海
璃子らが出演している若手女優の登竜門とも言えるドラマ
シリーズで、今回の夏帆、南沢奈央とも、将来が非常に楽しみだ。



本編終了後の、商品とのタイアップ映像にはコーヒー吹いたw

Karutakomachi 「かるた小町」 (c)フジテレビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「未来講師めぐる」(ドラマ)野波麻帆

宮藤官九郎によるぶっとんだ脚本と世界観が痛快なドラマ
「未来講師めぐる」(テレ朝)を毎週楽しく観ている。

そして今日の第7話もまたぶっ飛んでいた。
エロビデオ先生こと江口(星野源)と、塾の生徒のお母さん
(野波麻帆)が元AV女優だったという話をからめているのだが、
野波麻帆の体当たり演技に、男性視聴者大満足。w
同局の人気ドラマ「特命係長・只野仁」とかなら、いわゆる
その筋の女優さんを使ったりするところかもしれないけど、
いや~、非常に色気のある女優さんだね。
彼女のブログの2月8日と10日の記事に、出演について
触れられているので是非ご覧を。
(ナースの制服にランドセルな話がスゴイw)

深田恭子、黒川智花ら可愛いどころがメインで出演している
作品だというのに、今回はAV三昧な内容だったなぁ。(爆)



そういえば自分の職場に、得意先からいただいた東宝芸能の
カレンダーが飾ってあって、沢口靖子や長澤まさみ、大塚
ちひろなど所属女優の着物姿が毎月見られるようになっている。
(同事務所の)野波麻帆も載っていたか来週確認してみようかな。^^

Megurunonami 「未来講師めぐる」 (c)テレビ朝日

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

「堂本剛の正直しんどい」ボツネタグランプリ 多部未華子

といっても、もう3ヶ月も前のネタだが。(汗)

ブログのネタに使おうと思ってずっとHDDレコーダーに
残していたのだが、最近録画容量のやりくりが厳しいので
整理しなければと。^^;
また、この前のR-1ぐらんぷりで、今回話題に出てきた
COWCOWの山田よしが決勝進出していたし。



さて、「堂本剛の正直しんどい」(テレ朝)の”訳ありボツネタ
グランプリ!”にて、おもしろ未公開映像が取り上げられた。
うん、見る限り、確かに本編では使いづらいなという微妙な
ネタばかりだ。(爆)

そして多部ちゃん(多部未華子)の「値段別グルメ」の回が
4位に入っていたのだが、コレは普通に面白い。^^
「最近注目している多部ちゃんの気になる芸人さんは誰?」
という質問に、COWCOWと答える多部ちゃん。
最近ネタの方向性が変わってきましたよねとか、正統派女優
にしてお笑い通の多部ちゃん節が炸裂。(爆)
VTR映像を見て剛くんが、「関東でCOWCOWの話何分も
してしまうのはチョットネ」とダメ出しコメントで爆笑。

続く飴細工のシーンでも、イルカを作ろうとしてウーパー
ルーパーになってしまった多部ちゃんが面白い。^^



次の出演機会が待ち遠しいな。

Sindoibotutabe_2 「堂本剛の正直しんどい」 (c)テレ朝
※ぼかし処理入れてます

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月20日 (水)

「踊る!さんま御殿!!」岡本玲

岡本玲については、以前もこのブログで触れた。
 (→1月19日記事

ポストガッキー(新垣結衣)最右翼とも目される、雑誌「nicola
(ニコラ)」の超人気モデルで、現在ヒット中のコンピレーション
アルバム「アイのうた」のTVCMなどにも出演中。
3月26日には「teenage days」でCDデビューの予定で、
もちろん自分は予約済み、大阪のミニライブ整理券も確保♪



さて、今日は岡本玲が「踊る!さんま御殿!!」(日テレ系)に
出演するという情報から、録画セットして臨んだ。
岸部四郎、山本文郎、小島よしお、山田まりや、高木美保、
柳原可奈子、坂下千里子など、並み居る芸能界の先輩の中、
さすがに目立つことは厳しいか・・・・・
半ばあきらめかけていたら、後半やっとキタ!(・∀・)

