カテゴリー「平田薫」の3件の記事

2008年9月30日 (火)

「スミレ16歳!!」DVD発売イベント

いや、最近忙しい。(汗)
先週とか会社泊まり2回、午前様2回でもうくたくただ。
週末はなんとか現場へ足を運んでるけど、ブログを更新
するまでの気力・体力はない。

以前もこんな感じで忙しくて、7月下旬から1ヶ月間ブログを
放置してしまった。
ただあの時は、自分が推している平田薫の秋葉原イベント
に行けなかったショックの方が大きかった。
あの時は、久々にマジ落ち込んで何もする気がなくなった。w


さて、その借りを返すべく、そして再び自分の薫不足を
充電し直すために、8月24日(日)石丸電気の「スミレ16歳
!!」DVDBOX発売記念イベントへ参加してきた。
この「スミレ16歳!!」は、BSフジで放送されていたドラマ
なのだが、意外に侮れない良作だ。 (→公式ページ

水沢奈子、平田薫、時東ぁみの3人がドラマ中と同じように
セーラー服姿でステージに登場、まとめてこの3人が見られる
なんて素晴らしい♪
エピソードなどトークもいろいろ話してくれたが、もう1ヶ月
以上前のことなのであまり思い出せない。(汗)
とりあえず、マイコミジャーナルの記事でも見て雰囲気を
掴んでいただければと。

薫は、自分は黒髪の時の方が好きだな・・・・。
(→報知過去記事参照)
今は役作りのため仕方ないけど、終わったら戻してほしい・・・。

そして握手会。
複数人数との握手は、やはりいつもちょっとテンパるわ。(汗)
あぁ・・・・・3人の中で予想外に水沢奈子ぽんと一番盛り
上がってしまった・・・・。
映画「赤んぼ少女」トークイベントでも思ったけど、これは
かなりの美少女で、意外にトークもついてきてくれてイイ。w

その後4ショットポラ撮影。
緊張した。(汗)
ポラは今回DVDBOX1巻と2巻を買った人だけの特典で、
金額的には張るが、まったく躊躇せず予約した。
同じDVDを何本も買うという、他のイベントの不毛なシステム
にはイッパソの自分はついていけないが、今回は納得できる。

いや~、薫不足を充電しつつ、ナココやぁみにぃも堪能し、
おかげで翌日(8/25)にはブログを再開する気力が出た。w

っていうか、イベントの告知開始からずっと、「出演者が追加
される可能性があります」とこれ見よがしに大きく告知されて
いたのに、結局誰も出てこずとかヒドイな。(爆)
オヤジ(音尾琢真)か波瑠、掟ポルシェあたりが出てくると
期待していた人も多いかと思う。

3人が希望していた「スミレ17歳!!」、実現するといいなぁ。

Sumire1 「スミレ16歳!!」
(c)永吉たける/講談社・「スミレ16歳!!」製作委員会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月28日 (月)

平田薫写真集「卒業」サイン握手会

4月27日(日)は、遠征でもうバタバタだった。
当初の予定は、朝早く起きてBSフジのドラマ「スミレ16歳!!
についてブログで書いてから家を出発し、名古屋→新宿
(平田薫握手会)→大阪(Perfume初日)→名古屋(最終の
新幹線)という計画だった。

早く起きられず、「スミレ16歳!!」についてはまた後日。( ´_ゝ`)



さて、評判のよかった映画「アヒルと鴨のコインロッカー」での、
尋常でない美少女っぷりが印象的だった平田薫。
そして先ほど述べた「スミレ~」でも水沢奈子とともに出演中、
しかもエンディングはPerfumeが登場してセラミックガールを
歌うという素晴らしさだ。
彼女のブログでの日々の写真は、いつ見ても飽きないくらいの
可愛いさで超オススメ。

そんな平田薫大プッシュの自分は、福家書店新宿サブナード
店で4月27日(日)13:00より行われた、写真集発売サイン会
に行ってきた。    (→デイリースポーツ)(→スポーツ報知

