« 「赤んぼ少女」(映画)水沢奈子トークショー | トップページ | 中川翔子「続く世界」イベント@名古屋 »

2008年9月21日 (日)

「本気でオンリーユー」(舞台)

あやや(松浦亜弥)が主演を務める、竹内まりやソング
ミュージカル「本気でオンリーユー」を観に、渋谷PARCO
劇場まで、9月13日(土)13:00の回に行ってきた。
(若干ネタバレあり)


  デビュー30周年を迎えたポップシンガー竹内まりやの
  名曲の数々 × 直木賞作家唯川恵の人気小説・・・・・
  世代を超え、女性たちの厚い支持を集める2人の贅沢な
  コラボレーションに、魅力的なキャスト陣を迎えて贈る
  オリジナルミュージカルが今秋、ついに登場!
                       (→公式サイト

最初から最後まで、竹内まりやの名曲の数々がこれでもかと
散りばめられており、歌と詩の世界観を最大限に楽しむ
ために、演劇ストーリーが付いているといった印象だ。
もちろん話は話としてきちんとまとまっているが、曲(歌)の
方の比重が高い感じで、そのため気負うことなくライトに
楽しめる。
「竹内まりやの曲を贅沢な趣向で聴く」という、大人の極上な
空間が用意されている。

主人公の松浦亜弥他、マルシア、映美くらら、尾藤桃子、
ANZAらが、女性の恋、仕事、夢、結婚について、揺れ動き
ながらも自分の道を見つけていく。
あややは主人公のOLをとても魅力的に演じており、また
他の出演者も地力があって安心して観ることができる。
林剛史、岡田浩暉ら男性陣もしっかりしていて、特に岡田
浩暉演じる役が最高に男っぽくカッコよかった。
(山へ行ったら普通脚本的に死亡フラグなんだけどなぁw)
実力ある出演者が重苦しくなくバランスよく作り上げる
作品の雰囲気は、エンターテイメントとして十分合格点だ。

しかし、肝心の歌にもうひと押し魅力が感じられなかったのが、
ちょっともったいなかった。  (自分だけかな?(汗))
いや、竹内まりやの楽曲のことではない、出演者が歌う
歌声の話だ。
あややについては、これまでも何度もその歌声を絶賛して
きた自分だが、今回何言ってるか聴き取れないところが
多々あったし、声の伸びやかさもイマイチ。
松浦亜弥の歌ってのはこんなもんじゃないとゆいたい・・・。
_| ̄|○
また、他のメンバーも声量とかしっかりしてて上手いと思う
けど、もう少し心地よさが欲しい。
皆演技やダンスしながらなので、その点の難しさは考慮に
入れたとしても、不発感が残る。

正直、竹内まりやのCD音源その場で流してくれた方が、
聴き惚れることやその世界に浸ることができたんじゃないか
とさえ思えてしまった。
竹内まりやってのは偉大なシンガーなんだなと痛感。
そしてあややは、自分のオリジナル楽曲でこそ、あの
最高レベルのパフォーマンスを発揮するタイプなのかなと。


後半あれこれ書いてしまったが、気軽に贅沢なひとときを
楽しめると思うので、是非ご覧あれ。

Honkideonlyyou 「本気でオンリーユー」 (c)フジテレビ

|

« 「赤んぼ少女」(映画)水沢奈子トークショー | トップページ | 中川翔子「続く世界」イベント@名古屋 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

松浦亜弥」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98614/42547204

この記事へのトラックバック一覧です: 「本気でオンリーユー」(舞台):

« 「赤んぼ少女」(映画)水沢奈子トークショー | トップページ | 中川翔子「続く世界」イベント@名古屋 »