テーマ2:「自分はなんて負けず嫌いなんだろうと思った時」

中学の時先輩に告白してフラれて、(思わず)「や、これゲーム
です~(汗)」と発言して立ち去った(そして影で泣いたw)
玲ちゃんのエピソードに、スタジオが盛り上がり、52歳明石家
さんまも「青春やなぁ~」と胸きゅん。
番組最後、見事「踊る!ヒット賞!!」をゲット!w



今後も岡本玲には注目だ。

Odorurei 「踊る!さんま御殿!!」 (c)日テレ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月18日 (月)

「渚のデカメロン」

やっふやふふぅ~♪

yahoo!!yahoo!!yahoo!!~




やべぇー、神曲キタコレ!
○コ動のみんなで「やっふやふふぅ~♪」が盛り上がる!w



ヲ友達のりーん氏のブログで紹介されていた、「ロザリオと
バンパイア キャラクターソングシリーズ」CDの3枚は、
どれもなかなか素晴らしい。
(カップリングの懐かしソングがGOOD)

しかし自分が一番気に入ったのは、天下の水樹奈々でもなく、
オレの青春・クリィミーマミでもなく、2作目の黒乃胡夢(福圓
美里)「渚のデカメロン」。

いや~80年代アイドルとアニメを主戦場にしてきた己の
血が騒ぐぜ。
この曲は間違いなく現場で盛り上がる。
掛け声とか最高に楽しそう!w

ちなみにカップリング曲は、松本伊代の「時に愛は」をカバー
しており、こちらもさすがの名曲。


あぁ、コンサないかなぁ。
SUN!SUN!SUN!って盛り上がりたい。


    ※ニコ○(コメントおもろいですw)
      ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm2345604 (追記:削除の模様)
     垢ない方はようつべで
      
ttp://jp.youtube.com/watch?v=FwSHfMtd-dA&feature=related

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

R-1ぐらんぷり2008

今日フジテレビ系で「R-1ぐらんぷり2008」決勝の模様が
放送され、なだぎ武が史上初の連覇という結果になった。
                      (→オリコン記事

本来、このブログはアイドルネタ中心のため、若干外れた
題材ではあるが、まぁ多部ちゃん(多部未華子)注目の
COWCOWも出ているし、また唯一女性の決勝進出者
鳥居みゆきは結構美人なので一応書いておこう。^^;


(決勝結果)
   1位: なだぎ武
   2位: 芋洗坂係長
   3位: 世界のナベアツ
   4位: 中山功太
   5位: あべこうじ
   6位: 鳥居みゆき
   7位: 土肥ポン太
   8位: COWCOW山田よし


概ね自分の感想と似た感じではあるが、個人的には中山功太の
逆語ネタは安定して一番楽しめた気がする。
そして今回評価された上位2名は、明らかに会場のノリと勢いが
違っていた。


さて、連覇のなだぎ武は周知だが、芋洗坂係長は前日の「めざまし
どようび」(フジテレビ)にてダークホースとして特集が組まれていた。
現在舞台役者小浦一優(こうらかずまさ(本名))として活躍中の
彼は、19年前に田口浩正と結成したお笑いコンビ・テンションで
人気だった。
田口の方は、人気ドラマ「パパのムスメの7日間」でガッキー
(新垣結衣)の担任役や、「未来講師めぐる」で深田恭子の恋人の
20年後役など、あちこちで引っ張りだこでこちらも活躍中。
昔はあんなにスリムだった小浦一優・・・・・・
人間って変わるもんなんだなぁ。(笑)



「めざましどようび」では、今回優勝できなかったらもう今後R-1
に出るつもりはないと言っていた芋洗坂係長、今後どうしていく
のかちょっと気になるところだ。

R161 R162
「めざましどようび」 (c)フジテレビ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月16日 (土)

ANA「旅割」予報篇(TVCM) 皆藤愛子

2月15日の「めざましテレビ」(フジテレビ)にて、愛ちゃん
こと、お天気キャスターの皆藤愛子CMデビューについて
取り上げられた。
撮影現場の模様や実際のCMの仕上がりを見て、
大塚さんらレギュラー陣が大いに盛り上がった。

16日から放送開始とのことで、早速「めざましどようび」
(フジテレビ)で捕獲、いや~、愛ちゃん可愛いな。^^
       (→ANA CMページ)(→サンスポ記事