並んでいる間、係の人からアンケート用紙が配られたのだが、
握手直前で緊張してテンパってる時にこんなもの渡されても、
書けるわけないだろ。(汗)
番号が比較的早かったから、すぐ自分の番が来た。

まず挨拶をかわすと、スラスラっと写真集にサインを書いてくれる。
ぐはっ、あまりに可愛すぎて、リアルに眩しさを感じる。
マジで長澤まさみあたりにもまったく引けをとらない輝きで、正直、
これほどの逸材もっともっと活躍の場を与えてやれよと事務所に
ゆいたい。

握手と会話の際も、ずっと笑顔でめちゃくちゃ好印象。
話の内容は、映画&Perfume(スミレ)&アミューズ(事務所)
ネタにしたが、もうちょっと本人を褒めてあげればよかったと後悔・
反省している・・・・・。
写真集を受け取り、速攻大阪(ZeppOsaka Perfume公演)へ
向かった。



大学の(ずっと下の)後輩でもあるので、今後も応援していきたい。w

Kaorusotugyou 「卒業」 (c)ワニブックス/西田幸樹

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月25日 (土)

「アヒルと鴨のコインロッカー」(映画)

人気深夜ドラマ「ライフ」(フジテレビ系)での羽鳥さん役が
おいしすぎる関めぐみ。
彼女が出演しているということで、映画「アヒルと鴨のコイン
ロッカー
」を見に行ってきた。

長身でスラリとしたスタイルの良さ、ストレートの長い黒髪、
動物を愛しまっすぐな意志を持つ女のコを演じるその姿はまさに、

往年の飯田圭織を見ているようだ。

                                    (表現マチガッテマスカ?w)


     大学入学のために引っ越してきた仙台のアパートのドアの
     前で、椎名(濱田岳)が荷物を整理していると、隣の家の
     不思議な男、河崎(瑛太)に声をかけられる。
     「一緒に本屋を襲わないか」
     彼の標的はたった1冊の広辞苑。

     河崎とその元カノ琴美(関めぐみ)、ブータン人のドルジ、
     ペットショップ店長の麗子・・・・・
     四散した断片が一気につなぎ合わされていく、その切なく
     悲しい、そしてどこか晴れやかな真相と結末。




映画が始まってから1時間強・・・・・・・
なんだコレは!?(汗)
全然話がかみ合わなくてよく分からない。
なんていうか芥川龍之介の「藪の中」みたいにそれぞれが言っている
ことがちょっと違っている感じ。

久々に地雷映画踏んじまったか!?(汗)

あまりにつまらなくて、金と時間をどぶに捨てた錯覚に陥り、
目の前が真っ暗になった。



しかし後半のあるところから展開が一変、今まで断片的で
かみ合っていなかった話が一気に全体像を現す。

うわっ、ガツンとやられた。
頭をというよりも、強く胸を打たれた。
見終えたあと、切なく悲しくでもどこか晴れやかな、なんとも表現
しがたい余韻が胸にいつまでも響いた。
そしてボブ・ディランの歌声、「風に吹かれて Blowin' in the Wind」
も・・・。


キャストがとても良かった。
瑛太と松田龍平の雰囲気、存在感が凄い。(汗)
関めぐみや濱田岳も、人物像がいい塩梅に伝わってきていい。
こいつらこの若さでここまでやるとか、10年後20年後、どんな凄い
役者になるんだよ。(汗)
また、本屋の店員役の平田薫が尋常でない可愛さ。
わずか1~2分の出演だったが、これだけでチケット代のうちの
100円は元が取れる。




もしテレビなどで放送されることがあったら、前半だけで見切りを
つけてしまわず、最後まで見ることをお奨めする。
大作ではなくとも、こんなにインパクトのある映画があるんだね。

Ahirutokamo
(c)「アヒルと鴨のコインロッカー」製作委員会/伊坂幸太郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)