« 「CanCam」TVCM 山田優・蛯原友里・徳澤直子・西山茉希 | トップページ | 「未来講師めぐる」第8話 足立梨花 »

2008年2月29日 (金)

「奈緒子」(映画)

10年くらい前まではジョギングが好きで、平日10km、
休日25km走っていた。 (毎日はもちろん無理)
最近は全然だが、映画を観てまた走ってみたくなるな。



   同名の人気コミックを映画化。
   喘息の奈緒子(藤本七海)は、長崎で療養中、
   誤って海に落ちてしまい助けられるが、助けた男は
   命を落とした。
   数年後奈緒子(上野樹里)は、陸上界のホープと
   期待される、男の息子・雄介(三浦春馬)と再会する。
   あの時の事故以来、二人の時は止まったまま・・・。
   そんな複雑な事情を知った陸上部の監督(笑福亭
   鶴瓶)が奈緒子をマネージャーに招き入れる。
   高校駅伝長崎代表を目指す、部員達との忘れられ
   ない夏が始まった。
                            (→公式

かなり素直に作られた青春ストーリーと映像だなという
のが感想。
まず不満点から先に言うと、それぞれの登場人物の
生き様や思い、セリフなど、描き方が弱すぎて重みがない。
素材的には十分可能性をもっているのだから、もっと
それらを詰め込み、感動的に魅せることができたはずだ。
映画という限られた容量を考慮しても、内容が浅い。
駅伝のレース展開もちょっと無理があって、コミカルにさえ
思えてくるのはいただけない。
それと、言葉遣いを始め、もう少し長崎色を出して欲しかった
気もする。

逆に、ライトはライトなりにスッキリと非常に観やすかった。
変に奇をてらった展開や映像ではなく、実直に描いている
のは悪くなく、好感が持てる。
走りの映像も、なかなか躍動感と臨場感があったと思う。

何より、キャストの面々が素晴らしかった。
特に上野樹里、三浦春馬の存在感はさすがで、セリフは
控えめながらも、雰囲気による表現がよくできている。
個人的には、もちろん上野樹里も可愛かったが、奈緒子の
子供時代を演じた藤本七海と、もう1人のマネージャー役を
演じた佐津川愛美が、ともに美少女っぷりを発揮していて
目の保養になった。w
佐津川愛美はガッキー(新垣結衣)と高校で同じクラス
だったようなので、多部ちゃん(多部未華子)とも友達の
可能性はあるな。(・∀・)



RYTHEMの「首すじライン」(映画挿入歌)やポルノ
グラフィティの「あなたがここにいたら」(映画主題歌)は、
映画中で聴くとなかなかイイ。

Naoko 「奈緒子」 (c)2008「奈緒子」制作委員会

|

« 「CanCam」TVCM 山田優・蛯原友里・徳澤直子・西山茉希 | トップページ | 「未来講師めぐる」第8話 足立梨花 »

その他女性タレント」カテゴリの記事

その他男性タレント」カテゴリの記事

三浦春馬」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98614/40313729

この記事へのトラックバック一覧です: 「奈緒子」(映画):

« 「CanCam」TVCM 山田優・蛯原友里・徳澤直子・西山茉希 | トップページ | 「未来講師めぐる」第8話 足立梨花 »