昨年の福家書店の握手会に参加したときも、非常に
可愛らしく、とても感じのよいコだった。
写真集「あいこ日和」(小学館)がこれまた素晴らしい
出来で、オススメ。



っていうか、「めざましテレビ」の公式ページはスゲー
楽しいぞ!w         (→公式(音出るので注意))

Anakaitou 「めざましテレビ」 (c)フジテレビ
ANA「旅割」予報篇 (c)全日空

| | コメント (0) | トラックバック (2)

第31回日本アカデミー賞授賞式

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」が強えぇ!(爆)



最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演女優賞、最優秀
助演男優賞、最優秀脚本賞とインパクトのある賞を5冠も
もってくあたり、とにかく凄い。    (→シネマトゥデイ記事
映画の方はまだ観てないが、自分も母親はすでに亡くして
しまってるけど、本当に親ってのはありがたいものだと感じさせる
原作作品だと思う。           

今日、日テレで放送された授賞式の模様は、出席者の面子が
さすがに圧巻。(汗)
2時間弱の間に、これだけの一流の役者をまとめて見られるのは
めったにできないことだ。
また、各作品の撮影現場の貴重映像などもいろいろ見ることが
できて楽しい。


さて、このブログ的には新人賞の方が重要。w
(→オリコン記事
新垣結衣、三浦春馬、夏帆、ウエンツ瑛士、北乃きいなど、
やはり非常に勢いのあるメンバーが揃っていると言え、
今後の活躍が楽しみだ。



実は自分が一番気になっていたのが、夏帆の登場場面。
裏のテレ朝で夏帆主演ドラマ「4姉妹探偵団」が放送してる
時間帯にぶつかったりしないよなとハラハラしていたが、
21:50頃登場と、数分かぶったな。(爆)

Tenkoke 「天然コケッコー」(映画)
(c)2007「天然コケッコー」製作委員会/くらもちふさこ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

「うたばん」嵐・美山加恋 他

嵐の新曲「Step and Go」に続いて、トーク。

   中居  「(オレも嵐のファンからいろいろ言われるからさ)
         大野、今年はケンカするのやめようぜ」

   大野  「それはオマエ次第だよ」

チャララ~♪


お約束の乱闘で掴みはオッケーだ。(爆)




さて、今回は自分の好きな嵐(FCにも入会してるぜ)と美山加恋
が出演するとの情報で、録画体制万全で臨んだが、完全保存版
といってもいいほどの面白い内容だった。
嵐と人気子役女優が揃って、なんとも微笑ましい笑いが展開
されたのが非常によかった。

山内菜々(10歳)
   ドラマ「HOTMAN」で娘七海役を好演、ドラマにCMに
   引っ張りだこの名子役。
   公式サイト見ても、この年齢にしてなかなかのキャリアだ。
   少し緊張していたのか、面白コメントは少なかったが、非常に
   可愛らしい。

美山加恋(11歳)
   ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」(凛ちゃん役)、「砂時計」、
   「スワンの馬鹿!」など、これまた人気女優。
   中居くんや嵐のみんなが、うわ~(以前見たときより)大きく
   なったなぁと素の反応をしているのが微笑ましい。(笑)
   自分も昨年12月に握手会イベント2回行ったけど、推せる!
   ブログも面白くて毎日のように見てしまう。w

藤本七海(12歳)
   現在公開中の映画「子猫の涙」で広末涼子、武田真治を
   相手に熱演、今後も「奈緒子」他多数の映画に出演予定で
   ブレイクの期待がかかる。
   なんか髪型とか夏帆に似た雰囲気で仕上げているなと
   思ったら、同じスターダスト(事務所)か。

稲垣鈴夏(りんか)(6歳)
   やべー、ちっちゃくて可愛い。(爆)
   ドラマ「山田太郎ものがたり」で二宮くんの一番下の妹役。
   好きな食べ物は何ですか?の質問に、「納豆ご飯とナンコツと
   レバ刺しです」と答えてスタジオ爆笑。
   小島よしおのモノマネも大ウケで、嵐のみんながお兄さんの
   ような目で温かく見つめている表情がまた素晴らしい。

村中暖奈(はるな)(10歳)
   こちらも「山田太郎ものがたり」でニノの妹役。
   現在放送中のドラマ「エジソンの母」に出演しており、
   ドラマ中では非常に可愛くて映えるな。

小島あやめ(11歳)
   レモンガスのラップCMでブレイクとのことだが、名古屋な
   自分は一度もそんなの見たことない・・・・・。
   石橋貴明の昔の芸のモノマネをしたところ、なぜそんな
   古いネタ知ってるのかと聞かれ、YouTube発言ワロス。(爆)


続いて嵐への恋愛質問コーナー。
誰が一番モテそうかの話で、美山加恋が「相葉さん」と答え、
テンション上がる相葉くんがイイ。w
メンバーみんなが「松潤がモテる理由が今分かった気がする」と、
その告白アイデアには自分もさすがと思わせられる。


最後はお芝居企画「花より嵐」で、配役は次の通り。
1回目 恋する男:松本  恋する女:美山加恋  巨大な岩:中居
2回目 恋する男:大野  恋する女:藤本七海  巨大な岩:中居
岩が暴走して爆笑。(爆)
また、女優二人はさすがの演技。
美山加恋は、大後寿々花や志田未来といったところを超える
可能性を十分に秘めている雰囲気だ。



Every Little Thingのいっくんのところも面白かったし、
名作と言っていい今回の「うたばん」だった。^^

Utabankoyaku1 Utabankoyaku2
「うたばん」 (c)TBS 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

藤本美貴ソロ再始動情報

なんかキタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!


                     (→サンスポ記事

ミキティこと藤本美貴がソロ歌手として再始動するとのこと。

っていうか、スポーツ紙の記事タイトルに「アダルト」って
言葉が入ってたから、「ぐはっ、とうとう脱ぐのかっ!(汗)
_| ̄|(ρ:)」と勘違いして焦ったじゃないか。www



さて、このブログを昔から知ってる人はご存じかと思うが、
ここはミキティファンブログだ。w (いや、マジで)
開設時から最近までずっと、トップ画像はミキティだったし、
サイドのメニューには、昔からお世話になってるミキティファン
サイト「Miracle Kiss」(2002.03.13からの老舗)にリンクを
張ってある。

ここしばらく、世のミキティファンはひっそりと冬眠状態と
言ってもしかたなかったが、とうとう雪解け、そして春が
くるのか!?


ウィキペディアの「藤本美貴」を見てみると、もうほとんどの
イベントとかライブに行ってるな自分。(爆)
毎回のCD発売握手会やファンクラブによる伝説の「ファンの
集い」イベント、ソロツアー初日の福岡から千秋楽の札幌まで
全国遠征していたし、モーニング娘。やカン娘関連ももちろん
押さえた。
映画「17才旅立ちのふたり」の時は記念チョコをもらうため
朝からイオンシネマに並んだしw、PV発表会(池袋)の
イベントへも行った。
雑誌やらテレビ番組やらラジオ番組も相当保管している。
(なんとなくだが、ソロ時代の雑誌についてはおそらく
 日本一保有してる気がするw)



曲うんぬんについては、まずは聴いてみないと何とも言えない。
握手会あるかしら。w

Mikisapporo ソロツアー「MIKI 1」札幌千秋楽チケット
モーニング娘。入りがすでに決まっていたため、全国のミキティ
ファンが集まった、涙々の熱いライブだった。 (2003年4月29日)

(またいつか、歴史を振り返りながら自分のコレクションを紹介しますw)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

ほしのあき写真集「SNEAKER LOVER」握手会

ちょw

なにこの報道陣の数。(汗)
福家書店のイベントには何度も参加している自分だが、今回
テレビカメラの台数とか尋常じゃなく、マスコミがこんなに入ってる
握手会とか見たことないぞ。
何か特別なことでもあったのかしら、それにしても、ほしのあきの
注目度の高さってのは凄いんだなぁ。

しかも、ぐるナイの撮影もやってたりと、各局の撮影スタッフから、
「顔映ると困る人は言ってくださ~い」とヲタの列撮られまくり。(爆)

っていうかこういうときに限って、イッパソなのに順番が
ひと桁番台なオレ涙目。w

どうか朝の番組とかに映ってませんように・・・・。 _| ̄|○(切実)

           (→DUNK(視聴期間あり))(→ニッカン記事


さて握手だが、しまった!
顔ばっかり見て、胸元まったく見なかった。 ( ´_ゝ`)
サイン入り写真集の他、(バレンタインの)チョコレートを直接
手渡しでもらえ、マスコミやスタッフも明るく和やかな感じで
雰囲気のよいイベントだった。


写真集の方は、自分にはエロ過ぎてちょっと・・・。(汗)

Sneakerhosino 「SNEAKER LOVER」 (c)米原康正/ゴマブックス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

市川由衣写真集「いちかわさん」発売記念イベント

敗戦・・・・・。



握手会イベントは無数にこなしてきた自分だが、比較的高速な
流れに、ありきたりな内容の会話となってしまい撃沈。 _| ̄|○



今日2月10日(日)に行われた市川由衣写真集「いちかわさん」
(ワニブックス刊)発売記念イベントに参加してきた。
          (→サンスポ記事)(→オリコン記事
指示に従い、列に続いて階段で8階まで上ったと思ったら、
今度は違う階段で3階まで降り、また9階のイベント会場まで上る。
ソフマップやアニメイトのイベント会場も高層でしんどいが、
紀伊国屋書店新宿もハードだ。(爆)

結構待たされた割には、握手はあっという間で、ほとんど記憶が
残ってないわw
今回、当初予定の500人+追加200人で計700人、人数的に
流れはこんなものなのかな・・・・・。
福家書店や書泉ブックマートだと、もう少しタレントさんがこっちの
話を聞いてくれる(話を膨らましてくれる)印象なんだけどな。
笑顔がかわいかったのが収穫だけど、気づいたらもうサイン入り
写真集と参加者特典受け取って外の廊下にいた。(汗)
(まぁハロプロの光速よりはマシで、5秒以上は大丈夫だったが)



明日のほしのあき握手会(福家書店)ではがんばりたいところだが、
胸元見て終わってしまいそうな気がする。( ´_ゝ`)

Ichikawasan 「いちかわさん」 (c)ワニブックス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

「ミュージックステーション」玉木宏

現在放送中のテレビドラマ「鹿男あをによし」(フジテレビ系)や
映画「KIDS」、そしてTVCMに多数出演と、いまや超人気俳優の
玉木宏はミュージシャンでもある。
2月6日発売の新曲「踊ろうよ」で、Mステにソロとして初登場。

番組では、ユーキャンのCMに出演している玉木宏と、そのCM
曲を歌う大橋卓弥(スキマスイッチ)、今回二人揃っていたのが
ちょっと面白い。^^
同じ愛知県出身ということもあってか、交流があるのかな(?)、
最後、大橋卓弥が「玉木くんがいてよかった(汗)」と緊張の
ソロ出演を振り返っていた。

それにしても、玉木宏の声は本当にカッコイイな。
来月予定の握手会イベントは自分も整理券確保済みで、
がぜん会うのが楽しみになってきた♪

場所は都内某所ということでまだ未発表だが、それ以上に
気になるのが、女性ファンが押し寄せる中、自分含めて男性
ファンが一体何人来るかということだ・・・・・。(汗)

Msttamaki 「ミュージックステーション」 (c)テレビ朝日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

明治チョコレートTVCM「告白篇」井上真央

バレンタインデー関連の売り場が賑わうシーズン。
仕事中に得意先のスーパーでふと目にしたのだが、明治
製菓の井上真央の販促TOPボードが素晴らしい!w

チョコレートというと、長澤まさみら人気タレントを大勢使った
ロッテの広告がインパクトあるが、ひとりでこの強烈な輝きを
放つ井上真央はさすがとしか言いようがない。
もちろんTVCMも手作りチョコ「告白篇」など流れているが、
なんかこのボードの井上真央は最高に可愛いなぁ。
             (→CM公式ページ(音出るので注意))

是非バレンタインデーが終わる前に、売り場でチェックを。w





それにしても、最近の自分は忙しく、4日連続商談とか地獄の
進行。(汗)
サンプルの準備や資料の作成に追われ、また、ちょっと風邪
気味でブログの更新とかも非常に厳しい・・・。

そんな忙しさから、自分としたことがうっかり市川由衣握手会の
申し込みを忘れてて、危なく今日滑り込んだわ。(汗)
(自分が予約した時点で残りわずかで、その後整理券配布終了)
今年は「クロサギ」など出演映画の上映が多数予定されており、
現在放送中のドラマ「4姉妹探偵団」(テレ朝系)でも活躍中の
彼女は今後も要注目だ。


仕事は忙しいけど、連休は10日に市川由衣、11日にほしのあき
握手会と東京遠征がんばる!w

Meijimao 手作りチョコ 「告白篇」 (c)明治製菓

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

「メレンゲの気持ち」三浦春馬ウィルコム篇

2月2日(土)の「メレンゲの気持ち」(日テレ系)のゲストは、
上野樹里、三浦春馬、ルー大柴。

いや~、今回3人とも個性が強くて濃かった。(爆)
それと、ルー大柴とあやや(松浦亜弥)が、午後の紅茶の
CM再現をしてくれたのはちょっと嬉しかった。^^
全部を書こうとすると内容が濃すぎるので、三浦春馬の
楽屋(荷物)チェックのコーナーをピックアップ。


さて、自分はウィルコム(WILLCOM)ユーザーだ。
なぜ突然そんなことを言うかというと、今回、三浦春馬がセカンド
端末としてウィルコムを使っていて話が盛り上がったから。(笑)
久本雅美、高畑淳子、松浦亜弥との4人で繰り広げられるその
シーンは、もうそのままCMで使えそう。w

  久本  三浦春馬のカバンをチェックしながら、
       「あれ?また携帯あるじゃん」
       「なんで2つ持ってるの?」

  三浦  「ウィルコムっていって、友達と・・」

  高畑  「知ってる、私も持ってる! タダなのよね、通話が」

  久本  「えっ!?」

  高畑  「通話タダ! ウィルコム同士は」

  三浦  「そうなんです」

  高畑  「私はお姉ちゃんに言われて全部ウィルコムに」

  久本  「ソフトバンクじゃなくて?」

  高畑  「うん」

  久本  「ウェルコムっていうのがある(のね)・・・」

  高畑  「ウィルコム」

  松浦  「ウィルコムです!」

  高畑  「2時間半(連続で通話可能で)通話が0円なの」

  松浦  「時間帯も関係ないんですよね」

  高畑  「時間帯も関係ない、(24時間)いつでも!」
       「恋人同士は2時間半かけて一度切るでしょ、もう一回
       かけるって言って延々にしゃべるのよ」

  久本  「そんなのあるの~!」

  三浦  「はい」



丁度30秒くらいのやりとり、タレント4人も使って思わぬ広告
効果が凄い。www
ウィルコムのTVCMは地味すぎる。
このままこれCMに使え!

Merwillcom1 Merwillcom2
Merwillcom3 「メレンゲの気持ち」 (c)日テレ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年2月 4日 (月)

「IQサプリ」多部未華子

多部未華子、綾瀬はるか、平山あや、Perfume、中野
美奈子、玉木宏、塚本高史・・・・・・


やべぇっ、神すぎるだろ、今回の登場メンバーwww




いやいや、2月2日の「脳内エステ IQサプリ」(フジ
テレビ系)は、もうホントに目の保養になったわ。



それにしても多部ちゃんの才女っぷりが見事。
知識、頭の回転・柔らかさ、ともに申し分なしだ。

しかし、間違い探しのところのリアクションにだけは
ダメ出しをしたい。(汗)
正解者は、キティちゃんが用意してくれたアップルパイを
食べられるのだが、そこで多部ちゃんは「おいしいです!
悪くないです!」と中途半端なコメントを。
ここは、西川史子やPerfumeがしたような「味がイマいち」
コメントでキティちゃんを凹ましてスタジオの笑いを取るか、
「すっごくおいしい♪てへっ(はぁと)」みたいなコメントで
キティちゃんをめちゃくちゃ喜ばすか、どちらかはっきり
しないと。(汗)

まぁそうは言っても、多部ちゃんはバラエティでも絵になる
面白いコなのでこちらも忘れそうになるが、女優が本職
だからあまり無理を言うのもいかんか。w




多部ちゃんは、スイカといいステーキといい、ダイナミックに
食べる姿が実にいいですな。 (*´д`*)ハァハァ

Iqtabe 「脳内エステ IQサプリ」
(c)フジテレビ/共同テレビ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「めざましテレビ広人苑」生田斗真

ドラマ「ハチミツとクローバー」(フジテレビ系)に現在出演中、
昨年から人気急上昇中の生田斗真が取り上げられた。



第1章 短パン王子の苦悩

   「ハチクロ」竹本役はいつも短パン。
    どうしようか悩んで、クランクインの前の日にすね毛を
    剃った。^^;
   周囲からの印象。
      成海璃子  「まわりのことがちゃんと見えている人」
      成宮寛貴  「オンエアを見ていて人の良さが出ている」
      向井理   「セリフも読み込んできてるから安心して
              一緒にやれる」
      木村祐一  「竹本役ってツッコミだから難しいと思うが
               微妙な加減がよく備わっている」
   電話で涙を流すシーンではなかなかうまくいかず、何度も
    撮り直しする撮影現場の模様が流された。
   演技をやっていて難しいと思うときは?
      生田  「(今度の作品では生田斗真が)どんな演技を
            見せてくれるのか、とハードル上げが凄い苦手
            です」

第2章 異端のJr.

   仲のよい山p(山下智久)から急に電話がかかってきて、
    「バンド組もうぜ」って言われたらしいが、断ったっぽい・・・。
   生田斗真はジャニーズJr.の一員で、山下智久とは同期。
    小学5年生でジャニーズ事務所に入り、翌年舞台「Stand
     by Me」に出演。
    当時のインタビュー映像の、子供らしい発言がイイ。w
    (事務所のオーディションよりも、その日はサッカーの試合に
     行きたくて泣いたけどダメだったとかw)
   周囲のメンバーが活躍し、思い悩む中、転機となった舞台は
    2002年の劇団☆新感線「スサノオ 神の剣の物語」。
      生田  「がむしゃらにやっていたら、凄いお芝居って
           楽しいなと思えたし、周りの(ずっと年上の)人達が
           毎日楽しそうで、こういう役者さんになりたいと
           思ったし、お芝居をもっとたくさんやりたいと思った」

第3章 アキバ系イケメン!?

   今一番はまっていることは?
      生田  「唯一テンション上がるのは・・フィギュア系とか」
    というわけで、フィギュア専門店「ボークス秋葉原ショールーム」へ。
    高まる生田斗真がイイ。w
   夢は?
      生田  「40歳、50歳になって、仲間達と、いい仕事を
            して、うまいメシを食べたいなぁって思います」



最後、中野美奈子がパネルで、「芝居一筋の歌って踊らないアイドル」
と評して締めた。
ジャニーズのメンバーは数多くいるが、こういう人間がいてもいい。
ひょっとしたら、20年後、30年後も一線で活躍しているのは
生田斗真、この男かもしれない。

Koujinentoma 「めざましテレビ」 (c)フジテレビ
※ぼかし処理入れてます

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年2月 3日 (日)

「特命係長・只野仁スペシャル’08」(ドラマ)

ちょw

夜9時から放送のドラマで、こんなシーン連発しちゃって
いいのかよっ!www




   昼はダメ社員、夜は男の武器を駆使してあらゆるトラブルを
   解決する特命係長・只野仁がスペシャル版で帰ってきた。
   会社の会長から特命を受け、不自然な自殺を遂げたエリート
   銀行員の死の真相を探る。

                           (→公式

本来このドラマは深夜放送。
だからこそ大人なシーンが盛り込まれていて面白いわけだが、
夜9時からのスペシャル版でも今回攻めてきたなぁ。
PTAからの苦情は大丈夫なのか!?(汗)というくらいイケイケ
どんどんで、また同局のドラマ「相棒」のパクリとかも爆笑。(爆)
その意気やよし、テレ朝ドラマの存在感をこの調子で見せつけて
ほしい。

話はいつもの通り勧善懲悪もので分かり易く、またサラリーマン
という設定は大人が入り込みやすい世界観を作っている。
パワーアップしたエビちゃん(蛯原友里)の突き飛ばし、あいみん
(早美あい)とりりたん(りりあん)のメイド喫茶、サウナでの只野
(高橋克典)と森脇(永井大)の打ち合わせシーンなど、パターン
化の楽しさが完成されていて、観る方もニヤニヤしてしまう。
そして秘書役でレギュラーの櫻井淳子は、産後だけど大丈夫
なのかと心配していたが、足をケガして入院中という登場の仕方で
うまく回避。
「次回復活よ」というセリフに一安心だ。^^



現代社会の大人の娯楽作品として非常に人気の高いこのドラマ、
今年決定している映画も楽しみだが、まだまだ続けて欲しい。

Tokumeisp08 「特命係長・只野仁スペシャル’08」
(c)柳沢きみお/講談社/テレビ朝日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

アイドリング!!! 2ndCD発売イベント@名古屋

2月2日(土)14:00より、アイドリング!!!のセカンドCD
「Snow celebration/モテ期のうた」リリースイベントが
アスナル金山(名古屋)で開催されるということで行ってきた。


東京ならともかく、名古屋なのに会場は人が多く集まっていて
結構な人気なんだな。(汗)
それにしてもこの時期の屋外会場イベントは恐ろしい寒さ。
そのせいか、ヲタ装備の格好をしている人間はほとんどおらず、
みんな地味な格好で大人しそうな感じで、自分の経験から
言うと、ゆうこりん(小倉優子)のファン層に近い雰囲気だ。w

そんな感じの人達が、ライブ中に振りコピしたり、タイミング
合わせてジャンプしたり掛け声したりする姿が、なんか
ほのぼのとしててイイ。(爆)
っていうかそう見えるのはハロヲタが殺気立ちすぎてるのか。

ライブは5曲やってくれて満足。
ちょっと素人っぽさの残る、そしておもいっきりアイドルした
感じがなんか逆に新鮮。w
トークは、台詞や進行が決まっているようなぎこちなさで
イマイチだが、お客さんいじりやレスについてはとてもいい感じで
非常に好感がもてた。
そして最後は握手会で終了。



ここにきて、2月、3月とイベントががんがん入ってきて、
自分のスケジュール調整が非常に厳しい。(汗)
優先順位、取捨選択の判断に迫られ、時間がぶつかる場合は
涙を飲んで回避というのがツライ。
(もちろん来月の玉木宏握手会は必ず行くぜ。w
 男1人だけだったらどうしよう・・・・。 _| ̄|○ )

Idoling 「Snow celebration」/モテ期のうた」 アイドリング!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

「鹿男あをによし」(ドラマ)放送開始

ちょw

エンディングの鹿軍団と音楽がカッコ良すぎるっ!www



   万城目学の同名小説が原作。
   奈良の女子高の教師として赴任した主人公(玉木宏)が、
   生徒や鹿に振り回されながら、次第に鹿化していく
   不思議なファンタジー。

                           (→公式

第1話は導入部の話といった感じだったので、なんとも
評価しづらく、また仕事が忙しかったせいもあって、感想を
書くまでに結局第3話まで観てしまった。

第3話ラスト、多部ちゃん(多部未華子)の剣道部登場での
盛り上がりが圧巻で、もうコレは今季ドラマ◎評価当確!
ただし、老若男女幅広く視聴率を獲れる話ではなさそうなので、
ツボにはまる視聴者層(小説・物語好きなど)をがっちり掴む
方向性と言えるか。

物語開始の地震のシーン。
「結構大きかったな」と言いながら会議に入る総理大臣。
一国のトップが災害被害の確認もしないでのんびり会議に入る
時点で、ああ、これはファンタジー作品なのだなと。
関西弁うんぬんとか関係なく、物語を純粋に楽しめばいいのだなと。
しかし映像や世界観(雰囲気)は決して安っぽくなっておらず、
むしろ素晴らしくて引き込まれる。

それにしても、鏡に映る玉木宏の鹿っぷりに爆笑。(爆)
腹抱えて笑ってしまった。
また綾瀬はるかは原作と少し違うキャラ設定とのことだが、
とても可愛らしくて輝きがあり、ドラマをより楽しいものにしている。
多部ちゃんもさすがの雰囲気で、役に本当にピッタリだと思う。

個人的には剣道部5人が粒ぞろいすぎてツボ。
超美形で人気の藤井美菜、ホリプロ審査員特別賞の東亜優、
PINKY専属モデルの江頭由衣、ガッキー(新垣結衣)と共演する
ポッキーのCMが話題な高瀬友規奈、それに言わずとしれたブルー
リボン賞新人賞の多部未華子と、見てて飽きない。

っていうかオレに顧問やらせてくれ! (*´д`*)



とうとう5人揃った剣道部、試合がめちゃくちゃ楽しみだ。w

Sikaotoko1 「鹿男あをによし」
(c)万城目学/幻冬舎/共同テレビ/フジテレビ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »